header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2013年6月3日月曜日

2013年6月3日月曜日23:00
こんにちは、Chocoです。
昨夜、台湾でマグニチュード6.3の地震が発生しました。
土砂崩れもあり、多くの人々が被害に遭いました。
台湾の皆さんの無事を祈ります。


実は、ニュースを読んだとき「新台湾壁画隊」の皆さんのことが思い浮かびました。

彼らは被災地に足を運び、人々と交流しながら、絵で人々を癒そうと壁画を制作してくれたのです。


石巻市立町の通り沿いにある壁画、皆さん知っていますか?!
昨年の夏に台湾壁画隊が制作したものです。
そこには、メッセージが書かれていました。
「春の約束」
この絵を見るたびに何だろうと思っていました。
その謎が解けたのが、先月の初めです。



新台湾壁画隊の皆さんは、約1週間かけて制作に取り組みました。
この新台湾壁画隊とは、台湾出身のアート集団です。
台湾でも1999年9月21日にマグニチュード7.6の大地震が起こりました。
被害も大きく、死者、行方不明者を合わせると2400名以上、建物は84,000戸以上が被害に遭いました。

大震災後、様々な支援活動を台湾で行ってきた、神戸の被災地市民交流会が、
昨年に引き続き今回も、台湾の被災地と東北の被災地を繋ぐ架け橋となってくれたのです。


今回は、「良き出会い」をテーマにアーティストは作品を制作しました。
台湾、神戸を中心に集まったアーティストは約50名、早い人だと27日から現地入りをして、環境づくり、作品制作を開始していました。




完成披露会には、たくさんの人々が集まっていました。

お披露目の瞬間、ワッと歓声があがりました。

東北の5月はまだまだ肌寒いです。
その寒さを吹き飛ばすくらいの素晴らしい作品が並びました。
作品を通して、伝わる温かさ、そして台湾の皆さんの愛。
とても素晴らしい作品ばかりでした。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

では、何点か作品の紹介をしたいと思います。

こちらの絵、
これを描いたアーティストは、子どもの絵をよく描くそうです。
今回描いたのは、石ノ森章太郎のアニメ作品、
サイボーグ009の登場人物001のイワン・ウイスキーと仮面ライダーです。
このサイボーグ001は、未来を透視できる能力を持っています。
そしてそこには、ヒーローがどっしりと構えています。
この作品には、「明るい未来がある」というメッセージがあります。
近くで見ると、とても透き通って見えるのです。
とても素敵なメッセージが込められた作品でした。


子どもの神様、三太子。
「なぜ今回、災害を防げなかったのか」と、海の龍に対して、怒っている様子を表現しています。そして、今回は、石ノ森萬画館にある仮面ライダーの仮面をかぶっているそうです。
強い作品の中にもユーモアがある作品でした。

「PALAFAN 」
Kota Takeuchi



交流、友情をテーマに制作。
太宰治の「走れメロス」を英文と原文で書かれています。
「友情と交流」ということから、熱い友情が書かれているこの作品を選んだそうです。
台湾と日本、国境を越えた強い絆をこの作品は表現しいました。
中心の1本線に「PALAFAN」と書かれていて、浮き出てくるように仕掛けたそうです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この3作品以外にも、アーティストそれぞれの想いが作品になっています。
たくさんの作品が収まった大きな小屋(白屋)、実は制作に使われた道具は全て台湾から持ってきた物でした。壁画に使われたパネルも、筆、絵の具も全て、新台湾壁画隊が持ってくれました。

寒さの残る東北、そして風の強い石巻で白屋を組み立て、絵画の制作をしました。
その光景を見ていた石巻市の「アトリエ・コパン」主宰の新妻健悦さんが挨拶の際、
人間って素晴らしい
と、このイベントで得た感動を話しました。
「交流の土台は、お互いに素晴らしい人間を共有するというところにある。
人間に対する尊厳、誇り、素晴らしさを認めるところから始まる」
と、交流の本当の意味を会場に集まった人々に語りかけました。
台湾壁画隊の皆さんと、神戸のアーティストさん、そして関係者との記念撮影

支え合い、励まし合うおかげで、人々はつまずいても、頑張れるものです。
新台湾壁画隊の熱い想い、優しさが被災地を包んでくれました。

とても優しさに包まれたイベントでした。

後編では、メッセージを紹介します。


2013年6月6日木曜日
アートの力「新台湾壁画隊が再来」 後編(石巻市中瀬)
http://kokoropress.blogspot.jp/2013/06/blog-post_8653.html

(取材日 平成25年5月5日)