header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2013年2月1日金曜日

2013年2月1日金曜日20:29
こんにちは、けいこです。

前編後編とお届けしたドリプラ東北魂2013。
6名の夢のプレゼンテーションの合間には、仙台で活動をするゲストの方々が会場を盛り上げました。
今回は、ドリプラの舞台を盛り上げたゲストのステージの様子と、「みちのく仙台ORI☆姫隊」のインタビューをお届けします。

-----

以前、練習風景をお伝えした六郷すずめっこの皆さん。(記事はこちらから)
今回は、震災時の写真をスクリーンに映し、その前で演舞を披露しました。


黄色の法被と、赤と緑が塗られた扇子が色鮮やかです。

あともう少しで震災から2年。
月日がたっても、あの惨状を目にすると心が痛みます。
これからもきっと、この気持ちが消えることはないのだと思います。




だからこそあのスクリーンを前にした今回のステージは、惨状から立ち上がろうとする六郷地区と、六郷すずめっこの皆さんの力強さが会場にひしひしと伝わってきました。


キレのある踊りと大きなチームフラッグが印象的です。

そして、仙台を拠点に活動している「みちのくYOSAKOI大漁連」。
きれいに揃った動きは迫力があり、メンバーには女性が多いものの男性的で力強くとてもかっこいいパフォーマンスでした。

昨年秋に行われた第15回みちのくYOSAKOIまつり、みちのくYOSAKOIコンテストでは、
「スポンサー賞」を受賞したチームです。

-----

この日、オープニングを飾ったのは「みちのく仙台ORI☆姫隊」。

メンバーは、リーダーのNODOCAさん(13)をはじめサブリーダーのERINAさん(16)とHANNAさん(14)、そしてRINAさん(14)、YUNAさん(13)、ANNEさん(12)、YURIAさん(13)、ERIさん(13)、MARIEさん(11)、SORAさん(11)、KARENさん(10)、MINAMIさん(14)の12人です。

可愛いらしいパフォーマンスを見せた後は休憩中にメンターカードを回収するなどして、夢の舞台を盛り上げていました。


イベント終了後、ロビーでメンターカードの回収を呼び掛けるメンバーたち。
アジアを代表するアイドルになる!
東北を世界へ!!

みちのく仙台ORI☆姫隊

(上段中央:リーダー NODOCAさん)


みちのく仙台ORI☆姫隊は、仙台市、石巻市、塩竈市などの被災地出身のメンバーで構成された復興支援アイドル
イベントでのステージを盛り上げるほか復興市の手伝いや仮設住宅へ訪問をするなど、被災地に元気を与えようと活動をしています。

「トップバッターで緊張したけど、プレゼンターの方の夢を聞いて私たちもこれからどんどん頑張らなきゃと思いました」
と、話してくれたのは名取市出身のリーダー、NODOCAさん。

「まだまだ復興への道は遠いけど、私たちができることがあれば被災された皆さんに勇気と元気を届けていきたいと思っています。これからもメンバーみんなで力を合わせて精一杯頑張っていきます!」
と被災地への思いも語ってくれました。

そんな彼女たちの夢は
「アジアを代表するアイドルになること」。
今年はさらにその夢に向かって頑張る、と真っすぐな目で語る姿がとても印象的でした。




彼女たちの話を聞いていると、なんだかこちらまで自然と笑顔になってきます。
今後もたくさんのイベントでその元気な姿を見ることができそうです。
宮城からの応援を背に、世界に向けてその笑顔と元気をたくさんの人に届けてほしいと思います。

これからの活躍が楽しみです!

※みちのく仙台ORI☆姫隊HP
http://orihimetai.com/

(取材日 平成25年1月5日)