header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2013年2月25日月曜日

2013年2月25日月曜日17:05
ココロデスクです。

この週末、気仙沼市を訪ねてきました。

行くと浜ではワカメの水揚げの真っ最中でした。立派に生育したワカメを囲んで
養殖家と仲買人が取引している様子を、あちらこちらで見掛けました。

風は冷たかったのですが、気仙沼の春を告げる光景に立ち会うことができました。



<もくじ>
■イベントガイド
■今週のダイジェスト (2月18日~2月24日)
■編集後記


=========================
■イベントガイド
 復興を願い、復興の姿を見ていただけるイベントです。
 ※詳細は主催者にお問い合わせください。
=========================

樹氷鑑賞ツアー
12月15日~2013年3月17日
みやぎ蔵王すみかわスノーパークほか(蔵王町)
みやぎ蔵王すみかわスノーパーク(予約専用ダイヤル) 
0224-85-3055 
http://www.zao-sumikawa.jp/

弥治郎こけし村の雛の宴展
平成25年1月26日~3月3日
弥治郎こけし村 (白石市)
0224-26-3993 

こけしびなまつり
2月1日~3月20日
みやぎ蔵王こけし館(蔵王町)
みやぎ蔵王こけし館
http://www1.ocn.ne.jp/~kokeshi/

齋理の雛まつり
2月8日~3月24日
蔵の郷土館 齋理屋敷(丸森町)
丸森町蔵の郷土館齋理屋敷 
0224-72-6636 

第12回手づくりおひな様展
2月9日~3月11日
秋保・里センター(仙台市)
秋保・里センター
http://akiusato.jp

第14回くりこま商家のひな祭り 
2月22日~3月3日
栗原市岩ケ崎商店街一帯(田町、茂庭町、六日町、八日町、四日町)
栗駒鶯沢商工会 
0228-45-2191 

塩竈deひなめぐり 2013~繋がる想い~
2月23日~3月3日
旧亀井邸、ホテルグランドパレス塩釜、しおがま・まち駅 他市内提携35会場
塩竈deひなめぐり実行委員会 
022-366-6711 

見過ごしてきたもの
2月25日~3月4日
せんだいメディアテーク
http://www.smt.jp/

第9回うれし楽し 蔵deひなまつり
3月1日~3月5日
旧仙南堂薬店、旧丸木商店(仙台市若林区河原町、南材木町))
粋々(いきいき)まちなかプロジェクト 
http://hwbb.gyao.ne.jp/hsaito-pc/

シルクフラワーフェスタ
3月2日~10日
南三陸町ひころの里「シルク館」
南三陸町ひころの里管理事務所 
0226-46-4310

第5回海産物収獲祭・地酒新酒発表会 
3月3日
利府町役場町民広場1(役場駐車場特設会場)
利府町観光協会 
http://www.rifukankoukyoukai.com/

リアルふっこうボイスvol.21「南蒲生のこえ」
3月3日
せんだいメディアテーク(仙台市)
まちづくり部
https://sites.google.com/site/fukkovoice/

伊達なわたりまるごとフェア
3月3日
亘理町佐藤記念体育館
亘理町観光協会
http://www.datenawatari.jp/

第5回 利府町海産物収穫祭
3月3日
利府町役場
利府町観光協会
http://www.rifukankoukyoukai.com/

古山拓個展「小さな記憶」
3月5日~17日
晩翠画廊(仙台市)
http://www.bansui-gallery.co.jp/

[3.11 防災&追悼 有事チャリティー炊き出しグランプリVol.2] 
~有事のための訓練と被災者との心の絆~
3月10日
八木山ベニーランド(仙台市)
炊き出しグランプリ実行委員会
http://www.takidashigp.jp/
フリーマーケット楽市楽座
http://www.rakuichi-rakuza.jp/calender/kaijoichiran/kaijou.html?c=O3JJH&s=lrTQu

