header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2012年6月26日火曜日

2012年6月26日火曜日18:03
nabeです


多賀城市の「焼肉・とんかつ とんちん館」は
ご主人の櫻井一欽さんのご実家(自宅ですが)の「ミートショップさくらい」から仕入れた
こだわりの島豚を使ったとんかつがオススメのお店です。



お店は産業道路沿い。

どちらも津波の被害を受けて、なんとか再開を果たしたお店でもあります。


櫻井さんは地震が発生してすぐにお客さんや従業員を帰宅させ、
自らも自衛隊駐屯地近くの自宅に戻りました。

そして家族の顔を見てほっとしたのもつかの間、津波はすぐに1階部分に入ってきました。

自宅は1.5メートルほど、お店は2メートルほどのところまで浸水しました。


しばらくの間は自宅の片付けに追われる毎日でしたが
次第に周りからの後押しもあり、店の方へ。
やはり津波によって店内はめちゃめちゃになっていました。
なんとか再開を目指して友人知人の助けを得ながら片付けをし、
とんちん館もミートショップさくらいも、6月中に再オープンできたのです。



震災の後しばらくは、周辺は明かりはおろか音も無い真っ暗な場所でした。
そこに早い段階で再開したとんちん館は、暗闇にともしびだったに違いありません。

以前はとんかつ専門店でしたが、震災からの復活を期に焼肉も始めました。
元々あった借金に加えて、再開のためにさらに借金を重ねるわけですから
同じ事をやるのではなく、新しいことにもチャレンジしなければ…という思いがあったそうです。

もちろん焼肉の肉も櫻井さんのご両親が目利きをして選んだものを仕入れているので、お墨付きです!
再開後は、みなさん興味をもって来てくださったり、応援してくださったりと好評を得てホッとしていました。


これからも櫻井さんは、
「家族のためだけでなく、心配して様子を見に来てくださった方たちや
再開を応援・後押ししてくださった皆さんのために、
美味しい焼肉ととんかつを作りたい、真っ暗だった多賀城に点る
灯りになりたい」
とおっしゃっていました。

是非、美味しい島豚のとんかつを食べに行ってみてください!


多賀城に元気と灯りを!!



焼肉・とんかつ とんちん館
多賀城市町前3丁目92-1
022-366-5922
営業時間 昼の部11:00~14:00
夜の部17:30~23:00


(取材日 平成24年6月25日)