header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2013年2月24日日曜日

2013年2月24日日曜日9:12
えみです。



今年も「松島かき祭り」の時期がやってきました。



毎年2月の第一土曜日、日曜日と2日間通して行われているかき祭りですが、今年は日程を1日短縮して2月3日の日曜日1日だけの開催となりました。

会場は仙石線松島海岸駅を降りてすぐの、松島海岸駅前グリーン広場です。


大好物のかきが食べられるということで、私も朝からウキウキ。
仙石線に乗っていざ松島海岸駅へ。

松島海岸駅では「松島復興かき祭り」を目指して大勢の方が降りました。



 
その日は朝からものすごく風が強く、肌を刺すような寒さでした。
しかし、多くの方が朝早くから「松島復興かき祭り」を目指して仙石線松島海岸駅のホームで下車しました。

かき祭りは9時から始まるのですが、会場に着くと朝早くから祭りを楽しみに待っている人たちで活気づいていました
「かき鍋」が無料で振る舞われるコーナーには、8時前から長蛇の列ができていました。




仲間やファミリー同士で炭火のかきの殻焼きを楽しんでいました。



無料「かき鍋コーナー」は大人気


無料「かき鍋コーナー」目指してすごい行列でした。
「かき鍋」作りの応援隊として
自衛隊の方も頑張っています。








会場では新鮮な殻付きかきを格安で販売しており、その場で焼いて味わえる炉端コーナーも用意されていました。

朝早くから家族連れなどが炉端コーナーで焼きかきを楽しんでいました。










開会式では「松島復興かき祭り」実行委員会委員長の佐藤久一郎さんがごあいさつをしました。

「松島復興かき祭り」実行委員会委員長の佐藤久一郎さん


一昨年では震災のためかきの収穫量が4割落ちてしまいました。
そして昨年の異常高温でかきが死滅してしまい、例年の2割しかとれませんでした。
今年のかき祭りは開催が危ぶまれていましたが、かき祭りだけはどうしてもやってほしいという声を漁業関係者などからいただき、カキは東松島市の鳴瀬地区から応援をしてもらい開催することができました。ですから今年の松島復興かき祭りはカキの再生•復興•感謝の思いを込めて開催させていただきます。

朝早くからこんなにも多くの方に来ていただき、皆さん毎年かき祭りを心待ちにしているんだなあと実感しております。

いつもは2日間で10万人もの観光客でにぎわいますが、今年は1日だけでおよそ6万人近くなると思います。と実行委員会委員長の佐藤さん。




続いて松島町の大橋健男町長のごあいさつです。
松島町の大橋健男町長のご挨拶

震災から2年たちますが復興を元気づけるためにもかき祭りを開催できるようがんばりました。
今年で35回目を迎える「松島かき祭り」は、冬の風物詩として多くの方々に楽しんでもらっています。
一日ではありますが皆さまに心から楽しんでもらえればと思っております。

開会式のあいさつの後、」餅まきが行われました。

かき供養祭も執り行われました。




















かきうどん、かきそば
元気いっぱいの掛け声で売っていました。








前進松島
大きな声でかきうどん、かきごはんを売っていました。
利府松島商工会青年部の方々。



ガンバレ!東北
「横浜からやってきました。東北の方はみんながんばっていますね。」
鈴木さんファミリー。







「松島に1人でも多く来て下さい。」
かき再生復興募金をしていた松島高校ダンス部のお二人。
































今日のお昼はかきごはん、かきうどん。あら汁です。
美味しかった!



かき祭り会場の岸壁に、祭りのためのかきを運ぶ船が到着です。
かごの中をのぞくとたくさんの「かき」が入っていました。



えっ?ここに温泉?

足湯でみんな身体もポカポカになりました。



今年で35回目を迎える「松島かき祭り」がそんなに前から開催していたとは知りませんでした。
震災、異常気象などによって開催にいたるまでにもたくさんの苦労があったと思います。
歴史のある「松島かき祭り」を毎年待ち望んでいる方々が全国にはたくさんいます。そして今年もたくさんの方が足を運んでくれました。
一人でも多くの方が松島町に訪れることによって町は活性化し、復興へ一歩ずつ進んでいます。



松島のカキはぷりぷりしていてとても美味しかったです。






(取材日 平成25年2月3日)