header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2012年7月9日月曜日

2012年7月9日月曜日12:37
こんにちは、Chocoです。

ニュースでご存知の通り、
先週、「世界防災閣僚会議in東北」が仙台市で開かれました。そこには欧米やアジア、アフリカなど77カ国、国際機関から合わせて300人以上が参加しました。



世界防災閣僚会議in東北 >


7月3日(火曜日)
14時30分~15時00分 開会式(仙台国際センター)
15時00分~18時00分 全体会合(仙台国際センター)
  <共通テーマ>東日本大震災及び最近の大規模
 自然災害の経験の共有
  <テーマ1>強靱な社会の構築に向けて
  <テーマ2>防災の主流化のために求められることとは
――――――――――――――――――
7月4日(水曜日)
11時00分~13時00分 分科会
・一関(ベリーノホテル一関)
  <テーマ>やがて来るその日のために-予防,減災-
・石巻(石巻グランドホテル)
  <テーマ>その日からの行動-緊急対応,復旧・復興-
・福島(福島ビューホテル)
  <テーマ>新たなるリスク増加への対応-気候変動,都市化など-

15時45分~17時15分 全体会合
  <テーマ3>防災の新たな国際的行動枠組に求められることとは



 2日目の7月4日、この日は一関、福島、石巻の3カ所に分かれて会議が行われました。

石巻では、会議の前に出席者たちが石巻市街中心部をバスで視察しました。


そして、
その案内を務めたのが私たちボランティアの代表3名。



バスのルートは蛇田にあるイオンショッピングセンターから始まり、
牧山トンネルを通り、女川に向かい、牡蠣の養殖について地元のから説明を受け、
再び市街へ向かい、水産物加工団地を通り、日和大橋、門脇小学校付近を通り駅へ。





今回のガイドを務めた一人に感想を聞いてみました。

「ガイドとして出席者に直接語り掛ける機会を持てたことによって
良い面だけではなく、改善したい点など被災地で抱えているさまざまな問題を、
その原因も含めて伝えることができて、嬉しかった。

彼らは石巻で復興活動をするのではなく、
自分たちの国へ戻り、それぞれの地域で防災の強化に取り組む人だ。
そんな人々に被災地の本当の現状を伝えることができたのは、とても良いことだ」

と、語るのは、私の団体の代表 ジェイミー・エルバンナ。

今では、世界各地からたくさんの人々がボランティアをしにここへ来るのですが、
去年の今頃は違いました。

彼は去年の6月にたった一人でここ石巻へ来て、ボランティアを立ち上げました。
彼の行動に賛同して少しずつ人が集まり、今に至ります。

環境が変わっても変わらないのは彼の正義感の強さ。
「ダメなものはダメ!!」
どんな人の前でも言える強さを持っています。

そんな彼だからこそ
今回も世界各地の人々に多くのことを伝えることができたのだと思います。

世界防災閣僚会議の出席された方々も石巻や他の被災地を視察し、
被災者の話や現状を聞けたことで、
テレビなどで流れている情報以上のものを知ることができたと思います。

彼らのように、実際に来て見ることも
被災を知らない人にとってはとても深い意味があると思いました。

バスを降りるとき、出席者の方がジェイミーに
「ありがとう。被災の現状をよく知ることができた・・・」
と言ってくれたそうです。



今回の被災で家を無くされた方、親族や友人を亡くされた方が
私の周りにもたくさんいらっしゃいます。

彼らは今、日本中の人々や世界中の人々に色々な形で津波の経験を伝えていらっしゃいます。

ある方は、ボランティアをして、
またある方は、現状をフィルムに納めて、
またある方は、来る人来る人に語り、
またある方は、再び漁に出る。

それを見る私たちも、少しだけれどその痛みを共有できる。


あらためて、「伝える」ということは、とても大切なことなのだと思いました。

(取材日 平成24年7月7日)



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::English:::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 

"the World Ministerial Conference on Disaster Reduction in Tohoku"

Hi, I'm Choco!!


As you may have heard in the news, last week the World Ministerial Conference on Disaster Reduction in Tohoku took place in Sendai. Over 300 people attended from international institutions based in 77 countries across the world. 


On the the second day of the conference (July 4th), meetings were held in three separate places: Ichinoseki, Fukushima and Ishinomaki. Before the meeting in Ishinomaki, the attendees surveyed the town centre by bus.



We were the three representatives of the volunteers 
who led the tour.


The bus route started at the Aeon shopping centre in Hebita, passed though the Magiyama tunnel and  headed towards Onagawa, where we received an explanation of oyster farming from the local residents. We then headed back towards town, passing the seafood processing plants, going over Hiyori-Obashi Bridge, passing by Kadonowaki Elementary School and arriving at the station.


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

We asked one of the guides their opinion of the event: 

"Being able to talk directly to the attendees as a guide meant 
that I could bring up not just positive points, 
but also issues in need of improvement in the area 
most affected by the disaster as well as their causes. 
I was glad of this opportunity.

These people did not come to Ishinomaki to work on the recovery, 
instead they will return to their own countries to improve anti-disaster measures. 
To be able to inform them of the real situation here is great."

This was said by Jamie El-Banna, the leader of the volunteer organisation I work in. 

Now, many people from across the world have come here to volunteer,
 but last year things were different.

Jamie came here last June by himself,
 gathered people and here we are today.

Even as the situation changes, what does not change is his will to do the right thing. 
No matter who he is faced with, he has the strength to stand by his beliefs.

I feel that it was because of him that we were able to connect once again 
with so many people from around the world. 
I think that the attendees of the World Ministerial Conference on Disaster Reduction in Tohoku gained more knowledge through observing Ishinomaki and listening to the experiences of survivors than what has been reported by the media. 

In this way, 
coming to see the situation in person holds great significance 
for those who have never experienced a natural disaster. 

As they were getting off the bus, 
attendees thanked Jamie for helping them understand the reality of the disaster.
                   

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

There are many people around me who lost their homes, 
family and friends in this disaster. 
In a variety of ways, 
these people are now communicating their experiences from the tsunami 
to people around Japan and all over the world.
Some are volunteering,
others are capturing the present state on film,
others are speaking to all who visit,
and others are returning to the sea to fish.


And as we watch, we feel we can share their pain, if only a little. 

Once again I was struck by the importance of raising awareness.

 Translated by Ayako,Isabel,Mayu,Megumi and Dom
Thank you very very much!!!!!!! 
(Date of report: 7th July 2012)