header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2013年2月5日火曜日

2013年2月5日火曜日21:27
ココロデスクです。

2月1日に、昨年12月の有効求人倍率が発表されました。
宮城県全体では1.15倍と前月から0.03ポイント上昇、全国4位の数字です。
これは、復興需要により建設業を中心に求人が増えているためと考えられます。
実際、車で走っていても道路工事が多いと感じます。
これは必ずしも年度末だからというだけではないようです。

政権交代以降、円安が進み株価も上昇しています。
景気が良くなりつつあるのかな、と何となく期待はするものの、モノの動きを伴う実体経済が本当に活発になるのか、そして何よりもその成果が被災地の生活や産業のためにもたらされるのか・・・・・

凡人の身としては、ただただ心配するばかりで何の策も力もありませんが、事の行く末を見つめていくことだけは続けていきたいと思います。


=========================
■イベントガイド

 復興を願い、復興の姿を見ていただけるイベントです。
 ※詳細は主催者にお問い合わせください。
=========================

樹氷鑑賞ツアー
12月15日~2013年3月17日
みやぎ蔵王すみかわスノーパークほか(蔵王町)
みやぎ蔵王すみかわスノーパーク(予約専用ダイヤル) 
0224-85-3055 
http://www.zao-sumikawa.jp/

「100万人の年賀状展」
2月11日(月・祝)まで
仙台文学館
http://www.sendai-lit.jp/

弥治郎こけし村の雛の宴展
平成25年1月26日~3月3日
弥治郎こけし村 (白石市)
0224-26-3993 

こけしびなまつり
2月1日~3月20日
みやぎ蔵王こけし館(蔵王町)
みやぎ蔵王こけし館
http://www1.ocn.ne.jp/~kokeshi/

齋理の雛まつり
2月8日~3月24日
蔵の郷土館 齋理屋敷(丸森町)
丸森町蔵の郷土館齋理屋敷 
0224-72-6636 

かまくらまつり
2月8日~11日
国営みちのく杜の湖畔公園(川崎町)
国営みちのく杜の湖畔公園
http://www.thr.mlit.go.jp/m-park/

つつみ人形実演展示即売会
2月8日~11日
道の駅「村田」物産交流センター(村田町)
道の駅「村田」物産交流センター
http://www.muratamachi.info/

米川の水かぶり
2月9日
登米市東和町米川五日町地区
登米市産業経済部商工観光課 
0220-34-2734

「多賀城月の市 雪まつり」
2月9日、10日
モリリン加瀬沼公園

マリンパル女川 おさかな市場あんこう祭り
2月9日~10日
女川町浦宿浜字篠浜山2番地
マリンパル女川事業協同組合 
0225-54-4714

第12回手づくりおひな様展
2月9日~3月11日
秋保・里センター(仙台市)
秋保・里センター
http://akiusato.jp

スノーシューde雪中ハイキングinことりはうす
2月9日、16日
宮城蔵王野鳥の森自然観察センター「ことりはうす」(蔵王町)
参加費:1,500円(大人・子供同額) ※小学生以上
蔵王町観光協会 
0224-34-2725 

復興大学公開講座
2月9日、16日、23日
復興大学(仙台駅前 AER内)
http://www.fukkou-daigaku-jinzai.jp/extension/

雪んこまつり
2月10日
秋保ビジターセンター ほか(仙台市)
仙台市太白区秋保総合支所  
022-399-2111 

東北震災祈念 碧水園 能「喜多流公演」
2月10日
古典芸能伝承の館「碧水園」能楽堂
白石市古典芸能伝承の館「碧水園」(白石市)
0224-25-7949 

青根温泉雪あかり
2月10日
「青根温泉雪あかり」特設会場(川崎町青根児童公園周辺)
川崎町産業振興課 
0224-84-2111(内線1151・1152) 

第13回うめぇがすと鍋まつりin加美
2月11日
加美町中新田地区 花楽小路(からくこうじ)イベント広場ほか
第13回うめぇがすと鍋まつりin加美実行委員会事務局(加美商工会) 
0229-63-2734

