header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2013年9月1日日曜日

2013年9月1日日曜日10:56
ココロデスクです。

今日は9月1日、「防災の日」です。

1923年9月1日に起こった「関東大震災」を記念して制定されたこの日、全国各地で防災にちなんだ催しが行われています。

1日早く昨日の土曜日、山元町では津波の際に自動車で避難することを想定した訓練が実施されました。

午後からは、県内第一号の災害公営住宅に住む方々の懇談会を訪ねました。
団地の一角にある集会室には、居住者の皆さんと、他県からの応援職員も含めた町職員の皆さんが膝詰めで向き合い、地域のこれからについて熱心に話し合っていました。



新しく町が作られ、そこに新しいコミュニティが少しずつ育っています。



<もくじ>
■今週のダイジェスト (8月6日~8月30日)
■編集後記



=========================
  ■今週のダイジェスト (8月6日~8月30日)
=========================
2013年8月7日水曜日
震災から3年目の仙台七夕まつり(仙台市)
8月6日から8日まで開催されている仙台七夕まつり。今年のテーマは『つなぐ』です。「被災地の復興への思いと、全国の支援者の気持ちをつなげていく」という意味が込められています。国内外から寄せられた支援の短冊が飾られている定禅寺通りのグリーンベルトには、訪れた方が自分のメッセージを短冊に書くコーナーも設けられてありました。
http://kokoropress.blogspot.jp/2013/08/3.html

2013年8月8日木曜日
三度目のお盆--県南の慰霊碑をご案内します (山元町、亘理町、名取市、仙台市)
お盆に帰省された方、夏休みの旅行で宮城へ来られた方も多いのではないでしょうか? 夏雲の影の下、3.11の姿は、まだまだ濃く深く残されていました。「被災地を訪ねたい」「花を捧げたい」そうしたお気持ちをお持ちの方のためにご案内できそうな仙台周辺の慰霊碑や献花台などをまとめてみました。
http://kokoropress.blogspot.jp/2013/08/blog-post_8.html

2013年8月9日金曜日
8月4日の地震が起きたとき(石巻市)
8月4日日曜日午後12時28分。宮城県沖を震源とするマグニチュード6の地震が発生しました。石巻市は震度5強でした。その時、ココロプレスのメンバーのChocoは、よく顔を出す仮設住宅で地元のお母さんとお話をしていました。そこでChocoが見たものは……隣人への気遣い、地元の人同士が今も励まし合い続けている姿でした。
http://kokoropress.blogspot.jp/2013/08/84.html

2013年8月11日日曜日
「やりましょう盆踊り」プロジェクト(東松島市、名取市、亘理町、石巻市、仙台市)
「やりましょう盆踊り」は震災の犠牲者の鎮魂と供養、そして盆踊りで「輪」を作ることによって復興へ向けてコミュニティをさらに結びつけることを目的とした、盆踊りによる被災地支援プロジェクトです。河北新報社が主催し、第2回となる今年も県内5カ所で開催されてました。この企画を立案した、実行委員会の与野珠美さんにお話をお聞きしました。
http://kokoropress.blogspot.jp/2013/08/blog-post_313.html

2013年8月12日月曜日
酷暑に負けず!第62回気仙沼みなとまつり開催(気仙沼市)
8月10日と11日の両日、第62回気仙沼みなとまつりが開催されました。メインの「はまらいんや」踊りには51団体、約2600人が参加し、約670mの区間を子どもからお年寄りまでそろいの華やかな衣装や法被に身に身を包み、約3時間にわたって熱く踊りました。
http://kokoropress.blogspot.jp/2013/08/62.html

2013年8月14日水曜日
お菓子が繋いだ「絆」 (南三陸町 歌津)
「長く愛されるロールケーキを、心を込めて作っていきます。目標は『雇用を守っていきたい』。まずはそれだけです」と、南三陸町歌津にある「パティスリー クリコ」の三浦宮倫子(くりこ)さん。震災直後に1000本もの「くりちゃんロール」を提供して、「甘味が恋しい」という被災者の心と体を癒してくれました。いつしか商品名は「絆ロール」へと変わり、今もたくさんの人たちに親しまれています。

