header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2013年4月5日金曜日

2013年4月5日金曜日16:44
こんにちは、Chocoです。

多くの人が新生活、新学期、入学、入社と新しい風が吹くのが4月です。
4月が始まり、にぎやかな世間ですが、石巻でもたくさんの新しい風が吹き始めています。

その中の1つ、石巻の立町に新しいカフェが明日、4月6日にオープンします。

「日和キッチン」。

石巻のおウチごはんと
シビエ料理のレストラン

今回は、3月31日に開かれたオープン記念パーティーに参加してきました。


「日和キッチン」の誕生は、昨年の「石巻の川開き」で出店した屋台から始まりました。
その際、石巻の食材を生かした料理を提供したいということで、探し当てたのが鹿肉でした。

実は鹿肉にはミネラルが豊富に含まれている他に、高タンパク低カロリーでダイエット中の方や減量するボクサーなどにとっては、最高の食材です。さらに鉄分やビタミンも他の肉よりも多く含まれている栄養価の高い肉なのです。

しかし、「鹿肉は臭い、癖がありそう・・・」などというイメージがあるため、他の肉に比べて消費量はとても少ないそうです。

そのことを知り、石巻でも滅多に食卓に並ばず処分されてしまっている鹿肉を使って作る料理を開発しました。

牡鹿半島で射止めた鹿の肉を調理して地産の野菜と一緒にクレープ生地で巻いたラップサンド。
このラップサンドは川開きが開催される前に東京でも2度販売したそうです。

鹿肉だけでなく、まだまだ知らない石巻の隠れた食文化を研究して広めたいという思いから、「日和キッチン」をレストランとして石巻に開店させるに至りました。


「日和キッチン」は、立町通りから富貴丁と呼ばれる横道に入ったところにあります。

店舗の通りのスケッチ
中央にあるのが「日和キッチン」

店舗の説明会が同日、2階の事務所内で行われました。

そこで店舗ができるまでの過程をお話ししてくれたのが、「日和キッチン」代表の天野美紀さんです。



建物は築100年。
10年程空家だったという店舗は、老朽化が進んでいる上、震災の影響で再生するのが困難な状態でした。
そこに息を吹きこんだのが、天野さんやスタッフの皆さんです。

もともと、リノベーション建築士だった天野さんは、店舗全てのデザインを担当しました。
2年前の震災の影響で正面のガラスが割れていたり、ヘドロがまだ残っていたお店も、
自分たちでできることはやり、愛情を込めてできたカフェです。
今では、素敵なレストランになり、お客さんを待っています。


ガラスは割れたままであえて残して、
ガラスのない部分には木を並べています。
========================================

「日和キッチン」のパーティーに並んだ研究中の料理は、心が温まる料理ばかりでした。
高野豆腐(東北弁では「凍み豆腐」)の煮物、鹿肉のパテ、ベーグルの生地、全ての料理に石巻の食材が取り入れられています。

そして、シェフの方々も地元のお母さんです。
石巻の手料理、そして新感覚の料理が次々と出されました。


パーティーに出た料理は全て手作り!!
【私が食べた料理のお品書き】
鹿肉のパテ
石巻産のおから入りベーグル(3種類)
グリッシーニ(2種類)
桑葉のマシュマロ
ツイストドーナッツ

炊き込み御飯のおにぎり
郷土料理おくずかけ
高野豆腐の煮物
鹿肉入りカレー
鹿肉入りカレー
ちなみに、石巻で鹿肉を扱っているレストランは震災前は1店舗ありましたが、今ではどこのお店でも扱われていないそうです。
そんな貴重な鹿肉の料理を食べることができるのは、「日和キッチン」だけです。
そして、地産にこだわっているため、食材のほとんどが石巻産です。
まだまだ料理の開発は続きそうですが、
明日、4月6日開店します。

代表の天野さんから皆さんへメッセージです。
「おなかをすかせて来てけらいん!!」
日和キッチン 天野美紀さん
 石巻のおいしさを「日和キッチン」から発信します。
夜行バスで石巻へやってくる人たちのために、早朝から営業しています。

土日限定営業
朝ごはん  6:30〜10:00 
昼ごはん 11:30〜15:00


再生された古いお店の温かな空間と、
地元のお母さんが腕を振って作る料理と、
心温かいおもてなしで、
皆さんのお越しをお待ちしています。

明日4月6日、開店です!!

(取材日 平成25年3月31日)
-------------------------------------------------------------

リノベーション・・・古い建物を新しい状態に戻すのではなく、見物に新たな付加価値を与えることを目的としている。一般に大規模な設備更新や真取り変更などを伴うのをリノベーションと呼びます。