第12回アザレア杯スキー技術選手権大会
2月16日
みやぎ蔵王白石スキー場(白石市)
みやぎ蔵王白石スキー場ホームページ 
http://www.nposki.com/

第7回大崎市スノーフェスティバルinオニコウベ
2月17日
オニコウベスキー場(大崎市)
オニコウベスキー場
http://www.onikoube.com

2013やくらいクロスカントリースキー大会in宮城
2月17日
※申込締切2月17日
やくらい山麓特設会場(加美町)
やくらいクロスカントリースキー大会in宮城実行委員会事務局
(加美町教育委員会生涯学習課内)  
0229-69-5113 

気仙沼天旗まつり
2月17日
気仙沼市朝日町・商港岸壁
気仙沼観光コンベンション協会 
0226-22-4560 

復興いちから塾
~駅前イルミネーションにこめた想い~
2月21日
多賀城市市民活動サポートセンター 
022-368-7745
http://blog.canpan.info/tagasapo/archive/811

第14回くりこま商家のひな祭り 
2月22日~3月3日
栗原市岩ケ崎商店街一帯(田町、茂庭町、六日町、八日町、四日町)
栗駒鶯沢商工会 
0228-45-2191 

切込(きりこめ)の裸カセドリ
2月23日
加美町切込地区
加美町商工観光課 
0229-63-6000 

塩竈deひなめぐり 2013~繋がる想い~
2月23日~3月3日
旧亀井邸、ホテルグランドパレス塩釜、しおがま・まち駅 他市内提携35会場
塩竈deひなめぐり実行委員会 
022-366-6711 

=========================
■今週のダイジェスト (1月26日~2月1日)
=========================

2013年1月30日水曜日
夢をかなえる第一歩~ドリプラ☆東北魂2013~(後編) (仙台市)
大勢の人が駆け付けた「ドリームプラン・プレゼンテーション☆東北魂2013」。「天然素材でカメムシコロリを作ること」が夢という小学6年生、絵本作家を夢見る小学4年生、「母子家庭でも父子家庭でも、仕事をしながら子育てができる世の中になってほしい」と訴えるシングルファーザー・・・さまざまな「小学生の夢」「大人の夢」が語られました。

2013年1月30日水曜日
子どもたちの学びの心に寄り添って (南三陸町)
南三陸町の「さんさん商店街」ステーショナリーショップ「フレンズ」。南三陸町で40年近く文房具などの販売を続けてきた社長の熊谷和平さんは、震災で不自由な生活をしている子どもたちが楽しく勉強できるように・・・子どもたちの学びの心に寄り添っています。

2013年1月30日水曜日
未来に誇れるまちづくりを 被災地初の防災集団移転促進事業 (岩沼市)
海岸線から3㎞ほど内陸に入った岩沼市の押分地区。もともと田んぼだったこの一角は長方形で縁取られ、外周を工事用の塀が取り囲んでいます。昨年8月上旬に宅地の造成工事が始まったのです。今や地名としては無くなってしまった旧玉浦村に由来する「玉浦」を再生しようという願いを込め玉浦西」地区と命名されまました。

2013年1月30日水曜日
最後の思い出はこの寒さかな?(気仙沼市)
来年3月に統合することが決まっている気仙沼市立浦島小学校。そこに通う子どもたちを、地元で海上タクシーを運航している畠山東治さんが気仙沼湾内のクルーズに招待しました。実は畠山さんも、来年3月の統合と廃校を残念に思っている浦島小学校の卒業生の1人なのです。

2013年1月30日水曜日
復興を担う若い力( 気仙沼市)
暖かく静かで穏やかな日曜日。「平成25年気仙沼市成人式」が挙行されました。会場の気仙沼市市民会館には開式前から新成人が集まって賑やかでした。友達との再会を抱き合って喜んでいる姿や、携帯電話片手に友達を探している様子を眺めていると、私たちもとてもうれしくなりました。
http://kokoropress.blogspot.jp/2013/01/blog-post_2961.html

