header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2012年11月12日月曜日

2012年11月12日月曜日0:24
こんにちは、Chocoです。
私が大好きなこの時期。
寒いのは嫌いだけれど、景色がとてもきれいですよね。
船越の風景

「自ら汗をかく。そうしなければ、人は誰もついて来ない」
そんな言葉をよく聞きます。
その想いを持って、石巻を引っ張っている人がここにもいらっしゃいました。


「(株)松弘堂」の代表取締役 松本俊彦さんです。


実は、もう一つの顔があるのです。
それは、「社団法人 石巻元気復興センター」の会長です。

県外の展示会などに行くと、加工食品を扱っている方だと間違われるそうです。
「印刷会社なんですか!?」
と、震災後はよく驚かれるそうです。

それもそのはず、石巻元気復興センターに集まる多くの企業は、食品を扱ったり、販売に携わっている会社ばかりなのです。
中でも、加工販売は、「石巻街なか復興マルシェ」にも店を設けているので、外部の人たちは、石巻元気復興センター=販売店と思う方がたくさんいるのです。

石巻の被災された企業、約40社の代表が集まり、「共に立ち上がる!!」そんな想いを持ち再建を目指して活動しています。

その目的は、石巻の企業(中小企業・店舗)が復興するために、被災企業相互の情報交換や共有、専門家などからのアドバイスを得て、いろいろな問題を少しでも早く、解決することとされています。

石巻市の全企業の約67%(約1800社)が津波の被害に遭いました。
水産加工品会社は、津波によって建物が流され、沿岸部の事業所のほとんどが水没し、何もかもがゼロからのスタートになりました。

震災前は200社以上あったのが、今では約60社が再建するために活動しています。
現在、その中の20社ほどが再営業することができました。
それでも現実は厳しく、さまざまな問題が企業の元にドッと降りかかってきています。
「石巻元気復興センター」は、さまざまな問題を抱えているけれど、共に手を取り助け合い、信頼し合える「仲間」の集まりなのです。


・「自分たちで立ち上がるのが大切だ」
問題が山積み、これからどうなるのか不安だ・・・
「だからこそ、みんなで協力しよう!!」と、話し合いの場を作った松本さん。
毎月1回、30代から50代の方々が集まり、共通の問題についての解決策、県議会員など外部の人々を招いての話し合いなどをしています。

・今までのライバルが今では仲間に・・・
以前は、ライバル同士だった会社も、現在は一緒に手を取り合って活動をしています。

松本さんは、県外で行われる多くの展示会に、メンバーの人々を連れて行くそうです。
そして、直接お客さんと向き合った販売を行なっています。
「自分が得をすることを考えるな!!」と常に伝えてきた松本さん。
「自分は二の次」そうすれば、みんなで向上できる・・・といつも仲間の皆さんにお話ししているそうです。
それによって、新たな商品が生まれました。
個々でやっていたら、なかなか生まれないアイディアがここで形となって誕生します。


=============================================================================
その1つが「ワカメ用ドレッシング」
「ワカメ専用のタレってないでしょ?!」と笑顔で話す松本さん。
ある展示会でのこと・・・
わかめを販売したい会社が、試食として出したいが、ドレッシングがないことに悩んでいました。
しかし、味噌などの加工食品会社などとさまざまな工夫をして作ってみました。
そうして生まれたのが「わかめ用ドレッシング」。

・・・これ、帰り際に松本さんから頂いたので、さっそく家に帰り、ワカメにかけて食べました。
「何ぼでも食べられる!!!」と、どんどん食べてしまった私・・・。
すごくおいしかったです。

============================================================================


もう一つの支え
震災後、「絆」という言葉が世界中に広まりました。
そして、ここにも仲間と仲間の絆がありました。
松本さんが仲間のために、会社のために、石巻のために一生懸命できている裏には、
家族の支えがありました。
とても忙しい松本さんを支えるのは、家族でした。
「思いやりを持ち、協力して、みんなで頑張る。」
それは、仲間だけでなく、家族にもとっても大切なことだと思います。
 
       「元気復興いしのまき!!」 松本俊彦さん
終始、笑顔を絶やさなかった松本さん。
家族や仲間への思いやりがその笑顔ににじみ出ていました。
「全壊の人々が集まって、未来へ向かって頑張っている。
そして、みんなが100%信用し合っている。」
今日も松本さんは、石巻元気復興センターの仲間、そして石巻の復興のために走り回っています!!

震災を経て、まだまださまざまな問題はあるけれど、新しい形の商売を手を取り合って始めた「石巻元気復興センター」の皆さん。それを支える家族の皆さん。
これからも石巻からおいしい食産物と笑顔を発信していきます!!!

石巻元気復興センター→http://ishinomakinet.com/genki/


取材にご協力していただいた松本さん、ありがとうございました。


(取材日 平成24年10月23日)