header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2012年11月10日土曜日

2012年11月10日土曜日11:39
こんにちは、ココロデスクです。

さわやかに晴れていたはずなのに、ふと外を見やると時雨。
マフラーやコート姿もチラホラ目に入った、そんな1週間でした。
それもそのはず、7日は立冬。
当たり前と言えば当たり前ですが、季節の移ろいは不思議なくらいに正直です。

これからさまざまな場で始まっていく冬支度を、ココロプレスは追っていきたいと思います。

 
============
明日11月11日、「みやぎ復興プレス メルマガ版」の第5号が発行されます。

このメルマガでは、補助金など行政の施策や各地での取り組みなど、復興や生活支援に役立つタイムリーな情報をお届けしています。発行は毎月11日です。

メールアドレスを登録するだけですので、興味のある方はこちらから登録してみてください。

 みやぎ復興プレス メルマガ版 購読申込  ※無料です。
http://www.mag2.com/m/0001553835.htmlhttp://www.mag2.com/m/0001553835.html

=========================
■イベントガイド
 復興を願い、復興の姿を見ていただけるイベントです。
=========================

「石巻市立湊小学校避難所」上映会
11月10日~16日
桜井薬局セントラルホール
022-263-7868
http://www.minatohinanjo.com/

ハナトピア岩沼秋の収穫祭
11月10、11日
岩沼市・ハナトピア岩沼
ハナトピア岩沼
0223-23-4787
http://www.city.iwanuma.miyagi.jp/kakuka/030100/031200/untitled.html

第28回秋の山唄全国大会
11月10、11日
涌谷町勤労福祉センター
涌谷町観光物産協会
0229-43-2119
http://japan.japo-net.or.jp/event/2012/11/10/aki_no_yamauta.shtml

マリンパル女川おさかな市場かき祭り
11月10、11日
マリンパル女川おさかな市場
マリンパル女川事業協同組合
0225-54-4714
http://www.onagawa.org/image/marinpal_201211.jpg 

「おらほの復興市~石巻・女川・東松島」
11月11日
サン・ファン・バウティスタパーク

おらほの復興市実行委員会事務局
080-1664-8364(平日10時〜17時)
http://orahono-fukkoichi.jp/

多賀城・七ヶ浜「大感謝祭」
11月11日
多賀城市役所前駐車場
多賀城・七ヶ浜商工会
022-365-7830
https://www.facebook.com/events/416277845094655/

笑顔満開!キラキラ福興市in 勾当台公園
11月14日
仙台市・勾当台公園ふれあい広場
南三陸福興市実行委員会事務局
090-7077-2550

第11回仙台ゴスペルフェスティバル
11月17日
仙台市・勾当台公園円形広場
ゴスペルフェスティバル実行委員会
022-762-5742(10:00~18:00)
http://gosfes.org/

石ノ森萬画館 オープニングイベント
11月17日
石ノ森萬画館
0225-96-5055
http://www.man-bow.com/manga/

第27回リアス牡蠣まつり唐桑・復興感謝祭
11月18日
気仙沼市・唐桑小学校校庭
リアス牡蠣まつり唐桑実行委員会(唐桑町観光協会内)
0226-32-3029
http://www.karakuwa.com/121118event.htm

山元町ふれあい産業祭
11月23日
山元町役場前広場
山元町産業振興課
0223-37-1119

第27回 利府町浜まつり
11月23日
浜田漁港広場
利府町観光協会
022-356-3678
http://www.rifukankoukyoukai.com/hamamaturi2009.htm

第27回大崎バルーンフェスティバル
11月23~25日
江合川あったか河川公園 ほか
大崎バルーンフェスティバル実行委員会(大崎市岩出山総合支所産業建設課)
0229-72-1215

カッパハーフマラソン
11月25日
登米市・登米総合体育館前広場
カッパマラソン事務局(登米教育事務所)
0220-52-2316
http://www.e-marathon.jp/tome-kappa/

あぶQウォーク
11月25日
丸森町「丸森駅」スタート
阿武隈急行㈱ 営業企画課
024-577-7132
http://www.abukyu.co.jp/about/event/abq-walk.html

