header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2012年10月21日日曜日

2012年10月21日日曜日1:38
こんにちは、ココロデスクです。

昨日は朝から町内会の班の集まりに出席しました。

日頃、町内会のさまざまな役目や仕事はほとんど家人に頼りきりなので、「たまに家にいた時ぐらいは」と顔を出すことにしたのです。

私の住む地域は仙台市の北部にある住宅団地です。
今日の会合で初めて知ったのですが、町内会全体で65歳以上の高齢者人口は4割に迫り、私の家の班だけでも30世帯のうち7世帯が、高齢者だけの世帯だそうです。実際、出席した20人ほどの方々のほとんどは私(53歳)よりもお歳を召しているようでした。

会合では、日頃それぞれが気になっていることを述べ合いました。公園の草むしりや花壇の整備のこと、ゴミ集積所の清掃当番のこと、学区の運動会・・・・・・

中でも大きな話題は、災害時の体制のことでした。東日本大震災の前から役割や手順はそれなりに取り決めてあったものの、実際に事が起こった時には皆が町内にいたわけでもないので、せっかく決めていたことがあまり遂行できなかったという反省の声が上がりました。

19歳から64歳までの「生産年齢」は辛うじて5割。万が一の時に町内にはいない可能性の高いこの層を当てにするのか。
それとも、これからますます割合の高くなる高齢者を主役として計画を練り直すべきなのか。

考えさせられることの多い一日でした。



=========================
■イベントガイド
 復興を願い、復興の姿を見ていただけるイベントです。
=========================

手づくり市nomaki
10月21日
石巻まちなか復興マルシェ
http://matinakamarche.blog.fc2.com/

第23回 いしのまき大漁まつり
10月21日
サン・ファンパーク
http://www.d-matsuri.jp/easyblog/index.rhtml?blg_oid=100210

日本女性会議2012仙台
10月27、28、29日
仙台国際センター
http://joseikaigi2012sendai.jp/

縄文村まつり
10月28日
奥松島縄文村歴史資料館
TEL:0225-88-3927 FAX:0225-88-3928
http://www.satohama-jomon.jp/event/info10/2012fest.html

第十九回「壺の碑」全国俳句大会
10月28日
多賀城市文化センター
(問)022-368-1141
  info@tagakan.jp





=========================
■今週のダイジェスト (10月5日~10月19日)
=========================

2012年10月6日土曜日
石巻NEW市民 1 (石巻市)
Chocoの新シリーズ「石巻NEW市民」。その名の通り、石巻に移住した方々をご紹介します。生まれも育ちも違うのに、この震災後に石巻へ来て、いつの間にか住民票まで移してしまった・・・そんな方々をご紹介するシリーズ第1回は、天野 秀栄さん。静岡市の真言宗寺院、秋葉山榮松院の出身で、今年の4月からは石巻市大街道で新しいお寺を始めています。

2012年10月9日火曜日
橋本ママが世界に飛び出す日 (石巻市)
People around the world will know Hashimoto mama!!!(Ishinomaki)
以前紹介した橋本信子さん(以下:橋本ママ)は、世界中から集まるボランティアにいつもおいしいご飯を提供してくれる「石巻の母」「日本の母」なのです。そんな橋本ママが世界に飛び出すことになりました!!! 橋本ママの料理本が日本に止まらず、世界に出版されます。
http://kokoropress.blogspot.jp/2012/10/people-around-world-will-know-hashimoto.html

2012年10月10日水曜日
大震災五七五の句集『負げねっちゃ』(名取市)
東日本大震災について詠まれた句集「負げねっちゃ」について、制作・編集をされた「方言を語り残そう会」のみなさまにお話を伺いに名取へ向かいました。名取の方言を後世に伝えたいという思いに加え、この震災の記憶も残していきたいという2つの思いで作られたこの句集には、被災された方々が体験を寄せた句や、「方言を語り残そう会」の方がボランティアで仮設住宅で生活をされている方々に伺った話を元にまとめた句が掲載されています。
http://kokoropress.blogspot.jp/2012/10/blog-post_10.html

