header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2012年12月6日木曜日

2012年12月6日木曜日18:19
こんにちは、さっちんです。

少し前になりますが、先月11月11日に山形市で開催された、“みやぎ・やまがた『地域を超えてチャレンジする女性の交流会』”に参加しました。
その取組みがとても素晴らしかったので、こちらにもご紹介を。

テーマは
「決して忘れない 東日本大震災 私たちができること」
です。

この会はさまざまな分野で頑張っている女性の皆さんを対象に、県や業種の枠を超えた、人脈づくり、ネットワークづくりを応援するために開催されています。
第7回を迎えますが、私は初めて参加しました。


主催者を代表して「みやぎ・やまがた女性交流機構」会長・井上弓子氏があいさつに立ち、次いで来賓からも挨拶が続きました。
宮城県知事の村井嘉浩氏は
「復興の過程に、女性の視点を取り入れていくことが大切です」
と、この会に対する応援ビデオメッセージを寄せました。

第1部は、復興庁復興推進委員会委員の牛尾洋子氏の基調講演。


「東日本大震災は、1900年以降、4番目に大きい地震でした。その状況を調査・審議し、政府に対して提言を行っています。現状としては、瓦礫処理は岩手県で21%、宮城県で28%しか完了しておらず、福島県では警戒区域はほとんど手付かずの状況です。
しかし、復興は始まったばかり。被災地の方々に心を寄せ、政府や復興推進委員会の活動をしっかり見ていてください」

その後、山形県知事の吉村美栄子氏からごあいさつをいただきました。


「山形と宮城は歴史的にも縁がある地域で、事前に結んでいた防災協定も活きました。“支えあう気持ちをなくした時に、人類は滅びる”のではないかと思います。これからも支えあう気持ちを持ち続け、ともに復興の過程を歩んでいきたいと思います。」

第2部はパネルディスカッションが行われ、いろいろな立場の方々からお話しを伺いました。
司会:稲葉雅子氏(株式会社ゆいネット 代表取締役)
パネリスト:
阿部真理子氏(認定NPO法人IVY理事)
海谷美樹氏(NPO法人Yamagata1代表理事)
澁谷文枝氏(農家レストラン「ふみえはらはん」経営)
宮川舞氏(南三陸町産業振興課商工業・観光振興係主査)


これから何ができるか、という投げ掛けに対し

阿部氏:「被災者が自分たちで立ち上がろうとする力が必要です。私たちが立ち上げた“あいびぃ保育園”は、福島から山形に避難している家族の生活を応援するため、2012年9月に山形市にオープンした保育園です。 保育士として働いているのは、避難しているお母さんたち6名。こういう仕組みの中で、自立を手助けしていきたいと思っています。」

海谷氏:「元気になるペースは、1人1人違います。イベントを企画した際に、“今までずっと何かに参加する気持ちにならなかったけど、やっと何かやってみようという気になってね”という言葉をもらいました。少しずつ山形でできることを行っていきたいです。」

澁谷氏:「女性はいざというときの力の出し方が違います。男性はなかなか他人となじめにくいけど、女性はこちらから話しかけにいって、やっと男性陣がついてくるという感じ。でも“みな兄弟”という気持ちで接すれば、なんでもできるものです。」

宮川氏:「行政としてよりも、地域、個人の力強さを感じていいます。地域の課題は現場にしかありません。町の人たちが光を見られるよう、復興を進めていきたいと思っています。」

すべての言葉に、とても共感しました。

第3部はフリーディスカッション。
10班に分かれて、『私たちができること』をそれぞれが考え、意見を出し合って紙に書きました。
初めてお会いするみなさんとは思えないほど、和気あいあいとディスカッションしました。
そして発表。



“決して忘れないで、情報を発信し続ける”
これが私たちの班、共通の想いでした。

また来年、今度は宮城県で開催の予定です。
とても素晴らしい企画です。県という枠を超えて、ともに何かをするというのは、とてもいいことですね。


-------------------------------------------------------------------
第7回 みやぎ・やまがた『地域を超えてチャレンジする女性の交流会』
~決して忘れない 東日本大震災 私たちができること~
主催:みやぎ・やまがた女性交流機構 公益財団法人東北活性化研究センター
後援:宮城県・山形未来創造会議(宮城県・山形県・仙台市・山形市・宮城県商工会議所連合会・山形県商工会議所連合会・社団法人東北経済連合会)
日時:平成24年11月11日(日)午後1時~4時30分
場所:ホテルメトロポリタン山形


(取材日 平成24年11月11日)