header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2012年7月17日火曜日

2012年7月17日火曜日11:00
こんにちは、Chocoです。
夏になると、花火が夜空を明るくします。
花火会場の近くで育った私は、
毎年、夏の花火を見て、
夏を感じ、
思い出に耽っていました。



LIGHT UP NIPPON


「東北を 日本を 花火で 元気に」
今年もやります。

8月11日
追悼と復興の意を込めて・・・

花火大会が東北の太平洋沿岸、北は山田町、南はいわき市で一斉開催されます。

そこで、皆さんに・・・


募金のお願い

被災地にひとつでも多くの花火を届ける為に・・・
1口 1000円から
詳しくはHPをご覧ください。
http://lightupnippon.jp/

2011年、多くのお祭りや花火大会が
”自粛”という形で、被災者の方々を見守りました。

しかし、今こそ、花火を揚げるべきだと考えた一人の男性がいました
彼は何度も被災地に何度も何度も足を運びました。
最初は、「不謹慎だ」「まだ早い」と言っていた方々も
彼の想いに賛同して、たくさんの人の協力でできたのが
「LIGHT UP NIPPON」です。
成し遂げるまで、様々な困難がありました。
それを成功させたのはきっと彼の強い「想い」なのだと思います。

去年の今頃は、私はレストランで働いていました。
そして、このイベントを耳にしました。
そのときは、「素敵なイベントだなー」としか思いませんでした。
今、彼の想い、被災者の方々の想いをしり、
「LIGHT UP NIPPON」はたくさんの人の手で花火が揚げられます。


「再び明日へと歩みはじめるきっかけをつくりたい」
これが、
イベントの原点です。

2012年8月11日

14箇所の被災地で花火が同時に揚げられます。

(投稿日2012年7月17日)



::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::English::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



Hello, I'm Choco.
In summer, Fireworks light up the night sky/
Fireworks were shot off close to where I grew up.
Every year when I watched the fireworks, I felt summer had begun it made me nostalgic.
LIGHT UP NIPPON
"Encourage Tohoku and Japan Through Fireworks"
We will do it this summer as well!!!
On August 11th
We collect our thoughts in remembrance of the deceased and acknowledge Ishinomaki 's reconstruction.

The fireworks will be held on the Pacific coast.
There will be a display of fireworks from Yamada's coast(North Iwate) to Iwaki's(South Fukushima) seaside that evening.



Therefore, everyone....
I have a favor to ask of you:
 Fundraising
To provide as many fireworks as possible to the disaster stricken areasWe ask that you purchase shares which will help pay for the fireworks.Each share costs you 1000yen For more details, please check the link below.


Last year there was no festivals held as a measure of self-control
However, there was a man who thought that the festival should go on. 

He returned many times to the disaster area.
People who had originally said that its was "too soon" or "was impudent,"
have changed their minds and now many more people support the "LIHGT UP NIPPON"festival.
There have been various problems setting up the festival,
The strength of the man's feelings have made it possible I think.  

Around this time last year, I was working in a restaurant. 
while working, I heard about the festival.
At the time, I thought "what a nice event"
Now, after knowing the feelings of the man and people affected by the disaster,
as well as the people behind the festival, it means much more to me.

"I want to create an opportunity to start walking again tomorrow"
This is...
the origin of the event.
This year on August 11th, in 14 locations affected by the disaster, they will set off fireworks at the same time.
Thank you for helping me Megumi and Dom