header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2012年7月2日月曜日

2012年7月2日月曜日5:36
こんにちは、Chocoです。
次回は「街なかマルシェ」のブログと言いつつ、割り込みます。


「鯨大和煮タンクが遂に撤去されました」
1 6月28日


さまざまなメディアで流れているとは思いますが、津波の恐ろしさを語ってくれた大きな赤い缶が
先週の土曜日に撤去されました。
8時頃、長期ボランティアを駅まで送った帰りに立ち寄ったところ、
既に報道陣がスタンバイしており、工事も今にも始まりそうだったので
急いで家に戻り、道具を揃えて自転車を走らせました。
しかし、私がついた頃には既に工事は始まっていました。

2 6月30日午前9時頃



午前11:00頃




タンクが無くなる姿をずっと見守っていた方々に会ったので、
「復興」のメッセージをいただきました。
3 「この先、どうなるの?」
お二人と少しの時間お話することができました。

タンク撤去ではなく、さまざまな問題が被災地にはまだまだたくさんあります。

さらに、日本の政治はいまだ低迷状態。
「消費税を上げる上げないの前にもっとやることがあるはず・・・」

被災地でなくても常に問題とされていることですが、
原発再稼動の問題、
それに加えて生活、仕事、環境・・・さまざまな問題がここにはあります。
それと立ち向かっているのが、お二人や被災地の方々です。



「復興」
あらためて、難しい言葉だと感じました。




でも、一歩ずつ一歩ずつ前進すれば必ず復興できる!!!
と、思わせてくれた一言がこちら。

4 「大きな缶づめ缶 今日でなくなります
さみしいです
でも復興の一歩です」
写真家 みつおさん(石巻出身)・まっはさん(石巻在住)

みつおさんは石巻出身の写真家です。
彼は震災により家と職場、親族に大きな被害を受けた方の一人です。

その隣の方はまっはさん。出身は福井県ですが、石巻に在住。
みつおさんのお弟子さん。
笑顔がとても素敵な方でした。



今回の二組のメッセージは石巻で活動している私にとって、強く心に響きました。
「復興」のためには、皆さんの気持ちが少しずつ少しずつ前へ進まなければなりません。
私たちボランティアをする側にできることは、小さな支えにすぎません。

そして、被災された方から、さまざまな想いを耳にします。



津波で大きなタンクは300メートルも流されてきました。
その実物をもう見ることはできません。

このタンクを見る度、胸が張り裂けそうになっていた方々もいます。
このタンクを見て、初めて津波の恐ろしさを知った人もいます。
このタンクを見て、周りを花で囲もう、絵を描こう、と復興を願った人もいます。
このタンクを見て、人々はいろんな想いを持っていたと思います。


みつおさんは言います。
「伝えることが私の務め、責務と考えています。
風化しないように
1000年に一度の災害、その証人になり生きた証を伝えていく。
私の仕事です」



今も日本中を走り回り、写真を通して
「被災」と「復興」をたくさんの人たちに伝えていらっしゃいます。





さて、
このタンクは無くなりました。
これからはこの大きな道路には障害物はありません。

「復興の一歩」です。




●協力してくれた皆様へ●

撮影に快く応じてくれてありがとうございました。
皆さんのお陰で石巻から皆さんの想いを世界中の人たちに届けることができます。

(取材日 平成24年6月30日)


**********[English]************



Hey, Choco here!  I know I said in my last post that I would talk about "Marché in Ishinomaki," but sorry I will write about another topic today.

The big red can was removed last Saturday.

As you might have seen in the news, the big red can which stood as a symbol of the Tsunami's power was removed last Saturday.
It was about 8:00 p.m. I drove some volunteers to Ishinomaki station and passed by the where the can was. I saw that the media was on location, so I hurried back home to get my camera and headed over by bicycle...
 But when I got there, the removal had already started.


I met some people who were watching the construction crew remove the can.
 They were Ishinomaki locals. 
They wrote this sign for me, conveying their thoughts about reconstruction. 
They wrote:
photo3"I don't know where the future will lead.” M-san/Ishinomaki


 I had a chance to talk with these two people for a while. They said there are so many problems here in the devastated area that are more important than removing this can. They were more concerned with political problems such as the increase in consumption tax and the ongoing issues with nuclear power.

Everyone is affected by these things, everyone worries about these things, but in the devastated areas people are already enduring so many more basic issues like simply getting by, having a job, and stress at home...  So many people, including these two, have so many issues to deal with in the affected area.


"Reconstruction"
Again, I feel like it's not such a simple thing.


But, what these two said made me realize that step by step progress can help us recover!!!

photo4 "The big red can... It's being taken away today. It's sad, but it's a step toward recovering."
Photographer Mitsuo-san(Born in Ishinomaki)/ Mahha-san (From Ishinomaki)

Mitsuo-san is a photographer who was born in Ishinomaki. He is one of the victims who has suffered. His home, job and relatives have all been affected by the tsunami. 
And Her name is Mahha, from Fukui-ken but now she is living to Ishinomaki. 
she is student(Deshi弟子)of him.
Her smile is very lovely.
The messages I received from these two really touched my heart.


The big can was swept three hundred meters away by the tsunami from its original place. Now its been and removed we'll never see it again.

Some people had a heart wrenching feeling every time they saw the big red can. 
Some people realized the frightfulness of the Tsunami for the first time when they saw it.
Some people hoped for reconstruction and thought "Let's plant flowers around the can!" or "Let's make a mural!" when they saw it.
I know every one thought something different when they saw this big can.


Mitsuo-san said,
  " I think what I can do is tell people about this….so that they won't forget.
It was a once-in-a thousand years sort of unforgettable disaster…..I'm one of the living witnesses.  It's my job to tell."


Now...
the big can is gone.

There are no more obstacles on the main road.

This is a step toward reconstruction.



●To the people who helped me●
Thank you for being in photographs and sharing your messages.
Keep in touch!!!!
Translated by Yukari from Japan and Jojo from US