header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2012年7月21日土曜日

2012年7月21日土曜日1:04
こんにちは、ココロデスクです。

この数日の挨拶は、「涼しいですね」。
東北太平洋側特有の「ヤマセ」の風のせいです。
農作物の作柄に大きな影響をもたらすヤマセ。
この季節になると決まって、宮沢賢治を書架から引っ張り出す、ココロデスクです。

次週は、「梅雨明け宣言」の言葉を記したいものです。


=========================
■イベントガイド
復興に関連したイベントの一覧です。
=========================

★緊急!



『明日、悲別で』 被災地3県無料公演
7月23日 仙台市青年文化センター
7月24日 登米祝祭劇場
7月25日 気仙沼市民会館
http://www.mmt-tv.co.jp/event/asita/




とうほく自動車フェスタ
7月20~29日
夢メッセみやぎ
http://touhoku-jidoushafesta.jp/

気仙沼で会おう!
社会イノベーター公志園・創造的復興フォーラム
7月21日、22日 気仙沼市民会館ほか
http://kesennuma2012.koshien-online.jp/

10周年・夏まつり仙台すずめ踊り
7月28、29日
JR 仙台駅東口、宮城野通り
http://www.suzume-odori.com/

ありがとう 七ヶ浜・海まつり
7月27、28、29日
七ヶ浜町菖蒲田浜ほか
http://united7beach.blog.fc2.com/



ソラへサッとりんくう復興フェスタ
7月28、29日
仙台空港ビル、美田園駅前広場、イオンモール名取
http://www.pref.miyagi.jp/kurin/

第89回 石巻川開きまつり
7月31日、8月1日
石巻市中瀬公園ほか中心市街地各所
http://www.ishinomakikawabiraki.jp/hanabi.htm

思い出サルベージ活動報告会
8月4日 13時半~(予定)
東京・秋葉原 アーツ千代田3331

TheatreGroup"OCT/PASS"公演vol.34
「方丈の海」
2012年8月30日(木)〜9月8日(土)<9月4日(火)休演>
せんだい演劇工房10−BOX
http://www.oct-pass.com/pc/


=========================
■今週のダイジェスト (7月13日~7月20日)
=========================

2012年7月12日木曜日
川開きだよ!!全員集合!!!(石巻市中瀬ほか)
http://kokoropress.blogspot.jp/2012/07/89.html
間もなく梅雨は過ぎ去り、東北の短い夏がやってきます!! 石巻でもたくさんのイベントが開かれますが、中でも最大の祭りである「石巻川開き祭り」は、昨年も震災にも負けることなく開催されました。元気を取り戻そうとしている海と川の町・石巻を、あなたの眼で確かめてください。

2012年7月13日金曜日
仮設店舗で復興(山元町高瀬)
http://kokoropress.blogspot.jp/2012/07/blog-post_13.html
仮設住宅団地は、衣食住の場であるとともに、生業の場でもあります。津波こそ免れたものの地震で半壊してしまった「ラーメン 金ちゃん」。家族総出の再出発です。

2012年7月13日金曜日
「あやかし」 アフターレポート (仙台市若林区)
http://kokoropress.blogspot.jp/2012/07/blog-post_8520.html
阪神淡路大震災をくぐり抜けてきた関西の劇団「遊劇体」。能舞台で上演された鎮魂の物語は「2つの震災」を夢のように往き来して、亡くなった人々と生き残った私たちの「つながり」が未来永劫に続くであろうことを、静かに静かに伝えてくれました。


2012年7月14日土曜日
俳句の力 (仙台市青葉区)
http://kokoropress.blogspot.jp/2012/07/blog-post_1121.html
しずけさは死者のものなり稲の花
仙台文学館で開催された「震災詠を考える~被災圏からの発信」は、被災圏の書き手が、あの日から今日までをどのように考え、どのように詠んできたのかを確かめ合い、発信していく場となりました

2012年7月15日日曜日
気仙沼の復興の息吹を感じています。(気仙沼市階上)
http://kokoropress.blogspot.jp/2012/07/blog-post_3771.html
JR気仙沼線の仮復旧工事である気仙沼BRTの工事進んでいます。気仙沼の復興の息吹です。沿線の階上地域の稲の生育も順調です。

2012年7月16日月曜日
復活!気仙沼みなとみなとまつり(気仙沼市)
http://kokoropress.blogspot.jp/2012/07/blog-post_16.html
昨年は中止された港町気仙沼の夏のメインイベント! 「第61回気仙沼みなとまつり」が2年ぶりに、8月11日・1日の2日間、復活します。復興に向けて、市民が一丸となって取り組むまつりの復活。気仙沼の元気へと繋がっていきます。どうぞお越しください。

2012年7月17日火曜日
気仙沼の未来を担うこどもたちの笑顔(気仙沼市田柄)
http://kokoropress.blogspot.jp/2012/07/blog-post_1810.html
震災の津波に流され閉園してしまった「南気仙沼幼児園」「お母さんと子どもたちのために、できるだけ早く保育を再開したい」の思いに共感した多くの人々の力で、この夏、「キッズルームおひさま」としてピカピカの再出発を果たしました。

2012年7月18日水曜日
笑顔で立ち向かう (丸森町)
http://kokoropress.blogspot.jp/2012/07/blog-post_18.html
福島県との県境の町、丸森町。ゆったりとした時間の流れる農業の里。風評被害の影響に耐えて、丸森町の皆さんはこの現実に真っ向から挑んでいるように感じられました。

2012年7月20日金曜日
復興人1(石巻市北上町)
ttp://kokoropress.blogspot.jp/2012/07/1.html
子どもたちが思いっきり遊び回ることができない仮設住宅。それを知った隣の北上中学校の校長先生は、学校を子どもたちに開放しました。自らも仮設に住み、休日はボランティアに駆け回る先生は、Chocoが尊敬する人の中の一人です。
(English Version)
"FUKKOU JIN 1(Revival worker 1)" Kitakami-machi,Ishinomaki
http://kokoropress.blogspot.jp/2012/07/fukkou-jin-1revival-worker-1-kitakami.html
There are around 180 temporary houses next to Kitakami Junior High School.The place where children can play is  too small for them to run around.Principal of the school opend the door of the gymnastic hall !!



===============

■編集後記

先週、2年ぶりに旧友たちと再会しました。全国をテントで旅している「どくんご」という名の劇団です。
これまでに仙台と石巻に何度も公演に訪れています。
芝居が跳ねた後の打ち上げで宮城の地酒を紙コップで酌み交わしながら、こんな話を聞きました。


昨年の夏に石巻の日和山で公演を行った時のこと。
客席から、場面場面で「頑張れ!」の声援を幾度となく掛けてもらった。
打ち上げでお話したお客さんが言うには、
「これまで、頑張れ、頑張れと言われ続けるばかりだった。今夜は自分の方が、頑張れ!と大声を出せて、スッキリしたよ」と。
励ましに来たつもりが、逆に励まされちゃったなぁ。

それから1年。「どくんご」は、今年も8月に石巻を訪れます。
今度はどんな声援を浴びるのでしょうか?


(ココロデスク)