header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2013年3月4日月曜日

2013年3月4日月曜日23:02
ココロデスクです。

卒業式の季節ですね。

この春、宮城県内でもいくつかの学校が卒業生を送り出し、そしてその歴史を閉じようとしています。
もともと生徒児童数が減っていたところに起こった震災。その影響も大きいようです。

先日、そんな小学校の1つを訪れました。
海辺の高台にあるその学校の敷地には応急仮設住宅が建っていて、子どもたちの遊ぶ声も聞こえていました。

小学校は、学び舎であるばかりではなく、地域に暮らす人たちのよりどころとしての役割も担ってきました。震災直後に多くの学校が避難所として役立ったことが、それを証明しています。
小学校の学区は、「お互いの顔の見える人間関係」の単位だったのです。


その小学校の卒業生の一人が、ココロプレスのメンバーです。

もうじき行われる閉校式の模様を、そしてその時の心情を、彼女はどのように伝えてくれるのでしょうか。



<もくじ>
■イベントガイド
■今週のダイジェスト (2月25日~3月4日)
■編集後記

=========================
■イベントガイド
 復興を願い、復興の姿を見ていただけるイベントです。
 ※詳細は主催者にお問い合わせください。
=========================

樹氷鑑賞ツアー
12月15日~2013年3月17日
みやぎ蔵王すみかわスノーパークほか(蔵王町)
みやぎ蔵王すみかわスノーパーク(予約専用ダイヤル) 
0224-85-3055 
http://www.zao-sumikawa.jp/

こけしびなまつり
2月1日~3月20日
みやぎ蔵王こけし館(蔵王町)
みやぎ蔵王こけし館
http://www1.ocn.ne.jp/~kokeshi/

齋理の雛まつり
2月8日~3月24日
蔵の郷土館 齋理屋敷(丸森町)
丸森町蔵の郷土館齋理屋敷 
0224-72-6636 

第12回手づくりおひな様展
2月9日~3月11日
秋保・里センター(仙台市)
秋保・里センター
http://akiusato.jp

見過ごしてきたもの
2月25日~3月4日
せんだいメディアテーク
http://www.smt.jp/

第9回うれし楽し 蔵deひなまつり
3月1日~3月5日
旧仙南堂薬店、旧丸木商店(仙台市若林区河原町、南材木町))
粋々(いきいき)まちなかプロジェクト 
http://hwbb.gyao.ne.jp/hsaito-pc/

シルクフラワーフェスタ
3月2日~10日
南三陸町ひころの里「シルク館」
南三陸町ひころの里管理事務所 
0226-46-4310

希望の光 富永成風 展
3月2日~17日 ※月・火休館
リアス・アーク美術館
080-5558-7250(熊谷)

第5回海産物収獲祭・地酒新酒発表会 
3月3日
利府町役場町民広場1(役場駐車場特設会場)
利府町観光協会 
http://www.rifukankoukyoukai.com/

古山拓個展「小さな記憶」
3月5日~17日
晩翠画廊(仙台市)
http://www.bansui-gallery.co.jp/

[3.11 防災&追悼 有事チャリティー炊き出しグランプリVol.2]
 ~有事のための訓練と被災者との心の絆~
3月10日
八木山ベニーランド(仙台市)
炊き出しグランプリ実行委員会
http://www.takidashigp.jp/
フリーマーケット楽市楽座
http://www.rakuichi-rakuza.jp/calender/kaijoichiran/kaijou.html?c=O3JJH&s=lrTQu

石尊神社 火伏せまつり
3月10日
栗原市若柳武鎗 石尊神社境内及び町舘地区
御賀八幡神社 
0228-32-3316

鹽竈神社帆手祭(ほてまつり)
3月10日
鹽竈神社境内~塩竈市内
志波彦神社・鹽竈神社社務所
022-367-1611

小斎鹿島神社やぶさめ(奉射祭)
3月10日
小斎鹿島神社(丸森町)
小斎まちづくりセンター 
0224-78-1111 

東日本大震災仙台市追悼式
3月11日
仙台国際センター(仙台市)
http://www.city.sendai.jp/

キャンドルナイト2013
かがやけ仙台~震災の記憶を胸に~
3月11日
勾当台公園市民広場(キャンドル点灯は17時から)
市民局市民協働推進課
022-214-6136

3月11日からのヒカリ2013
3月11日
気仙沼市内湾(鼎が浦)
「3月11日からのヒカリ」プロジェクト
http://311hikari.jp/about.html


土人形展&宮城の工芸四人展
3月15日~17日
道の駅「村田」物産交流センター(村田町)
道の駅「村田」物産交流センター
http://www.muratamachi.info/

マリンパル女川おさかな市場 かに祭り
3月16日~17日
マリンパル女川おさかな市場 (女川町浦宿浜字篠浜山2)
マリンパル女川事業協同組合 
0225-54-4714

第26回早春椿ハイキング
3月17日
気仙沼市大島
休暇村気仙沼大島
http://www.qkamura.or.jp/kesen/

竹駒神社初午大祭
3月17日~23日
竹駒神社(岩沼市)
竹駒神社社務所 
0223-22-2101 

石ノ森萬画館 Re OPEN
3月23日
石ノ森萬画館(石巻市)
石ノ森萬画館 
http://www.man-bow.com/manga/

ハナトピア岩沼春恋旬の市
3月23日~24日
ハナトピア岩沼(岩沼市)
岩沼市
http://www.city.iwanuma.miyagi.jp/index.html

第21回小京都むらた写真展
3月23日~24日
村田町蔵の町並特設会場
村田町観光物産協会
http://www3.ocn.ne.jp/~muratan/index.html

