header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2013年11月1日金曜日

2013年11月1日金曜日10:48
こんにちは。kaiiです。

台風27号が通り過ぎて、急に気仙沼も秋らしくなりました。本格的な味覚の秋の訪れです。
漁場が遠く、水揚げの本格化が遅れていた「サンマ」も、10月も終わりに近づき水揚げが本格化してきました。
気仙沼魚市場は戻りカツオとサンマの水揚げで活気づいています。
焼きたてのサンマと南三陸米を炊いたピカピカのご飯は、この時期のごちそうです。
そんな気仙沼の「秋のごちそう」を市価より安い価格で求められるイベントを中心に、気仙沼の11月のイベント情報をお伝えしましょう。

================================
直売所 からくわ夕市

日 時 平成25年11月2日 正午から午後3時まで
場 所 からくわ夕市 (宮城県気仙沼市唐桑町明戸)

唐桑半島にある唯一の直売所で、地元の朝採り野菜,果物,花き,加工品など販売されます。
名物の「かぼちゃまんじゅう」はカボチャの実が練りこまれた黄色の生地でぎっしりの「つぶあん」が包まれています。

=================================
第29回 気仙沼市産業まつり
同時開催 気仙沼市本吉産業まつり2013

日 時 平成25年11月3日(日) 午前9時15分から午後3時まで
場 所 気仙沼市本吉総合体育館 (宮城県気仙沼市本吉町津谷新明戸136)
    入場無料





第29回気仙沼市産業まつり
  主催 気仙沼市産業まつり実行委員会
気仙沼本吉産業まつり
  主催 気仙沼市本吉産業まつり実行委員会
http://www.city.kesennuma.lg.jp/www/contents/1379031924422/index.html

気仙沼市の地場産品が一堂に会し、展示即売される人気のイベントです。
大抽選会の特賞は「特大フカヒレの姿煮」や「南三陸米60kg」などが準備されています。
500円購入ごとに補助券が進呈され、2枚で1回抽選できます。

新鮮な野菜やこの時期に気仙沼魚市場に水揚げされる新鮮な魚介類などが、奉仕価格にて購入できます。

「第28回気仙沼市産業祭り」と「気仙沼本吉産業まつり2012」の様子

(平成24年11月4日撮影)



===================================
気仙沼女の芸術祭

日 時 平成25年11月16日(土) 午前10時~午後3時30分
場 所 気仙沼市役所ワン・テン庁舎2階 地域交流センター 大ホール
     (宮城県気仙沼市八日町1丁目1-10)
     入場無料

気仙沼の女性たちが作ったさまざまな作品を展示販売します。



主催 気仙沼市各種女性団体連絡協議会
(問い合わせ先)事務局 気仙沼市震災復興・企画部 地域づくり推進課
           0226-22-6600(内線334)

===================================
気仙沼演劇塾 うを座 produce
「壤晴彦 朗読会 &ワークショップ

日 時 平成25年11月17日(日)
     壤晴彦 朗読会:13:00~14:30
     ワークショップ :14:45~16:30
場 所 気仙沼市松岩公民館 研修室 (宮城県気仙沼市松崎浦田143番地1)
参加費 朗読会 無料 (要予約)
      ワークショップ (1000円)
主催 気仙沼演劇塾 うを座
(問い合わせ先)070-5622-3431
www.h4.dion.ne.jp/~uoza/

映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」のキャプテン・バルボッサ役、「ライオンキング」のスカー役を演じた声優が気仙沼にやってきます。
声優の朗読で「声の力」を感じませんか。

===================================
第28回 リアス牡蠣まつりからくわ
~感謝祭&復興の海原へヨーソロー~

日時 平成25年11月17日(日)
    午前9時30分~午後2時まで
場所 気仙沼市立唐桑小学校 校庭  (宮城県気仙沼市唐桑町明戸208−6)
(主催)リアス牡蠣まつり実行委員会
(問い合わせ先)気仙沼市唐桑町観光協会
          (0226)-32-3029

毎年、剥きたての唐桑産カキを求める人たちが開始前から長蛇の列を作る
「リアス牡蠣まつりからくわ」
(平成24年11月18日撮影)

唐桑地域の生産者が牡蠣など自慢の食材を振舞う唐桑地区最大のイベントです。
市価より安く販売される「今が旬」のカキの販売所の前には、毎年長蛇の列ができます。
メカジキの解体ショーや郷土芸能などの発表も大人気!
風光明媚な唐桑の魅力を感じませんか。

唐桑町観光協会 http://www.karakuwa.com/
====================================
(取材日 平成25年10月31日)