2012年10月11日木曜日
東北のB級グルメが石巻に大集合!!! (石巻市)
石巻駅広場と街なかマルシェで行われた「東北元気フェスティバル」。中心となった催しの1つが「B-1グランプリ」。全国のB級グルメを集めた祭典のミニバージョンです。「被災地を元気にしたい・・・」という想いで、東北のB級グルメの団体が石巻に集まりました。ご当地B級グルメのマスコットたちも一緒です。
http://kokoropress.blogspot.jp/2012/10/blog-post_11.html

2012年10月12日金曜日
石ノ森萬画館 再開カウントダウン  「シージェッタ― 海斗が石巻にやってきた!!」 (石巻市中瀬)
みんなのヒーロー「シージェッタ―海斗」。仮面ライダーの父、石ノ森章太郎の未発表キャラクターを、石ノ森萬画館を運営する「(株)街づくりまんぼう」が石ノ森プロダクション監修の元、スーツが完成。「東北元気フェスティバルin石巻」に登場!!! 今回も海と自然の破壊を企む悪の軍団ヒメラニアン帝国の怪人たちと戦いました。
http://kokoropress.blogspot.jp/2012/10/blog-post_12.html

2012年10月13日土曜日
いのちの最後のよりどころ  (仙台市)
年間の自殺者が1998年から連続して3万人を超えています。これは異常な事態です。ゆがんだ社会構造が遠因なのでしょうか? 現代人の心が風の中のともしびのように大きく揺れていることだけは確かです。自殺を考える人、自殺をしようと思う人の最後のよりどころとして「いのちの電話」があります。社会福祉法人仙台いのちの電話を訪ねました。
http://kokoropress.blogspot.jp/2012/10/blog-post_13.html

2012年10月16日火曜日
東北ろっけんパーク・TRY6チャレンジショップ(仙台市青葉区)
仙台市青葉区、クリスロード商店街にある「東北ろっけんパーク」。仙台市中心部商店街の振興と東北の観光や産業の復興をバックアップすることを目的とし、今年の5月にオープンしました。その2階にある「TRY6(トライシックス) チャレンジショップ」と、「TRY6 チャレンジボックス」。その名の通り、6店舗のショップが営業中。約1坪と小さなお店のディスプレイには、出店者の工夫と個性が見られます。

2012年10月16日火曜日
その時自分を・・・家族をどう守るのか(三重県伊賀市)
kaiiは先日、三重県伊賀市で開かれた東日本大震災についての報告会に招かれ、被災地の女性としてして震災時の体験を伝えて来ました。来場者からは「災害は自分たちのところでもいつ起こってもおかしくないことだとあらためて感じました。これから、自分に必要なものをもう一度、家に帰って考え防災用品を見直します」という声も上がりました。
http://kokoropress.blogspot.jp/2012/10/blog-post_4487.html

2012年10月16日火曜日
第10回 米川手づくり文化祭 前夜祭(登米市東和町米川地区)
10月20日~21日の2日間、登米市東和町米川地区で「第10回米川手づくり文化祭」が開催されます。20日の前夜祭では、ロンドンオリンピック・フェンシング日本代表の千田健太選手、淡路卓選手、菅原千恵子選手が、小中学生とトークショーを行います。このトークショーをお膳立てした米川地区振興会の及川浩会長にお話をお伺いしました。

2012年10月16日火曜日
9カ月ぶりの金華山 (石巻市 鮎川)
お天気に恵まれた先の3連休。ココロデスクは金華山で観光復興ボランティアに参加しました。年末年始の初詣客支援ボランティアから9カ月。金華山の現状と、観光復興のための支援活動について報告します。

2012年10月17日水曜日
船神輿で海上安全と復興祈願(気仙沼市唐桑町宿浦地区)
10月7日、気仙沼市唐桑町宿浦に鎮座する早馬神社(梶原忠利宮司)で例祭神幸祭神輿渡御が行われました。宿打囃子獅子舞保存会の奉納太鼓が響く中、神輿は担ぎ手の「せいや、せいや」の掛け声とともに神社を出発し町内の仮設住宅などを回った後、御崎沖まで渡御して海上安全と豊漁を祈りました。
http://kokoropress.blogspot.jp/2012/10/blog-post_9457.html

