header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2013年3月11日月曜日

2013年3月11日月曜日14:46
ココロデスクです。


今日は、たくさんの言葉が飛び交う1日となることでしょう。

忘れること

忘れないこと

忘れてしまいたいこと

忘れてはいけないこと

忘れてよいこと

忘れられないこと

忘れたこと

悲しみを癒すために、励ますために、自らを勇気づけるために、

たくさんの言葉が飛び交うことでしょう。


でも、何かを締めくくろうとする言葉だけは、受け入れたくありません。

災厄は突然襲ってきました。
でも、復興は、いきなりは訪れないからです。


昨日、今日、明日と少しずつではあるけれども進んでいることを、ココロプレスはこれまでと同様に追い駆けていきます。


<もくじ>
■イベントガイド
■今週のダイジェスト (3月5日~3月10日)
■編集後記

=========================
■イベントガイド
 復興を願い、復興の姿を見ていただけるイベントです。
 ※詳細は主催者にお問い合わせください。
=========================

樹氷鑑賞ツアー
12月15日~2013年3月17日
みやぎ蔵王すみかわスノーパークほか(蔵王町)
みやぎ蔵王すみかわスノーパーク(予約専用ダイヤル) 
0224-85-3055 
http://www.zao-sumikawa.jp/

こけしびなまつり
2月1日~3月20日
みやぎ蔵王こけし館(蔵王町)
みやぎ蔵王こけし館
http://www1.ocn.ne.jp/~kokeshi/

齋理の雛まつり
2月8日~3月24日
蔵の郷土館 齋理屋敷(丸森町)
丸森町蔵の郷土館齋理屋敷 
0224-72-6636 

第12回手づくりおひな様展
2月9日~3月11日
秋保・里センター(仙台市)
秋保・里センター
http://akiusato.jp

シルクフラワーフェスタ
3月2日~10日
南三陸町ひころの里「シルク館」
南三陸町ひころの里管理事務所 
0226-46-4310

古山拓個展「小さな記憶」
3月5日~17日
晩翠画廊(仙台市)
http://www.bansui-gallery.co.jp/

[3.11 防災&追悼 有事チャリティー炊き出しグランプリVol.2]
 ~有事のための訓練と被災者との心の絆~
3月10日
八木山ベニーランド(仙台市)
炊き出しグランプリ実行委員会
http://www.takidashigp.jp/
フリーマーケット楽市楽座
http://www.rakuichi-rakuza.jp/calender/kaijoichiran/kaijou.html?c=O3JJH&s=lrTQu

石尊神社 火伏せまつり
3月10日
栗原市若柳武鎗 石尊神社境内及び町舘地区
御賀八幡神社 
0228-32-3316

鹽竈神社帆手祭(ほてまつり)
3月10日
鹽竈神社境内~塩竈市内
志波彦神社・鹽竈神社社務所
022-367-1611

小斎鹿島神社やぶさめ(奉射祭)
3月10日
小斎鹿島神社(丸森町)
小斎まちづくりセンター 
0224-78-1111 

東日本大震災仙台市追悼式

3月11日
仙台国際センター(仙台市)
http://www.city.sendai.jp/

キャンドルナイト2013
かがやけ仙台~震災の記憶を胸に~
3月11日
勾当台公園市民広場(キャンドル点灯は17時から)
市民局市民協働推進課
022-214-6136

3月11日からのヒカリ2013
3月11日
気仙沼市内湾(鼎が浦)
「3月11日からのヒカリ」プロジェクト
http://311hikari.jp/about.html

土人形展&宮城の工芸四人展
3月15日~17日
道の駅「村田」物産交流センター(村田町)
道の駅「村田」物産交流センター
http://www.muratamachi.info/

マリンパル女川おさかな市場 かに祭り
3月16日~17日
マリンパル女川おさかな市場 (女川町浦宿浜字篠浜山2)
マリンパル女川事業協同組合 
0225-54-4714