2013年8月15日木曜日
せんだい×荒浜ウィークエンド(仙台市青葉区)
仙台人にとって海といえば「荒浜」。その美しかった荒浜の記憶が々の心から薄れないようにと開かれたイベントが「せんだい×荒浜ウィークエンド」です。「キャンドル製作ワークショップ」に参加した皆さんが一生懸命作ったたくさんのキャンドルが、18日に開かれた「荒浜キャンドルナイト」で温かい光となってともりました。
http://kokoropress.blogspot.jp/2013/08/blog-post_15.html

2013年8月16日金曜日
アートがきぼうのかね商店街を1日ハイジャック(女川町)
女川町にある「きぼうのかね商店街」が1日限定で美術館に変身! 以前もご紹介した女川のデザイン・職人集団「アートギルド」を中心として企画されたアートイベントがの開催です!! 商店街中がアートに囲まれる日、普段とは違う「きぼうのかね商店街」です。
http://kokoropress.blogspot.jp/2013/08/1_16.html

2013年8月17日土曜日
武将たちが女川でよみがえる(女川町)
織田信長の発令の元、「おもてなし武将隊JAPAN」が、8月4日、女川町へ出陣しました。迫力満点の武将の皆さんが、この日のためによみがえりました。全国の人々を女川へ集めたのは女川中学校の「青空プロジェクト」の皆さん。同じ歌「空」を離れた地で歌い続けている者同士が集まり、共に歌うことができました。「離れても遠くの青い空を ずっと忘れやしない/ 愛しい人よ 人生を 共に歩いていこう」
http://kokoropress.blogspot.jp/2013/08/blog-post_17.html

2013年8月19日月曜日
Love all 「復興へ!テニスを通じて新しいスタートを」(気仙沼市) ※終了しました
8月24日、気仙沼市で、テニス教室が開かれました。「市民の皆さんがテニスを通じて元気になってほしい」という思いで、気仙沼テニス協会と平成24年3月11日にアメリカのシカゴ市で発足した「Project Love All」が協力して開催。プロのテニスレッスンが受けられる貴重な機会でした。
http://kokoropress.blogspot.jp/2013/08/love-all.html

2013年8月20日火曜日
「やりましょう盆踊り」in 「亘理町公共ゾーン仮設住宅」(亘理町)
先日ご紹介した「やりましょう盆踊り」。8月16日金曜日には470世帯が住む「亘理町公共ゾーン仮設住宅」を会場に開催されました。「今後ここを移り住む人もいるし、残る人もいる。でもどんな場所でも、ここでやってきた事を思い出し、基礎にしてもらって、新しい場所でのコミュニティ作りに役立ててもらえたら良いよね」と、住民組織「ふれあいの会」運営委員長の木村一行さんは語っていました。
http://kokoropress.blogspot.jp/2013/08/in.html

2013年8月23日金曜日
夏のイベントのお知らせ(東松島市、石巻市)
石巻の空も秋空へと変わりつつあります。「東松島夏祭り」、「月浜海水浴場」今夏の最終営業、石巻の「トリコローレ音楽祭」。夏の終わりを告げるイベントをご案内しました。
http://kokoropress.blogspot.jp/2013/08/blog-post_3776.html

2013年8月30日金曜日
女川アートシーズン開催中(女川町)
「女川アートシーズン」は、年に一度、町民皆がアートを楽しみながら「まちづくり」を考えるイベント。皆の記憶がアーティストによって作品として視覚化されることにより、女川の「過去」を掘り起こし、「現在」の記憶をとどめ、「未来」を考える場です。女川では市街地の大部分でかさ上げ工事が行われていて、2年後には光景も一変することでしょう。「今」しかみられない女川の風景をアート作品とともに眼に焼き付けていただきたいと、ご案内しました。


==================================
■編集後記

お気づきの方もいらっしゃると思いますが、ココロプレスでは毎月、トップ画面の写真を入れ替えています。
今月は、復旧整備が進む塩釜漁港の様子です。
「次はどこをご紹介しようか」と選ぶ作業は楽しみなことですが、毎月1つしか選べないという悩みもあります。

また、サイトの構成や仕組みも少しずつ改良しています。

より適切な管理・運営のため、今後、コメント機能を停止させていただくこととなりました。
これまで、応援のコメント等を掲載していただいた方々には、心から御礼申し上げますとともに、ご了承いただきますようよろしくお願いいたします。

今後はどうぞ、「ご意見・ご感想」のコーナーをご利用ください。


(ココロデスク)