header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2013年5月23日木曜日

2013年5月23日木曜日11:06
こんにちは。kaiiです。
暖かさに誘われて気仙沼のツツジの名所「徳仙丈山」を散策にきました。

徳仙丈山は、市の西部、旧気仙沼市と旧本吉町との境にそびえる標高711mの山です。日本最大級のツツジの群生地で約50万本のヤマツツジ、レンゲツツジが新緑の山を朱紅色に染めます。
例年、5月中旬から6月上旬のツツジの見ごろには多くの人が訪れます。

レンゲツツジのつぼみ

平成25年5月20日現在のレンゲツツジ

5月20日現在、ツツジはまだつぼみでした。開花までにはもう少し時間があるようです。

平成24年5月26日撮影のレンゲツツジ

ツツジが咲くと、花の向こうに青空とコバルトブルーの気仙沼湾がきれいに望めます。

ツツジの向こうに望む気仙沼湾(平成24年5月26日撮影)

ツツジがきれいに見えるポイントの第2展望台に到着すると、数組の観光客が来ていました。
「まだ咲いてなくて残念です」と地元から花を見にきたという女性が話しました。

気仙沼湾は低い雲が立ち込めて望むことができませんでした(平成25年5月20日撮影)

震災後、医療ボランティアとして気仙沼で活動していたという岡田知子さんは、「気仙沼の様子を知りたくて1年ぶりに来ました。震災から1カ月間ほど後に気仙沼入りし、約1カ月支援活動をしました。その時はまだガレキだらけの町でした。今の気仙沼は何もなくなって少しさびしく感じます」と話しました。



1年ぶりに訪れたこの日は、東京の友達に薦められた観光スポット「徳仙丈山」にツツジを観に来ました。「雲が立ち込めて海も見えないし、ツツジの花も1輪も咲いていなくてとても残念でした」と話しました。

ヤマザクラがきれいに咲いていました(平成25年5月20日 撮影)

岡田さんは気仙沼の沿岸部を訪ねて、町の様子が少しずつ復興に向かっていることを感じていました。


気仙沼で支援中に知り合いになった人を訪ねたり、友達と観光や食事などをして気仙沼を満喫し、楽しい時間を過ごしたそうです。
  「気仙沼が大好きです。また遊びにきます」

1年後、2年後、多くの人に気仙沼を忘れずまた訪れてほしいと思います。
たくさんの人が気仙沼のおいしいものを満喫し、楽しい時間を過ごして気仙沼ファンになってほしいと思います。

迎える側の私達が地元の魅力の発信し続け、おもてなしの心でたくさんの人をお迎えしたいと思います。


徳仙丈山のツツジの開花状況は気仙沼市のホームページでも確認できます。
徳仙丈山のつつじ開花情報
http://www.city.kesennuma.lg.jp/www/contents/1368169359908/index.html


(取材日 平成25年5月20日)