header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2012年10月24日水曜日

2012年10月24日水曜日20:35
気仙沼市の本吉町津谷地区は、川を遡上した津波で大きな被害を受けました。
昨年の夏には、まだ多くの瓦礫が田んぼに残っていました。その田んぼも、たくさんの人の努力のおかげで今年は稲の作付けが行われ、今は刈り取り跡が残っているだけになりました。

こんにちは。kaiiです。

気仙沼市本吉町に伝わる「山田大名行列」(気仙沼市指定民俗文化財)は、3年に1度とり行われる行事です。本来は昨年が行列の年でしたが、東日本大震災のために中止になり、この10月20日、21日に4年ぶりに行われました。
色とりどりの衣装にまわし姿の弓や槍などを持った約100人の列が「勢良生勢(セイヨウオイセ)」の掛け声を勢いよく掛けながら、山田地区内や津谷の街を練り歩きました。

http://youtu.be/xYk1bNRtmWA

江戸時代から、無病息災、五穀豊穣を願って受け継がれたもので、今年は震災復興の願いも込められました。

http://youtu.be/hzdMudRELmI


見物していた人たちから、槍の演技などに大きな歓声と拍手が送られました。

「勢良生勢(セイヨウオイセ)」の掛け声を掛けながら練り歩く行列
きれいに飾られた馬
































                                                       

大名行列が行われるのに合わせて、津谷商店街などで「本吉ふるさと秋まつり」が開かれていました。

秋まつりに来ていた地元の高校の生徒さんは「楽しんでいます、高校の文化祭にもたくさんの人に来てほしい」と笑顔で話していました。





















気仙沼市階上地区から来ていた男性は、11月4日には本吉総合体育館で同時開催される「気仙沼・本吉地方産業まつり」と「気仙沼市本吉産業まつり」に多くの人に来てほしいと話していました。

気仙沼にきてけらいん!

気仙沼の復興をさまざまな形で願う多くの人たちがいます。
津波被害の大きかった階上地区から来たこの男性のように、1人でも多くの人に気仙沼に来てほしいしいと願っている人がいます。

大名行列を見ながら、kaiiの知らない「ふるさと気仙沼」の魅力がまだまだたくさんあることに気がつきました。これって・・・気仙沼の埋蔵資源? 気仙沼の活用できる復興促進のエネルギーではないか? と思いました。


(取材日 平成24年10月21日)