header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2012年7月25日水曜日

2012年7月25日水曜日20:25
ふるさと気仙沼の大好きなkaiiです。
これからの気仙沼の復興がとても気になります。

7月22日、気仙沼市の創造的復興について考えるフォーラムが
午前8時30分から気仙沼市立気仙沼小学校で開催されました。



「経済界トップの知見を“”に、気仙沼市の未来を考えよう」という目的で招いた
東北学院大大学院の大滝精一教授らの問題提起の後、
130人が10の分科会に別れて、
現状の評価や産業発展の方向など議論を深めました。


分科会では、
  今の気仙沼に何が必要なのか?
  人口の減少をどう止めるか?
  産業への付加価値のつけ方は?
など、市内外の人が意見を自分の立場や考えで意見を述べていました。

40代の気仙沼市在住の男性は、
地域の中に若い人がうまく参加していないこと
地域に女性たちが愛着をなかなか持てないことなどを話しました。

地域の中に若い人たちが良い形で参加できることが
ふるさとを愛せる「人」づくりに繋がるのかな? と考えました。

つい言ってしまいがちな
「気仙沼は何もないし、陸の孤島だからな~」
という愚痴。

それでも気仙沼には、魚のおいしさ・人の繋がり・自然の豊かさがある。
気仙沼市の中にいるとつい当たり前のことになっているその豊かさに、
外から来ている人がたいへんな魅力を感じていることを、あらためて認識しました。

これらが気仙沼の復興のための資源であることも・・・

「鏡」に映し出されたことは、
コミュニケーションの持ち方の重要性のように思います。

気仙沼が抱えている問題のすべてが、
日本が抱えている問題に繋がる。

人口の減少・高齢化・少子化・生産力の低下・マンパワー不足

潜在化していた地域の中の問題が、
東日本大震災によって顕在化しました。

課題解決の実現までのプロセスをみんなで考えること。
市民一人ひとりが復興のまちづくりに関わること。
受動的環境から能動的環境へ。



市外から参加して下さった人たちが集約した、
「気仙沼市の市民の声」が、
復興のまちづくりに必要だと確認しました。

地域の強みを地域が連携して活かすこと。
子ども・女性・若者などすべての世代と階層による問題の共有こそが基点だ、と学んで帰りました。

気仙沼市の復興が未来に繋がる復興であること。
それを創るのも市民なのだと思います。

(取材日 平成24年7月22日)