2013年1月30日水曜日
大島瀬戸のカキ復興へ (気仙沼市)
気仙沼市亀山地区で昭和9年からカキの養殖業を続けているヤマヨ水産。平成22年のチリ地震津波で受けた養殖施設の被害からようやく復旧した矢先の平成23年、東日本大震災が発生して養殖施設、作業場、船、家屋などを全て失いました。現在は家族6人で仮設住宅で暮らしながら、養殖業の再建に取り組んでいます。
http://kokoropress.blogspot.jp/2013/01/blog-post_30.html

2013年2月1日金曜日
「住民の安全と安心のために」(気仙沼市唐桑町)
「自分の安全は自分で守る」。93世帯が入居している気仙沼市唐桑町「福祉の里住宅」では、今年7月、福祉の里住宅の親睦会の役員15人と地元の警察、消防、行政などの関係機関が協力して、福祉の里住宅「防犯・防災・交通安全見回隊」を発足させました。
http://kokoropress.blogspot.jp/2013/02/blog-post_7177.html

2013年2月1日金曜日
仙台を盛り上げる!ドリプラ☆東北魂2013 ゲストパフォーマンス (仙台市)
前編、後編とお届けしたドリプラ東北魂2013。6名の夢のプレゼンテーションの合間には、仙台で活動をするゲストの方々が会場を盛り上げました。ドリプラの舞台を盛り上げたゲストのステージの様子と、「みちのく仙台ORI☆姫隊」のインタビューです。
http://kokoropress.blogspot.jp/2013/02/2013.html

2013年2月1日金曜日
塩竈でのつながり・岩沼でのこれから (塩竈市、岩沼市)
塩竈市で長年写真店を営んでいた大友文雄さん。現在は塩竈市を離れ、岩沼市の自宅を改装して写真店の営業を続けています。カメラを通して塩竈の町や人を見つめてきた大友さんに、震災当時のお話を伺いました。
http://kokoropress.blogspot.jp/2013/02/blog-post_9135.html

2013年2月1日金曜日
研究成果から復興へ(①、②) 東北大学イノベーションフェア開催 (仙台市)
被災地から発信されるシーズ(研究成果)が社会のニーズに見合うことで、復興は加速されます。1月17日に仙台国際センターで、「産学官連携フェア2013winterみやぎ」、「産学官交流大会」、「東北大学イノベーションフェア」が、共同開催され、東北の学術研究機関などの研究成果が幅広く披露されました。
① http://kokoropress.blogspot.jp/2013/02/blog-post_7310.html
② http://kokoropress.blogspot.jp/2013/02/blog-post_7722.html

2013年2月1日金曜日
被災者と地域住民との交流の場(仙台市)
「被災者の方が新しい土地に転居されても孤立することなくこの地域に早くとけ込んでほしい」と民間賃貸の「みなし仮設住宅」に住んでいる被災者と地域住民との交流の場を図っている「ぷらっとほーむ木町」。産直野菜の販売や定期的に教室を開催するようになってから地域に住んでいる多くの方に利用してもらえるようになりました。
http://kokoropress.blogspot.jp/2013/02/blog-post_5726.html


2013年2月1日金曜日
子どもが希望に育つまち南三陸町へ(南三陸町)
「未来を担う子どもたちが学びをあきらめない環境を大切にしたいです」。「南三陸 ホテル観洋」の女将阿部憲子さんは、震災の直後から経営するホテルを2次避難所として提供し運営するなど、南三陸町を見つめてきた1人です。今、子どもたちの学習環境の整備に取り組んでいます。
http://kokoropress.blogspot.jp/2013/02/blog-post_3802.html


==================================

先週は天候不順のために延期となった、田代島での「バンブーデッキ製作ボランティア」。
取材を兼ねて参加してきました。

出航はしたものの海は大しけ。体験したこともない揺れに、皆おののいていました。
でも、島に到着するとお約束の「猫の大歓迎」に、一同にっこり。

田代島は猫の島。こたつで丸くなってなんかいませんね。


気温は3月並みの暖かさで作業は順調に進み、海の幸てんこ盛りの食事も最高。
ところが・・・・・・


活動のてんまつは、また日をあらためて。



(ココロデスク)