2012年10月17日水曜日
震災から1年7カ月の南三陸町志津川 (南三陸町志津川)
kaiiとコタローです。ココロデスクと南三陸町に来ました。丘の上から南三陸町志津川の町を望んでみると様子が変わっていることに気が付きます。今年の春先までは、津波に巻き込まれて使えなくなった車が高く積まれていましたが、今ではその数も減り、残されていた大きな建物の撤去も進んで、空き地が増えていました。
http://kokoropress.blogspot.jp/2012/10/17.html

2012年10月17日水曜日
みんなで子ども秋まつり (東松島市)
10月14日、東松島市コミュニティーセンター前で行われた「みんなで子ども秋まつり2012」。子どもの元気のおかげで、天候は晴れ!!! 豪華3本立てで紹介します。
http://kokoropress.blogspot.jp/2012/10/3.html


2012年10月18日木曜日
マンガの街「石巻」で『009 RE:CYBORG』ワールドプレミア試写会 -前編- (石巻市)
今月27日の公開を前に、映画『009 RE:CYBORG』ワールドプレミア試写会へ伺いました。石巻に縁のある石ノ森章太郎さんの未完の傑作「サイボーグ009」が、世界中にファンを持つ神山健治監督の手によって現代によみがえります。
http://kokoropress.blogspot.jp/2012/10/009-recyborg.html

2012年10月19日金曜日
被災農地で白菜の種を収穫~明成高等学校 (仙台市、塩竈市)
津波の被害が大きかった塩竈市の浦戸諸島は、菜の花畑が辺り一面に広がる島でしたが、津波によってこの菜の花畑もすべて流されてしまいました。実はここは、伝統ある白菜の種の産地。仙台市にある明成高等学校調理科の皆さんが、被災された浦戸諸島で白菜の種の復活に取り組んでいます。
http://kokoropress.blogspot.jp/2012/10/blog-post_19.html


===============
■編集後記

ココロプレスの立ち上げから一緒に取り組んできたnew-Tさんが、10月11日に急逝しました。享年59歳でした。
new-Tこと石川裕人さんは、長年この宮城で演劇活動に取り組み、演劇以外にも広くさまざまな分野に影響を与えてきた方でした。大震災の後も、演劇活動を通じて復興に精力的に取り組み続けていました。
ココロプレスに参加してくださったことも、そうした情熱の一環であったと思います。

=====
「new-T」というペンネームは、石川さんのあだ名「ニュートン」から付けたとおっしゃっていました。
葬儀には全国各地からさまざまな分野の方々が引力に身を委ねるようにたくさん参列しました。
斎場からの帰り道、柿の実が色づいているのを見かけました。
「柿、りんご、ニュートン、万有引力・・・」と他愛もない連想をめぐらせてしまいました。

巨柿落ちて秋天に知るニュートンの無辺におよぶ万有引力



new-T・石川裕人さんのご冥福をお祈りします。



=====
new-Tさんがこれまでに書いた記事は、画面右側のメニューにある「new-T」のリンクからたどってご覧いただけます。


new-Tさんの最初の記事。ココロプレスとしても、第1号の記事です。

2011年11月10日木曜日
まずは、ご挨拶。(名取市閖上)
http://kokoropress.blogspot.jp/2011/11/blog-post_5893.html


70本目、最後の仕事です。
2012年10月13日土曜日
いのちの最後のよりどころ  (仙台市)
http://kokoropress.blogspot.jp/2012/10/blog-post_13.html


=====
石川裕人さんの個人ブログをご紹介します。
石川裕人劇作日記・時々好調
http://gekisaku.oct-pass.com/


=====
先週は「週刊ココロプレス」を無断休刊してしまいました。
さまざまなことを立て直し再出発しますので、どうぞお許しください。



(ココロデスク)