header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2012年12月9日日曜日

2012年12月9日日曜日12:53
「!?」

初めは、あれほどの揺れになるとは思ってもみませんでした。
ところが、
緊急避難速報を伝える警報器や携帯電話の音。
いつまでたっても収まらない振動。
「あの時」の記憶がよみがえってきました。

こんにちは、ココロデスクです。

12月7日金曜日午後5時18分。三陸沖を震源とするM7.3の大地震が発生しました。仙台でも震度4。県内では震度5弱を記録した地域もあります。

揺れは東海北陸地方まで広範囲に及び、幸い亡くなった方はなかったものの、9日12時現在、全国で11人の方が重軽傷を負ったと報道されています。
一方、心配だった漁業施設には目立った被害はなかったそうです。

ご記憶の方も多いと思いますが、3.11の2日前にもやや小さな津波があり、養殖いかだなど漁業施設が被害を受けました。
そのまた1年前に発生したチリ地震による津波で三陸沿岸の漁業施設はかなりの被害を受けていて、それがようやく復旧したところを襲った津波。関係者の落胆が報じられました。

そしてその2日後に、東日本大震災が起こったのです。

今回は被害が小さかったとはいえ、発災時の対応は本当に十分だったのでしょうか?
「緊張感に欠ける場面があった」
「道路渋滞で避難がままならなかった」
こんな声が、断片的に聞こえてきます。

忘れられていくことを恐れる以前に、自分たち自身が記憶と教訓を生かし続けなければならないのではないかと痛感しました。

=========================
■イベントガイド
 復興を願い、復興の姿を見ていただけるイベントです。
=========================

日和アートセンターレジデンスプログラム2012 ちばふみ枝展「くすんだベール」
展覧会期間:12月1日~12月24日(休:水・木)
日和アートセンター(石巻市)
0225-24-9780
http://hiyoriartcenter.com/

2012SENDAI光のページェント
12月7日~31日
<点灯式 7日>
せんだいメディアテーク前・緑道(仙台市)
SENDAI光のページェント実行委員会
022-261-6515
http://www.sendaihikape.jp/

毘沙門堂のお歳とり
12月13日
多聞山毘沙門堂 (七ヶ浜町)
葦航寺(いこうじ)
022-357-3614 

島田飴まつり
12月14日
吉岡八幡神社境内(黒川郡大和町吉岡字町裏39)
島田飴まつり実行委員会(くろかわ商工会大和事務所内) 
022-345-3106 
http://shimada-ame.com/

東北歴史博物館 冬の体験教室
12月15日~2013年1月5日
東北歴史博物館(多賀城市)
東北歴史博物館 管理部情報サービス班 
022-368-0106
http://www.thm.pref.miyagi.jp/

ユースフォーラムin宮城
12月15、16日
エスポールみやぎ(仙台市)
050-3736-4272
http://nobi-net.com/

樹氷鑑賞ツアー
12月15日~2013年3月17日
みやぎ蔵王すみかわスノーパークほか(蔵王町)
みやぎ蔵王すみかわスノーパーク(予約専用ダイヤル) 
0224-85-3055 
http://www.zao-sumikawa.jp/

金成ハリストス協会 冬のライトアップ
12月16日~12月30日
金成ハリストス正教会(栗原市)
0228-42-1004 

みんなで歌う第九の会 第26回第九演奏会
12月16日
岩沼市民会館
0223-23-3450 

冬の企画展「斎理の歳迎え」
12月18日~2013年1月27日(月曜休)
丸森町・蔵の郷土館齋理屋敷 
0224-72-6636

シンポジウム「市民主体の震災復興を考える」
 ~わたりグリーンベルトプロジェクトを事例に
12月22日
亘理町中央公民館 2階大ホール
一般社団法人ふらっとーほく
0223-35-7735
info@watari-grb.org
お申し込みは下記から
http://bit.ly/TieHcx

「熱気球フェス」~空から想像する町の未来~
12月22日
亘理町大畑浜野球場付近

マリンパル女川おさかな市場 年末大感謝祭
12月22日~30日
女川町浦宿浜字篠浜山2
マリンパル女川事業協同組合 
0225-54-4714 

第4回 宇宙クリスマス
12月22日、23日
角田市 スペースタワー・コスモハウス
0224-63-5839

七の市
12月23日
七の市商店街(七ヶ浜町生涯学習センター入口)
七の市開催実行委員会(多賀城・七ヶ浜商工会)  
022-365-7830 

八木山動物公園クリスマスイベント
12月24日
八木山動物公園 
022-229-0631

火鈴(こうりん)さま
12月31日~2013年1月1日
瑞巌寺 
022-354-2023 
http://www.zuiganji.or.jp/

除夜の鐘を鳴らす会
12月31日
(当日整理券を配付)
白石城本丸内鐘堂
白石城管理事務所 
0224-24-3030
http://www.shiro-f.jp/shiroishijo/index.html

映画「不思議な石」上映会
2013年1月5日
名取市文化会館大ホール
NPO法人「地球のステージ」事務局
022‐738‐9221
(FAX)022-383-8330
http://e-stageone.org/

