header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2013年4月25日木曜日

2013年4月25日木曜日0:44
こんにちは、Chocoです。
今回は登米市からの情報です。
4月から宮城県を中心に「仙台・宮城デスティネーションキャンペーン」が開催されています。
JR6社と、地元の観光関係者や自治体が一体となって展開する全国大型観光キャンペーンで、海・山・里の豊かな恵みを受けた多様な食材や、脈々と受け継がれる伊達文化、仙台・宮城が持つ魅力を多くの方に感じていただこうと、期間中、さまざまなイベントが各地で開催されます。

その中の1つが今週末に登米市で行われます。

「登米風土(food)博覧会」
登米地域の「食」の充実・掘り起こしをテーマにしたイベントです。
4月27日から30日の3日間、開催されるこのイベントでは、市内の飲食店などが出店し、登米の「旨い」を決める各種のグランプリや、伊達なお土産コンテスト、軽トラ市、市内の桜・チューリップなど花の名所を巡る周遊バスも運行されます。
 


    「登米の「美味い」をあなたが決める3日間!!」と、チラシに書いてある通り、4月27日から29日まで、登米市追町北方の「長沼フートピア公園」で開催されます。


    登米市の風土を感じて美味しいFOODを食べられます。

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
    私が初めて登米(とめ)市の町中を歩いたのは、3月の末でした。
    そのとき、「仙台・宮城デスティネーションキャンペーン(以下:仙台・宮城DC)」の登米市のオープニングイベントがあり、石巻から車で約1時間のところにある登米(とよま)町の教育資料館に向かいました。

    ※「登米市登米町(とめし とよままち)」です。「登米」の漢字を2通りに読みます。ややこしいですが、ご注意を。

    登米市公式HP参照    
    これは、明治21年に建てられた小学校で、現在は資料館として使われています。
    広場にはたくさんの屋台が並び、中央のステージでは、踊りや歌などの催し物がありました。
    (オープニングイベントの様子は別の記事で紹介します!!)
    歩いてみると明治時代の建物があり、おもむきがあってとてもすてきな所でした。
    昔の人たちの生活が見えてきそうな・・・そんなすてきな所でした。
    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

    「宮城・仙台DC」登米市の振興事務所の方からも、「イチオシ!!」と言われた「登米風土博覧会」!!
    「登米にお越し下さい。登米風土博覧会開催!!」
    東部地方振興事務所登米地域事務所の皆さん

    大自然の中で作られた美味しい物がたくさん食べられます。

    ぜひ、休日は家族や友達と登米市へ行ってみてはいかがでしょう。

    登米の桜は、今週末が見頃です!!!
    春の風情を思う存分味わえるイベントです。

    地元の方々が作った美味しい料理と登米の大自然が皆さんのお越しをお待ちしています。

    (平成25年4月25日)