header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2012年9月26日水曜日

2012年9月26日水曜日17:36
こんにちは、Chocoです。
9月16日のハシゴ取材の終点は、石巻市牧山市民の森キャンプ場。

「今日は交通手段は100%自転車!!!」
そんな私の決意を歪ませたのが、この景色。


当日は牧山の麓から送迎車が出ていたのですが、私はそれを使わず、頂上にある会場まで自転車で向かいました。坂続きだったので、もちろん自転車は引いて歩きましたが・・・

30分歩いてたどり着いたのがこちら。

メイン会場の入り口

「第2回 心の音楽祭」。

今回のテーマは「繋がり」です。

音楽が大好きな地元の方々が、音楽を通して伝える繋がりの大切さ。

震災により、人と人との繋がりが大事だと気付きました。日が経つにつれ、それが薄れてしまわないように音楽を通して交流の場を作り、また音楽好きな石巻の人たちが音楽イベントを企画・運営することを通じ地元の人はもちろん、石巻に目を向けてくれた人たちと、これからも繋がり続けていき、音楽祭を開催していく」のが開催目的です。 

音楽祭は今年で2度目。
去年は、被災した石巻の人々を「音楽の力で元気に」なってもらおうと企画した音楽祭。
今年はこれに加え、「これからの石巻の未来に自分たちの手で貢献できる基盤を作り、経済効果を生み出す」復興への新たな一歩を踏み出した「心の音楽祭」

*太字の箇所は心の音楽祭ホームページ参照http://kokoronoongakusai.com/%E9%96%8B%E5%82%AC%E6%A6%82%E8%A6%81/

森音ステージ


風音ステージ









2日間で18組のアーティストが、「森音(もりね)」と「風音(かざね)」の2つのステージで音楽を響かせました。

2つのステージのほかにDJブースがあり、こちらには約6組のDJの皆さんが参加!!





出店数は飲食・物販合わせて、17店!! 地元からもたくさん出店されました。






来場していた方々に、「心の音楽祭」へのメッセージをいただきました。


「アメリカから来ました。
メッチャ楽しんでます!Thank you!」 Keigoくん
会場設営からボランティアでお手伝いをしに来ていた、けいごさん。
当日もボランティア活動をしながら、音楽を楽しんでいました。

「今回で二度目のフェス!!
10年後のフェスが楽しみだ」 がっしーさん
ボランティア仲間のがっしーさんも音楽祭に駆けつけていました!!

「楽しいフェス ありがとう」 れいなさん
ファミリー仲間で一緒に音楽を楽しんでいらっしゃいました。
実は、だんな様が出演されていました。
とっても素敵な笑顔をありがとうございます。


「第二回心の音楽祭」が終了しました。


ボランティアの方々も、お客さんも、アーティストの方々も一緒になって音楽を楽しんでいました。

そして、心も「音楽と大自然のおかげで癒された」と思われた方も多いと思います。

石巻のイベント「心の音楽祭」

来年もぜひ、石巻の人も、県外の人も・・・石巻の牧山市民の森に来て一緒に音楽を楽しみましょう!!!


帰り道、親切なスタッフさんが「暗いし、危ないから・・・・ついてきて」と送迎車をゆっくり発進してくれました。その後ろに付いて無事下山することができました。
真っ暗な中での自転車はいくらライトがあっても危なかったです。
「次回はキャンプ場に泊まって一日中楽しもう」と帰宅中に思いました。


今回も素敵な笑顔と素敵なメッセージをいただきました。ありがとうございました。


(取材日 平成24年9月16日)