header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2012年10月18日木曜日

2012年10月18日木曜日12:01
こんにちは。けいこです。

Chocoさんからバトンを受けて、映画『009 RE:CYBORG』ワールドプレミア試写会へ伺いました。
今月27日の公開を楽しみに待っている方も多いのではないでしょうか。
石巻に縁のある石ノ森章太郎さんの未完の傑作「サイボーグ009」が、世界中にファンを持つ神山健治監督の手によって現代によみがえります。

今回は前編と後編の2回に分け、前編では石ノ森萬画館を視察・訪問した神山健治監督の様子を、後編では“初上映はぜひ石巻で”と神山監督が強く要望し、待ちに待ったファンで大入りとなったワールドプレミアの様子をお伝えします。

マンガの街「石巻」が熱い1日となりました!

=====

10月13日、土曜日。
気持ちのいい“晴れの日”となった石巻。

ワールドプレミアに先立ち、『009 RE:CYBORG』の神山健治監督が11月17日に再開予定の石ノ森萬画館の視察に訪れました。
今回の訪問は、「サイボーグ009」の原作者でもある石ノ森章太郎さんへの“完成報告”の意味合いも込められています。まだまだ補修工事が続く石ノ森萬画館のスタッフの方から被災時の様子や修復状況を聞き、1つ1つの展示にじっくりと見入る監督の姿が印象的でした。

『009 RE:CYBORG』監督・脚本を手がけられた神山健治監督。

萬画館スタッフの方から被災の状況を聞く神山監督。

左上にある折り曲げられた鉄筋のようなもの。
この影の形がなんと…。
萬画館は至るところに隠し展示があります。

宇宙船を模した館内にたくさんの石ノ森作品が展示されています。








建物の外では着々と工事が進められていました。
川に沈んだ遊歩道は依然としてそのままです。


津波で浸水した1階部分。
館内の内装は震災前と変わりません。



















再開を目前にした石ノ森萬画館。

以前の姿に戻り、たくさんの方を招く準備が着々と整っています。
館内にはサイボーグ009以外にも、石ノ森章太郎さんが書かれた名作にちなんだ展示が震災前と変わらず展示されています。
石ノ森章太郎さんの作品をリアルタイムで楽しんだ方から親御さんの影響を受けたお子さんまで、幅広い年代が楽しめる内容です。

マンガの街「石巻」にある石ノ森萬画館の再開は、石巻の復興の大きな節目といえます。
そんな中で、石巻に縁のある石ノ森章太郎さん原作の「サイボーグ 009」を現代によみがえらせる『009 RE:CYBORG』の公開。
「このタイミングでの公開は“運命”だったのかな」と神山監督はおっしゃっていました。

神山監督が石巻を訪れるのは昨年の6月以来今回が2度目。
前回訪れた時には萬画館の周りにはがれきが残り、建物内に入ることができませんでした。

「(石巻は)時間が止まっているような感じがしますね。まだまだ復興はこれからだな、という印象です」

「009 RE:CYBORG」の企画は震災以前から進められていました。しかし震災を受け、「アニメを作っていること自体どうなんだろう」と悩んだと神山監督は言います。
また、前作「攻殻機動隊 S.A.C. SOLID STATE SOCIETY 3D 」を震災後に仙台で上映した際にも、たくさんの不安があったそうです。

「震災の大変な時期にアニメを上映すること自体どういうことなのか、わざわざ皆さんが映画館に足を運んでくれるのだろうかと心配になりました。
でも、皆さんからいただいたのは“震災直後の大変な最中、映画を持ってきてくれてありがとう”という声。これには逆に元気をもらいました。
『009 RE:CYBORG』が完成したら、真っ先に石巻の方に見てもらいたい。ぜひワールドプレミアを石巻で行いたいと思いました」
石巻に対して特別な思いを持っていることを、とても嬉しく感じました。


この萬画館のある中瀬はその昔造船所が数多くあり、石巻の水産業の発展を支えてきました。
石巻の原点とも言える場所です。
時代は変わり、今は震災復興の象徴として、また、マンガの街の歴史を新しく作り上げる場として、生まれ変わるこれからの石巻を支えます。

ちなみに石ノ森章太郎さんがこの中瀬に名付けた愛称をご存知ですか?
中瀬の形がニューヨークの「マンハッタン島」に似ていることから「マンガッタン」という愛称があるんですよ。
石巻についての知識が1つ増えたところで、ぜひ来月の再開後には石ノ森萬画館に足を運んでいただきたいと思います。


また、中瀬にたくさんの人が訪れそうですね。
来月の再開が楽しみです。


後編では神山監督へのインタビューの様子と、ワールドプレミアの様子をお届けします。
監督から石巻に対する思いをお聞きし、ココロプレスをご覧の皆さまへのコメントもいただいてきました。
お楽しみに!


(取材日 平成24年10月13日)