南三陸町笑顔満開!キラキラ福興市
11月25日
会場未定
南三陸福興市実行委員会事務局
090-7077-2550

=========================
■今週のダイジェスト (11月3日~11月9日)
=========================

2012年11月5日月曜日
これは何でしょう? 答え合わせ「肌色の3つの山が変身」 (石巻市南境)
先週、作業の様子を4回に分けて連載した謎の小山。その正体は、「東北の子どもたちにたくさん遊んでもらうため、たくさん笑顔になってもらうため・・・」世界中の人たちの想いが詰まったPlayground(遊具)でした。
http://kokoropress.blogspot.jp/2012/11/3_5.html

2012年11月6日火曜日
名取交流センターがコミュニティーを取り戻す試み (仙台市、名取市))
名取交流センターが名取と仙台の両市内10カ所でそれぞれ毎月2回開催している、被災者交流会「お茶っこのみでともだち」。その様子を拝見するために名取市小塚原の小塚原南集会所をおじゃましました。その日はちょうど、芋煮会の日でした。
http://kokoropress.blogspot.jp/2012/11/blog-post_5809.html

2012年11月8日木曜日
夢見る子どもを支える大人たち (仙台市)
夢を描き、その実現に向けて行動を始めている子どもたちと、子どもたちの夢を守ることに力を注ぐ大人が、それぞれが持つ熱い思いを発表する「ドリームプラン・プレゼンテーション☆東北魂2013」(通称:ドリプラ)。来年1月の仙台での開催を前に準備に取り組む 実行委員会定例会にお邪魔ました。
http://kokoropress.blogspot.jp/2012/11/blog-post_8.html

2012年11月8日木曜日
オクトパス君で合格祈願!(南三陸町志津川入谷地区)
「置くと試験にパス」する縁起物として誕生したオクトパス君に、新商品が登場。間伐材や津波被害木を材料にした新しい「オクトパス君」グッズの製作の様子を取材に、「南三陸復興ダコの会」を訪ねました。
http://kokoropress.blogspot.jp/2012/11/blog-post_1175.html

2012年11月8日木曜日
気仙沼のおいしいものが集まりました。その1・その2(気仙沼市本吉町)
同時開催された「第28回気仙沼・本吉地方産業まつり」と「気仙沼市本吉産業まつり 2012」。会場は、たくさんの人の笑顔と再会を喜ぶ声、気仙沼のおいしいものの香りでいっぱいでした。復興への歩みが確実に進んでいることを感じられました。
その1
http://kokoropress.blogspot.jp/2012/11/1_8.html
その2
http://kokoropress.blogspot.jp/2012/11/2_8.html

2012年11月9日金曜日
被災地から届けたい女性たちの声~日本女性会議2012in仙台(仙台市)
震災から1年8カ月がたち、中心市街地を歩く限りその爪痕を感じることが少なくなってきた仙台。10月の終わり、その仙台に全国から約2,000名が集い「日本女性会議2012in仙台」が開催されました。
http://kokoropress.blogspot.jp/2012/11/2012in.html

2012年11月9日金曜日
被災した親子や子どもが休める場所に(登米市登米町寺池地区)
被災した子どもと親子のための復興共生住宅、「手のひらに太陽の家」。国産材を使い、安心安全に暮らすことができる場所、自然エネルギーを取り入れた新しい社会のモデルにしようというコンセプトで建てられ、今年7月に完成しました。
http://kokoropress.blogspot.jp/2012/11/blog-post_7209.html

2012年11月9日金曜日
2度目の冬を前に(南三陸町志津川)
1カ月ぶりに訪れた南三陸町。防災対策庁舎には、祈りを捧げる人が今も絶えません。何も変わっていないように見えますが、片隅に目を凝らすと小さな変化に気付きました。
http://kokoropress.blogspot.jp/2012/11/2_9.html


===============
■編集後記




残り少なくなったジューンベリーの紅葉を撮っておこうと庭に出ました。
シャッターを切ってみたら、レンズが捉えたのは新芽です。
冬は長く厳しいけれども、命はいつも「次」に進もうとしています。

(ココロデスク)