第26回早春椿ハイキング
3月17日
気仙沼市大島
休暇村気仙沼大島
http://www.qkamura.or.jp/kesen/

竹駒神社初午大祭
3月17日~23日
竹駒神社(岩沼市)
竹駒神社社務所 
0223-22-2101 

石ノ森萬画館 Re OPEN
3月23日
石ノ森萬画館(石巻市)
石ノ森萬画館 
http://www.man-bow.com/manga/

ハナトピア岩沼春恋旬の市
3月23日~24日
ハナトピア岩沼(岩沼市)
岩沼市
http://www.city.iwanuma.miyagi.jp/index.html

第21回小京都むらた写真展
3月23日~24日
村田町蔵の町並特設会場
村田町観光物産協会
http://www3.ocn.ne.jp/~muratan/index.html

高清水互市
3月29日~30日
栗原市高清水桜丁 高清水中学校通り
仙北街商協同組合 
0228-32-5143

=========================
■今週のダイジェスト (3月5日~3月10日)
=========================

2013年3月5日火曜日
2年ぶりに会えた、「夢みる乙女」(亘理町)
亘理町の特産であるイチゴを原料に作られたワイン、「わたり発 いちごだワ・イン”夢みる乙女”が2年ぶりに販売を再開し、大好評です。「2年作らなかったらファンの皆さんに忘れられてしまう」亘理町小売酒販協議会会長の大堀清さんはじめ関係者の「復活を諦めきれない気持ち」が、発売までの困難な道のりを切り開いたのです。
http://kokoropress.blogspot.jp/2013/03/2_9978.html

2013年3月5日火曜日
明日へツナグ「希望」写真展(仙台市)
仙台市の宮城野区文化センターでは、震災復興支援事業としてたくさんのアートイベントが行われます。センターが主催する「明日へツナグ『希望』写真展 東日本大震災から2年〜復興への想いを写真に込めて〜」では、市民から寄せられたたくさんの”幸せを感じられホッとする一こま”が展示されていました。
http://kokoropress.blogspot.jp/2013/03/blog-post_7421.html

2013年3月5日火曜日
多様な再生可能エネルギーで環境未来都市へ (東松島市)
東松島市で、今年10月の運転開始を目指し、大規模太陽光発電所(メガソーラー)の建設が始まっています。一帯は「奥松島 『絆』 ソーラーパーク」と命名され、太陽光エネルギーの供給基地の1つになるほか、環境学習のための場としても活用されることになっています。自立したエネルギー供給を目指す環境未来都市。今後の進展がとても楽しみです。
http://kokoropress.blogspot.jp/2013/03/blog-post_6867.html

2013年3月5日火曜日
ビールと豆腐の幸福な出会い~「復興! 七ヶ浜産大豆収穫祭」(七ヶ浜町)
津波で町内のほぼ100%の農地が津波に流された七ヶ浜町。「このままではいけない!」と9名の生産者が農業復活に立ち上がりました。その熱意に、「食に関わる企業として、東北の農業の復興を応援したい」というキリンビールの支援プロジェクトがトラクターなどの農業機械を提供、4.8ヘクタールの大豆栽培が実現しました。収穫祭では、採れたての大豆で作られたおいしい豆腐料理を前に、乾杯の歓声が何度も湧き上がりました。
http://kokoropress.blogspot.jp/2013/03/blog-post_8926.html

2013年3月6日水曜日
月光プロジェクト(東松島市宮戸)
奥松島にある月浜。津波の高さは8メートルにも及び、ノリ養殖は壊滅しましたが、「再びノリを生産したい」という若い漁師の声にベテラン漁師も再起。震災前は個人個人で漁をしていた人々は今では一致団結してノリ養殖に取り組んでいます。そして、支援をしてくれた人たちへ、真心たっぷりのノリでお返しをしようとしています。
http://kokoropress.blogspot.jp/2013/03/blog-post_6771.html