高清水互市
3月29日~30日
栗原市高清水桜丁 高清水中学校通り
仙北街商協同組合 
0228-32-5143



=========================
■今週のダイジェスト (2月25日~3月4日)
=========================
2013年2月24日日曜日
橋本ママが世界に飛び出した日(石巻市、県外)
国内からだけでなく世界各国から石巻に来てくれた大勢のボランティアの人たちの懸命な姿に感激し、愛情と栄養のたっぷり詰まった食事を6カ月間、のべ5400人分も提供した橋本信子さん。彼女がボランティアのために作ったレシピが出版され、その発刊記念イベントが東京・池袋の「宮城ふるさとプラザ」で開催されました。
あらすじ編!!
http://kokoropress.blogspot.jp/2013/02/blog-post_99.html
トークイベント編!!
http://kokoropress.blogspot.jp/2013/02/blog-post_3872.html

2013年2月27日水曜日
天高く!希望の天旗(てんばた)を揚げました (気仙沼市)
2年ぶりに開かれた「気仙沼天旗(てんばた)まつり」。気仙沼伝統の「日の出凧」が揚げられ、県内や他県からの凧(たこ)愛好者や震災ボランティアがきっかけで気仙沼に移住した人など、多くの人が開催を喜び、天高く揚がる大小のたこを見上げて歓声を上げていました。
http://kokoropress.blogspot.jp/2013/02/blog-post_9131.html

2013年2月28日木曜日
復興を忘れないお酒 除塩田と中勇酒造店 (加美町、仙台市)
「塩水をかぶった田んぼのコメで造って、おいしい酒ができるのかと思いました」。仙台市若林区の農業大友一吉さんは、酒米としての提供を打診された時にこう感じました。しかし丹精込めた「ひとめぼれ」は、極上の純米酒に生まれ変わりました。
http://kokoropress.blogspot.jp/2013/02/blog-post_5681.html

2013年3月1日金曜日
駅前イルミネーションにこめた想い(多賀城市)
多賀城生まれ・多賀城育ちの加藤則博さんは、多賀城駅前の活性化を目的として市民の中から立ち上がった団体「T•A•P多賀城」の事務局長。多賀城駅前のイルミネーション「悠久の詩都(まち)の灯」は、震災後も続けられ、昨年で7回目を迎えました。「多賀城市民と同じ数の62000個の電球を灯したい」と、夢を語りました。
http://kokoropress.blogspot.jp/2013/03/blog-post_9275.html<

2013年3月1日金曜日
被災沿岸地域が連携して復興への歩みを〈気仙沼市 南町)
「復興屋台村 気仙沼横丁」の事務局長小野寺雄志さんは、今でも初めて他県から気仙沼を訪れる方の100%が「こんな状況になっているなんて思いませんでした」と話すと言います。被災地に来るボランティアも観光客も減少するなか、被災した沿岸地域にたくさんの人に足を運んでもらえるような企画を考えています。
http://kokoropress.blogspot.jp/2013/03/blog-post_3109.html

2013年3月3日日曜日
大好きな女川とスプレー缶のお話(女川町)
ボランティアや地域活動などのポスターや、お店の看板デザインなどの仕事を経て、グラフィティーアーティスト「D-BONS」として活動している崎村周平さん。大切な家族を津波で失いましたが、大好きな女川のために、大切な人々のためにスプレー缶片手に活動しています。
http://kokoropress.blogspot.jp/2013/03/blog-post.html

2013年3月4日月曜日
気仙沼の情報を伝えています~(気仙沼市)
震災から12日後に放送を開始した「気仙沼災害FM」。気仙沼の天気、市場の状況、交通情報、新聞記事、催しや市民の声などが気仙沼市民の生活に密着した情報、地域に根ざしたニュースが、毎日手作りの生放送で伝えられています。
http://kokoropress.blogspot.jp/2013/03/fm.html

2013年3月4日月曜日
素晴らしい未来の創造への祈り  (気仙沼市後九条)
「震災犠牲者の霊を供養し残された人が再び災いにあうことなく、明るい未来を創造できるように」との祈りが込められて、気仙沼市後九条(うしろくじょう)に一体の地蔵菩薩像が建立されることになりました。この地蔵菩薩が建立されることになったのは、気仙沼で暮らす一組のご夫婦と、俳優の滝田栄さんの縁がきっかけでした。
http://kokoropress.blogspot.jp/2013/03/blog-post_3185.html

2013年3月4日月曜日
宮城ふるさとプラザ (東京都 池袋)
「宮城ふるさとプラザ」は、宮城県からの委託を受けて「社団法人宮城物産振興協会」が運営するアンテナショップ。宮城県の魅力あふれる特産品や観光情報を、首都圏の皆さんに発信しています。一時は販売商品も激減しましたが、現在はだいぶ品ぞろえが戻ってきました。宮城の味、宮城の物産に、ぜひ会いに来てください!
http://kokoropress.blogspot.jp/2013/03/blog-post_1454.html

==================================
■編集後記

この黒いマウスパッド、何でできていると思いますか?


実はこれ、雄勝石でできています。

硯や屋根材のスレート瓦に用いられ、最近では食器や花器も作られている雄勝石ですが、マウスパッドまでも、とは。
大きな被害を受けた硯の産地で、新しいチャレンジが始まっているようですね。


考えてみれば、マウスパッドも文房具の一種。
硯と同じような位置に置いて使うもの。
ひんやりサラサラした手触りで心地よく、墨を磨った時のように気持ちが落ち着きます。

使い始めて1週間。今やすっかり愛用の道具です。


(ココロデスク)