header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2013年5月27日月曜日

2013年5月27日月曜日10:25
こんにちは、Chocoです。
引き続き、金華山からお伝えします。


帰り際に撮った写真です。
この日はとても天気がよく、気持ちがよかったです。
八重桜の濃いピンク色がとてもきれいでした。

権祢宜の日野さんに「金華山のおすすめ」をお聞きしました。
金華山黄金神社は奥州三大霊場、五大弁天などで有名です。
金華山黄金山神社の参拝はもちろんですが、金華山は登山もできます。
頂上までは片道、約60分で行けます。頂上から見る景色が絶景だそうです。
宿泊施設もあるので、1泊して、ゆっくりと山登りと参拝を楽しむのも良いかもしれません。




======================================
今回もたくさんの人々にメッセージを書いてもらったので、紹介したいと思います。 


参拝客の中で、素敵な姉妹を発見しました。
家族と一緒に来たというお2人は、震災前にも参拝をしに来ていたそうです。
久しぶりに参拝、そして巳歳御縁年大祭での参拝は初めてということで、とても喜んでいました。

「震災後、参拝できました!」
東松島市 美帆さん・真帆さん

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

巳歳御縁年大祭を陰で支え、盛り上げてくれていたのは、ボランティアの皆さん。

(株)風の旅行社が主催した「金華山 復興支援ボランティア5日間」ツアーに参加した、総勢15人の皆さんです。

以前ご紹介した「ボランティアセンターを支援する会・山形」の押切珠喜さんが、今回もたくさんのボランティアを率いて、大祭をサポートしてくれていました。
以前の記事はこちら→生きがいを持って生きること

私がお話した人たちの出身地も京都、福岡、東京・・・とさまざまでした。
東北の寒さが残る春、他県から来たボランティアの人々も笑顔で頑張っていました。

「また来たい街 石巻
いち早い復興をお祈りします。」
金華山にて(来てよかった) 
実環さん・万貴子さん

「金華山が私たちをつなげてくれました」
葉子さん・麻衣さん
金華山のボランティアで仲良くなったという人々がたくさんいました。

私も経験しましたが、縁もゆかりもない地で出会った人々は、時に自分の人生を後押しする存在になることもあります。
弁天様が導いてくれたボランティアさんたちとの出会いも素敵でした。

昨年来繰り返し開催されてきたこのツアーは、この夏にも実施されるそうです。
宮城県 金華山 東日本大震災 復興支援ボランティア4日間
http://www.arukikata.co.jp/volunteer/domestic/190.html

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

そして、旅人からもメッセージをもらいました。
 19歳の熊本の大学生に会いました。
彼は、ゴールデンウィーク中に被災地を1人旅して回っていました。
「実際にこの目で見たい」と、実際に被災地へ来ました。
「百閒は一見にしかず。
今回の1人旅をしてみて、本当にその通りでした。
これからも復興頑張ってください。」
くまもと 服部聖也さん
「百聞は一見にしかず」
これからも、被災地で音楽イベント、お魚祭り、観光地も少しずつ再開し始めています。
被災地の状況も少しずつ少しずつ変化しています。

実際に行ってみなければ、分からないことがたくさんあります。
そして、行ってみて、初めて理解できることもたくさんあります。

服部さんは、わずか3日間の滞在ではありましたが、地元の人々に触れ、被災地の状況を見ることができました。
そして、「たくさんのことを吸収できた」と、笑顔で石巻を後にしました。

「百聞は一見にしかず」
久しぶりに目にしたことわざ。
すごくシンプルだけれど、すごく大切なことだと、あらためて思いました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

そして、服部さんのような県外から来る人々が来るのを心待ちにしている地元の方々の想いを伝えてくれたのは、この方です。


「あれから2年余、
日々姿が新しくなる女川。
旨い魚とあったかい人が皆様をお待ちしています。」
女川町長 須田善明
女川の須田町長と、帰りの船で偶然、席が隣になりました。町長は気さくにいろいろなお話をしてくださいました。
事前に申し込んだ取材ではなかったにもかかわらず、帰り際に県外の人々へのメッセージをお願いしたところ、快く書いてくださいました。
「女川の人は、女川愛に溢れている」
女川の人々と接するといつも思うことですが、町のことを話す町長は、とても生き生きと輝いていました。


========================================

金華山に初めて行った私のおすすめは・・・
参拝はもちろんですが、
素晴らしい景色です。


そして・・・


野生の鹿です。
あちらこちらにウロウロしています。




私がカメラを向けると近づいてきました。
仲間だと思ったのでしょうか(笑)


今度は、参拝をしてから、山登りをしようかと思います。
是非、皆さんも石巻、女川と、そして、金華山へいらしてください。
鹿も皆さんのお越しをお待ちしています!




今回もたくさんの方々にお話を聞くことができました。
メッセージをくださった皆さん、本当にありがとうございました。
(取材日 平成25年5月3日)