header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2012年7月14日土曜日

2012年7月14日土曜日9:55
おはようございます。kaiiです。
毎日暑い日が続いています。
熱中症に注意しましょう。


                                                         

昨年3月11日に東日本大震災が起こり
私たちの生活は一変しました。

大きなため息を聞かない日がありません。
壊れてしまったふるさとの復興を考えない日がありません。

これから私たちのふるさとが・・・
まちがどんなまちなら住みやすいのか?

「地域包括ケアのまちつくり」

一緒に考えるためのフォーラムが下記の日程で山元町で開催されます。



日時:2012722日(日)

        13:3016:5012:30受付)

場所:山元町中央公民館 大ホール

対象:山元町住民、行政、医療・保健・福祉サービス提供者 など 300



(開催趣旨)

住民が求め、国も進めようとしている、住み慣れた地域で安心して暮らせる町で、最後まで自宅で自分らしく暮らせる仕組みなどのある町にしていくことである。それは、いきがい、ふれあいも含めた「地域包括ケアの町」である。その町づくりを実現するために、行政や医療機関、福祉事業者などサービスを提供する側の現状はどうか。また、今後、復興に向けてどう取り組みを進めていくのか?行政が復興計画を進めていくうえで、住民と行政、サービス提供者が方向性と現状を確認し、地域包括ケアの町づくりを目指し、それぞれが何をしていけばよいのかを考え、今後の動きにつなげていくことを目的にフォーラムを開催する。

http://www.sawayakazaidan.or.jp/forum/120722_yamamoto.html


                                                          

「地域包括ケアのまち」
自分が自宅で自分らしく暮らせる仕組みのあるまち。どんなまちなのか?
一緒に学んでみませんか?
多くの方のご来場をお待ちしています。


                                                          

熊本県・大分県の大雨被災地が心配な毎日です。
被害が拡大しないことを遠く宮城県気仙沼の地よりお祈りしています。
被災されたみなさまに心からお見舞いを申し上げます。
感染症・熱中症にもご注意ください。

(取材日:平成24年7月13日)