header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2012年8月12日日曜日

2012年8月12日日曜日14:43

「小原木たこちゃん」のふるさと
気仙沼市小原木地区の盆踊りが
8月14日夕方から気仙沼市唐桑町大沢地区で開かれると聞いて
お話を聞きに来たコタローとkaiiです。


盆踊りに準備をする大沢地区のみなさん


準備をしているところにお邪魔して
今年の盆踊りについてお話を聞きました。

今年の盆踊りのテーマは
「再会」。
地域を離れて行った人たちが、
またこの地域で再会し、
震災前のように楽しい時間を共有しようというコンセプト。


鎮魂の祈りを込めて灯される灯篭


「手の紙で作った花を着けて踊るんです」
その準備をしていますと
仮設のおかあさんのような存在の伊藤さんが話してくれました。



「毎朝・・・仮設住宅の談話室でラジオ体操をしているので、
そのラジオ体操の中で氷川きよしさんが踊っている「ズンドコ節」をみんなで踊るんです」

準備に来ていたおばあちゃんたちが
「前の人が踊るの見ながら踊るの~
わからなくならないから~」と笑顔で教えてくれました。





「さて~何着て行こうかな? 浴衣かな? 服?」
準備中のおばあちゃんたちが大笑いを始めました。

「あら・・・いいこと」
「そういえば・・・津波に流されて浴衣ないんだったね~」
「忘れてたんでも・・・ボケたんでもないからね~」

とても明るく大笑いしていました。

kaiiとコタローには何もお手伝いはできませんが・・・

空の神様に
「地域のみなさんが「再会」できるように」お願いします。

そして・・・再会のために
テルテル坊主を作りました。




この時期、多くの人が気仙沼に帰省します。
その人たちが・・・
たくさんの笑顔に再会できますように・・・

そして気仙沼の青い海に出会えますように・・・
そんな願いを込めました。

(取材日 平成24年8月3日)