石尊神社 火伏せまつり
3月10日
栗原市若柳武鎗 石尊神社境内及び町舘地区
御賀八幡神社 
0228-32-3316

鹽竈神社帆手祭(ほてまつり)
3月10日
鹽竈神社境内~塩竈市内
志波彦神社・鹽竈神社社務所
022-367-1611

小斎鹿島神社やぶさめ(奉射祭)
3月10日
小斎鹿島神社(丸森町)
小斎まちづくりセンター 
0224-78-1111 

=========================
■今週のダイジェスト (2月18日~2月24日)
=========================

2013年2月20日水曜日
ココサカエル(気仙沼市松岩地区)
気仙沼市松岩地区にあった商店会「古谷舘共栄会」は、昭和48年から40年間にわたり地域住民の生活を支えてきましたが、会員数は震災で32店舗から25店舗に減少してしまいました。そんな中、3店の飲食店を含む9店舗の人たちが、これまで商売をしていた海岸に近い場所で新たに仮設商店街を開きました。
http://kokoropress.blogspot.jp/2013/02/blog-post_7761.html

2013年2月21日木曜日
ハンバーグに自信あり 被災の「大地フーズ」が新拠点 (美里町、石巻市)
津波で製造ラインのすべてが流され、従業員に犠牲者も出た大地フーズ。しかし、「震災の当日に、事業の再開を決意した」と語る社長の陣頭指揮と従業員の懸命の努力で困難を次々に克服し、内陸部に拠点を移してついに操業を再開しました。
http://kokoropress.blogspot.jp/2013/02/blog-post_1389.html

2013年2月24日日曜日
松島復興かき祭り(松島町)
今年で35回目を迎える「松島かき祭り」。震災、異常気象などによって開催にいたるまでにもたくさんの苦労がありました。しかし、歴史のあるこの祭りを毎年待ち望んでいる方々が、全国にはたくさんいます。今年もたくさんの方が足を運んでくれました。
http://kokoropress.blogspot.jp/2013/02/blog-post_24.html

2013年2月24日日曜日
「ふるさと」の今、届けます (仙台市)
情報レンジャー@宮城は、ニュースや新聞では取り上げられないような小さな情報も拾い上げて、被災地の現状やニーズなどを発信し続けています。宮城県震災復興推進課と東北学院大学ボランティアセンター、そして「助けあいジャパン」の3者が手を組み、「宮城県新しい公共の場づくりのためのモデル事業」の1つとして2012年3月にスタートしました。
http://kokoropress.blogspot.jp/2013/02/blog-post_9652.html

2013年2月24日日曜日
橋本ママが世界に飛び出した日(石巻市、県外)
国内からだけでなく世界各国から石巻に来てくれた大勢のボランティアの人たちの懸命な姿に感激し、愛情と栄養のたっぷり詰まった食事を6カ月間、のべ5400人分も提供した橋本信子さん。彼女がボランティアのために作ったレシピが出版され、その発刊記念イベントが東京・池袋の「宮城ふるさとプラザ」で開催されました。
あらすじ編!!
http://kokoropress.blogspot.jp/2013/02/blog-post_99.html
トークイベント編!!
http://kokoropress.blogspot.jp/2013/02/blog-post_3872.html

==================================
■編集後記

気仙沼から仙台に帰る道々。目に付いたもの気になっていたものを、この際とばかりに見て回りました。
その一つがBRT。
このココロプレスでも気仙沼のスタッフkaiiがご紹介してましたが、私は実際に走っているところを見るのは初めてでした。


2012年9月13日木曜日
住民の生活の足BRT運行開始です。(気仙沼市)

http://kokoropress.blogspot.jp/2012/09/brt.html



ご覧の写真には、2つの「JR歌津駅」が写っています。

右上の奥に見えるのが、もともとあった鉄道の駅。
下の手前に見えるのが、BRTの駅です。
(BRTでは、停留所ではなく「駅」と言います)

このあと、ちょうど気仙沼方面に行く便が来たので飛び乗りました。

ハイブリッド仕様の専用バスは駅で2分ほど停車した後、定刻の12時34分にこの歌津駅を出発。すぐにトンネルに入りました。

トンネルは思っていたよりもずっと狭く、その中をバスは時速60kmで定速走行して1つ隣の「陸前港」駅に無事、到着。定刻の12時39分まで停車して、次の駅に向かいました。

小さいとはいえ屋根と壁のある「駅」と、車両の現在位置を知らせる表示装置があり、車体はバスなのに鉄道的な考え方で運営されていることが端々に見て取れ、興味深い「旅」でした。

(ココロデスク)