header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2013年5月15日水曜日

2013年5月15日水曜日18:00
えみです。

フェスティバルのご案内です。

今年もやって来ました。

塩竈浦戸のりフェスティバル!

塩竈市浦戸諸島には桂島(かつらしま)、野々島(ののしま)、寒風沢島(さぶさわじま)、朴島(ほうじま)の4つの島があります。

その中の島の1つである桂島で5月26日塩竈浦戸のりフェスティバルが開催されます。
このフェスティバルは昨年に続き2回目となり、東日本大震災によって被害が大きかった浦戸諸島桂島の人々の復興の思いを込めて開催されます。
(昨年の「のりフェスティバル」の取材の様子はこちら





東日本大震災では浦戸諸島の各島々は被害が大きかったにも関わらず、1人も犠牲者を出さなかったそうです。島に住んでいる方々の連帯感の強さを感じますね。

震災から2年が過ぎましたが、現在の島の人々の様子もお伝えできればと思います。

当日は地元でとれた海苔を使った新メニューがたくさん登場するそうです。
子どもから大人まで楽しめる歌、ダンス等のステージショーもあります。
そして京都舞鶴市民が作ったTANeFUNeが浦戸にやってくるそうです。どんな船なのでしょうね。こちらも楽しみです。


 1.日  時 平成25年5月26日(日) 午前10時15分から
 2.場  所 浦戸桂島桟橋前広場(マリンゲート塩釜から市営汽船で約30分)
 3.入場料 無料


《アクセス》

桂島まで行く船は仙石線本塩釜駅から歩いて10分弱のマリンゲート塩釜から出ています。
マリンゲート塩釜から塩竈市営汽船に乗車し、桂島まではおよそ30分弱です。
途中、船にはたくさんのカモメさんが寄ってくるので船旅も楽しめます。
  

☆詳しいご案内はこちらをどうぞ!




きれいな海の桂島で美味しい海苔料理を味わいながら多いに盛り上がりましょう!
島の人々が皆さんをお待ちしております。




★ボランティアさんを募集しています。
のりフェスティバルでは、会場の運営・設営をして、お祭りを盛り上げてくれるボランティアさんを募集しているそうです。。5/25(土)、26(日)に桂島へ来られる方。1日だけの参加でもOKとのこと。

●事務局連絡先はこちら。
TEL 080-5738-5856
FAX 022-365-0188
受付時間/9:00~20:00







(取材日 平成25年5月14日)