header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2013年7月20日土曜日

2013年7月20日土曜日14:07
こんにちは、Chocoです。
前回のブログでも紹介しましたが、
東松島市の宮戸島にある月浜でも3年振りに海開きが開催されます。


東松島では、室浜、月浜、大浜、野蒜の4カ所に海水浴場がありました。
震災の影響で全ての浜が壊滅状態でした。
その中の1カ所、月浜海水浴場が再び観光客を招きます。


以前、ブログで紹介した月光プロジェクトの山内良裕さんからお話を聞いていましたが、
月浜は漁だけでなく、民宿などを経営している人が多く、夏は海水浴場としてにぎわいのある浜だったそうです。

月光プロジェクトの記事→http://kokoropress.blogspot.jp/2013/03/blog-post_6771.html


「観光地としても盛り上げたい」
山内さんを含め地元の人たちの想いは強く、海水浴場の営業再開を決定しました。

今年の5月には、実行委員会を立ち上げ、話し合いが始まりました。
その間、地元の人やボランティア団体とで、砂浜のゴミ拾いを何度も行い、
海水浴場は、震災前の姿を取り戻しました。



私が初めて皆さんのところへお邪魔したのは、今月始めでした。
資料を片手に話し合いが始まりました。
海開きも間近になり、会議もいよいよ終盤です。

集会場で会議が行われていました。
その後、消防団を招き、救命救急の講習会を開きました。
そこには、月浜の若者たちも参加していました。



今週の16日(火)には、駐車場の線引きなどの作業が行われました。

そして今日、祈願祭が行われました。




※詳しくは後日報告します。

いよいよ明日。
月浜の海開きです。


「たった6回の営業だから、晴れてほしい」
そう願う地元の人たち。
「再開」を目指し、行動に移したからこそ、「明日」があります。

地元を盛り上げるために、観光客が再びにぎわう月浜にするために、
月浜海水浴場が復活します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
一般開放
期間 :平成25年7月21日、28日、8月4日、11日、18日、25日/計6回 日曜日限定
時間 :午前9時〜午後3時
駐車場:300台
詳しい情報→月浜海水浴場(宮城県観光連盟「宮城まるごと探訪」のサイトです)
http://www.miyagi-kankou.or.jp/wom/o-4043
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

平日、土曜日は、復旧作業が続いています。
今日も作業する人たちが一生懸命頑張っていました。


その作業に支障が起きないために、日曜日限定の営業なのです。
7月と8月の日曜日は、家族、友達、恋人と一緒に月浜海水浴場で夏を楽しみましょう!!


Chocoは、一足お先に、海に入りました(笑)
私も6回のうちに1度は必ず行きます。
皆さん、月浜でお会いしましょう!!

(取材日 平成25年7月13日)