header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2013年6月13日木曜日

2013年6月13日木曜日10:07
こんにちは、Chocoです。
5月9日に、豪華客船「ふじ丸」が石巻に寄港していたこと皆さんご存じでしたか。
その日私は、用を足しに車を走らせていましたが、ふと石巻港の方を眺めると、大きな船が目に入りました。
「ふじ丸」です。
全長167m,総トン数23,235t


平成20年の6月に寄港して以来、5年ぶりです。
全長167m、総トン数23,235tのふじ丸は、乗客 約260名を乗せて、石巻へやってきました。
平成元年に就航し、24年間もの間、広い海を渡ってきた豪華客船です。
そのふじ丸も今月で引退です。
今回が、石巻港への最後の寄港となりました。

「ふじ丸で航く初夏の日本一周クルーズ」
「神戸→東京→石巻→函館→輪島(石川県)→浜田(島根県)→門司(福岡県)→高知→東京」
7カ所を回る日本一周旅行は、5月7日〜16日の10日間の旅です。




寄港を歓迎して「ウェルカムフェスタ2013 in 石巻港」が石巻港中島埠頭で開催されました。

石巻や女川、東松島、松島と地元の皆さんが、ふじ丸をお出迎えしました。


埠頭には観光PRブースを設け、特産品を販売していました。
また石巻専修大学の学生による震災当時の写真を見ながら、震災のことを語るブースもありました。





地元の人たちは、久しぶりのふじ丸の寄港を喜んでいました。

たくさんの来場者の中から、お一方にメッセージをいただきました。
「石巻に来てくれてありがとうございます。
皆様のお倖せをお祈りします。」
佐々木玲子さん
ご家族と来られた佐々木さんは、ブースに並んである石巻の魚介を乗客の皆さんへおすすめしていました。
「これは、食べて行って!!」
せっかくこの地へ来たのだから、自慢の海の幸を楽しんでもらいたい・・・そんな想いで、乗客の方へ声を掛けたそうです。
そして、乗船するときに、
「美味しかったわ、ありがとう」
「また来てください」
と、お互いに笑顔を交わしていました。
佐々木さんが仲良くなった乗客の方と

出港が近づくと、力強い太鼓が埠頭に響き渡りました。
女川潮騒太鼓轟会の皆さんが、最後の最後まで威勢の良い声と、力強い太鼓で、ふじ丸をお見送りしました。

たくさんのカラフルな紙テープが船の上から陸に届き、
地元の人々は何本も両手に持ち、
そして、お互いが手を降り合いました。

石巻市の亀山市長も両手で手を振りました。

船が小さくなるまで、太鼓の音は鳴り響いていました。


佐々木さんと出会った乗客の人たち、
他の県から来た人と出会った佐々木さん。
「また、お出迎えをしたいです」
と、次回も他県から来る人たちを笑顔いっぱいで迎えてくれるそうです。

人は一生の間にどれくらいの人と出会うのでしょうか・・・。
数時間、数分の出会いだけれど、心に響く出会いがあります。
ここにも素敵な出会いがありました。
たった数分の会話でしたが、とても温かな気持ちになりました。


そして、そんな機会がまたやってきます。
「ウェルカムフェスタ2013 in 石巻港」が9月と10月にも開催されます。
滅多に見られない豪華客船!!
秋の寄港、私も行きます!!
皆さんも一緒に手を振ってお出迎えしましょう!!

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ウェルカムフェスタ2013 in石巻港 今後の予定
 9月10日 客船「ぱしふぃっくびいなす」
 10月9日 外国客船「オーシャンドリーム」


(取材日 平成25年5月9日)