=========================
■今週のダイジェスト (12月1日~12月9日)
=========================

2012年12月3日月曜日
石巻のRe:Open 1(石巻市 中瀬)
「ヒーローたちと共に、子どもに笑顔を、街には元気を届け、市街地の活性化に取り組んでいきたい」。石巻市の旧北上川河口近くにある石ノ森萬画館は、高さ5メートルを超える濁流に襲われながら、避難所として約40名の人々を助けました。その後、萬画館のスタッフやボランティアによって再建。2012年11月17日、ついに復活しました!!
http://kokoropress.blogspot.jp/2012/12/reopen-1.html

2012年12月5日水曜日
史都・多賀城の復興に向けて 「みやぎ景観フォーラム」 (多賀城市)
史跡を数多く抱え、史都と呼ばれる多賀城市。震災復興計画の柱の1つとして「歴史・景観・文化を生かしたまちづくり」を抱えています。まちの景観形成への市民の関心を高めてもらおうと、宮城県と多賀城市の共催で「みやぎ景観フォーラム~史都多賀城の復興に向けて~」が開かれました。
http://kokoropress.blogspot.jp/2012/12/blog-post_5.html

2012年12月6日木曜日
古民家が甦ります(石巻市 牡鹿半島大原浜)
大原浜は伊達政宗が鹿狩りに何度も訪れた場所。今なお鹿が多く住んでいる自然豊かな集落です。そこにある古民家を再建して”気軽に人が集まる場所”を作り、牡鹿半島復興の兆しにしようと活動をしているのがOPEN JAPAN(オープンジャパン)の「古民家再生IBUKIプロジェクト」です。事務局の堀越千世さんにお話をお聞きしました。
http://kokoropress.blogspot.jp/2012/12/blog-post_1007.html

2012年12月6日木曜日
みやぎ・やまがた『地域を超えてチャレンジする女性の交流会』(山形市)
11月11日、“みやぎ・やまがた『地域を超えてチャレンジする女性の交流会』”が山形市で開催されました。テーマは「決して忘れない 東日本大震災 私たちができること」。さまざまな分野で頑張っている女性の皆さんが、県や業種の枠を超えてネットワークを広げました。
http://kokoropress.blogspot.jp/2012/12/blog-post_6349.html

2012年12月7日金曜日
「みちびき地蔵」、お堂再建 (気仙沼大島)
東日本大震災の津波で全壊した「みちびき地蔵」の地蔵堂。気仙沼市大島観光協会はこの「みちびき地蔵」を復興のシンボルとして再建しようと昨年9月に絵本を発行し、地蔵堂の再建に向けて全国に資金面などの支援を呼び掛けました。遠く京都の人たちからの応援もあって、去る10月25日に再建・落成。緑の真珠・気仙沼市大島の、新たな観光スポットとして期待されています。
http://kokoropress.blogspot.jp/2012/12/blog-post_4288.html

2012年12月7日金曜日
子どもと農地をつなぐ綿花~東北コットンプロジェクト収穫祭~(仙台市荒浜)
風が冷たく、寒さが厳しかった11月17日。この日仙台市の荒浜で「東北コットンプロジェクト」の綿花収穫祭が行われました。沿岸部の様子を知ってほしいという先生たちの思いから「被災農家弟子入り体験」という授業に取り組んでいる仙台市立南吉成中学校の生徒も参加しました。
http://kokoropress.blogspot.jp/2012/12/blog-post_8317.html

2012年12月7日金曜日
被災地への恩返し ~犬塚恵介さん~(仙台市、石巻市牡鹿半島)
「アーキエイド」という団体で、地域支援インターンとして活動をしている犬塚恵介さん。震災発生当時から仙台に移り住んで復興支援活動に励んでいます。「復興に携わっている人の“前に進んでいこうとする姿”には本当に勇気づけられました。その分、恩返しとして被災地でできることをしていきたいです」と語ってくれました。
http://kokoropress.blogspot.jp/2012/12/blog-post_2790.html

2012年12月8日土曜日
M7.3 避難勧告の夜(石巻市)
12月7日の午後5時18分、三陸沖で発生したM7.3、震度5弱の強い地震。逃げなくてはならないのに渋滞で前に進めない道路状況。石巻在住のChocoの避難体験報告からは、さまざまな課題が浮かび上がってきます。
http://kokoropress.blogspot.jp/2012/12/73.html
The night, M7.3earthquak(英語版)
http://kokoropress.blogspot.jp/2012/12/the-night-m73earthquake.html

2012年12月9日日曜日
石巻のRe:Open 2(石巻市 中瀬)
石ノ森萬画館リ・オープン記念式典の続報です。「シージェッター海斗」をはじめライダーたちが勢ぞろいし、仮面ライダーGIRLSとライダー公式ロックバンド「Rider Chips」のギタリストで音楽プロデューサーの野村義男さんも駆けつけ、4000人の参加者とともに再開を祝いました。
http://kokoropress.blogspot.jp/2012/12/reopen-2.html

===============
■編集後記

12月7日は、「2012SENDAI光のページェント」スタートの日でした。

私は仕事帰りにちょっと通り掛かっただけですが、午後10時の消灯直前でも多くの人々がLEDの飾られたケヤキ並木を見上げていました。

大地震が起こったのはまさに点灯式の最中であったそうです。
「あれほどの揺れをものともせずに、式は粛々と続けられていた」とは、見ていた方のお話。
津波警報も出ようかという時なのに、と少し違和感を感じたそうです。
私も同感です。


震災から1年が経過した今年度のテーマは、「Be Smile !~上を向いて歩こう~」だそうです。
でも同時に、足元にも目を配る必要はないのでしょうか?





(ココロデスク)