2013年3月7日木曜日
今が旬。三陸ワカメ 「ボイル篇」(気仙沼市波路上地区)
昨年秋に養殖筏(いかだ)に本養生された褐色のワカメやコンブが2m~3mほどに生長して海面からも覗けるようになりました。海岸ではワカメのボイル作業が最盛期を迎えています。気仙沼市波路上(はじかみ)地区の海岸で、作業を見学させていただきました。

http://kokoropress.blogspot.jp/2013/03/blog-post_4063.html
2013年3月7日木曜日
今が旬!三陸ワカメ 「袋詰め出荷篇」(気仙沼市大浦地区)
ワカメの刈り取り作業が終盤を迎えると、気仙沼の大浦地域特産の「早煮コンブ(通称:握りコンブ)」の天日干し作業が始まります。「76歳でもまだまだ自分は若い。働くことが好きだ」と笑顔で話す吉田さん。「健康であれば働いて失った財産はまた稼ぎ出せる」。そう話しながら、市場に出荷するためのワカメとメカブの袋詰め作業を、奥さんと黙々と続けています。

2013年3月7日木曜日
盛り上がれ!多賀城(多賀城市)
震災によって元気がなくなってしまった多賀城の街に活気と絆を取り戻そうと開催されている「多賀城月の市」。これまでも「こども元気祭り」や「にぎわい祭り」と題して地場産品の販売や楽しいイベントを企画してきました。この日は隣の利府町にあるモリリン加瀬沼公園で、「雪まつり」が開かれました。
http://kokoropress.blogspot.jp/2013/03/blog-post_2451.html

2013年3月7日木曜日
放射能から子どもを守る(多賀城市)
福島第一原発の事故発生をきっかけとして放射線が子どもたちに与える影響に不安を感じ、小さなお子さんを持つ普通のママさんたちが立ち上げた「放射線被曝から子どもを守る会•多賀城」。定期的に行われている情報交換会「多賀茶会」にお邪魔すると、学校給食での食品汚染に関わる悩みが交わされていました。
http://kokoropress.blogspot.jp/2013/03/blog-post_6987.html

2013年3月8日金曜日
伊達政宗の「不屈の精神」が時代劇として登場します
全国にその名をとどろかせる戦国時代の英雄、伊達政宗。BS-TBSで放送されるスペシャル時代劇「臥竜の天~伊達政宗・独眼竜と呼ばれた男~」の特別完成披露試写会が石巻市渡波公民館で開かれました。東日本大震災から間もなく2年を迎えるこの節目に、政宗の「不屈の精神」を感じることができて、これからの復興に向けて、気持ちを新たに前進する勇気をもらいました。
http://kokoropress.blogspot.jp/2013/03/blog-post_8.html

2013年3月9日土曜日
伊達政宗3月9日19時、参上!!!(全国)
この試写会は伊達政宗を演じた椎名桔平さんが「被災地の皆さんにいち早く観てほしい」と提案して実現したものです。「自分は役者だ。役者として何ができるのか・・・」そう悩んでいた時に持ち掛けられた主演の企画に、すぐに「これだ」と引き受けた椎名さん。試写会の後でくださったメッセージは「僕たちも頑張ります。前へ前へ」でした。
http://kokoropress.blogspot.jp/2013/03/3919.html

==================================
■編集後記

昨年からChocoがせっせと「追っ掛け」をしている橋本ママ。国内外から石巻にボランティアに来た延べ5000人以上の人たちに美味しい食事を無償で提供し続けています。

東京・池袋の「宮城ふるさとプラザ」で開催された出版記念イベントに続き、一昨日、仙台市泉区にあるイトーヨーカドー仙台泉店で試食会が開かれました。

「石巻発 ”橋本ごはん”を食べて元気になろう!」

実は私はこの近所に住んでおり、橋本ママがいらっしゃると聞き、駆け付けました。

橋本さんについてはしょっちゅうエピソードを聞かされたり記事を読んだりしてきた私。
いつのまにか知り合いのように錯覚してしまいそうになりますが、実はこの日が初対面でした。
でも、うわさ通り、気さくで楽しい方でした。そしてご主人の「ノリちゃん」も。

食品売り場の一角で提供されたのは「くるみおこわ」と「牛タンシチュー」。これも、うわさ通りの味。おいし過ぎて、用意していた料理はあっというまに「完売」で、著書を購入してサインをねだる人も現れたほどでした。

橋本さん(中央)。本を一緒に作ったINJMのメンバーと


橋本さん、これからも元気な「石巻のお母さん」で!


(ココロデスク)