header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2013年8月7日水曜日

2013年8月7日水曜日18:02
初めまして。
仙台と仙台近郊の担当になりましたエムです。
まったくの初心者ですが、少しでも皆さんの復興活動のお手伝いをさせていただけるよう、できる事からやらせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

さて初日の今日は、8月6日から8日まで開催されている仙台七夕まつりに行って来ました。

今年の仙台七夕まつりのテーマは『つなぐ』。
「被災地の復興への思いと、全国の支援者の気持ちをつなげていく」という意味が込められています。


「一番町通り」「中央通り」は色とりどりの七夕飾りで埋め尽くされ、和紙の吹き流しを1つくぐる度に、次の飾りに目を奪われます。


午前中から大にぎわい


藤崎前の大飾り。たくさんの小学校の皆が、願いを込めて作った緑の折り鶴。

「まるで森みたい」と誰かが言っていたので中に入ってみたら、本当に大きな木のようでした。

通りの所々に設けられた、短冊に願いを書くコーナー。
どうか皆さんの願いがかないますように。たくさんの幸せな出来事が起こりますように。






定禅寺通りのグリーンベルト東に設けられた「絆・願いの道」。国内外から届いた支援短冊が飾られている他、ここでも短冊に願い事を書くことができます。



風が短冊を1枚1枚揺らして読んでいました。




グリーンベルト西には「希望・未来への道」。
被災地を応援する宮城・岩手・福島ゆかりの著名人の方々のメッセージ行灯がやんわりとともり、ここだけは夜の空気に包まれたかのような、静かな時間が流れていました。
メッセージを読んでいると、心がじんわりと温かくなりました。

暗くなると、LEDイルミネーションがまるで天の川に見えるそうです。

映画監督の岩井俊二さんのメッセージ行灯

商店街を歩いていると聞こえる『花は咲く』の音楽。こうしていつものように仙台七夕が開催されるのも、全国のたくさんの方々の支援と、実行委員会の皆さんのお力なのだな〜と、感慨深く『花は咲く』に聞き入りました。

この他、勾当台公園市民広場では、ステージイベントや七夕モザイクアートをみんなで完成させるコーナー、七夕七つ飾りを作ってみることができ」るコーナーなど、楽しいイベントが盛りだくさん。
イベントのプログラムを手に入れて、お気に入りのコーナーへ行ってみてはいかがでしょうか。

お天気は明日も晴れです。

(取材日 平成25年8月7日)