header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2012年6月8日金曜日

2012年6月8日金曜日19:53
はじめまして、nabeです。

今日が初投稿になります。
今後ともよろしくお願いします。


=====

初めての取材の相手はNPO法人「水守の郷・七ヶ宿」の理事長を務める海藤節生さん。
七ヶ宿ダム公園のそばにある「水守の郷」という石窯ピザ屋さんのオーナーでもあります。


NPO法人「水守の郷・七ヶ宿」
http://www.mizumori7.org/


海藤さんは東日本大震災の発生直後、
石巻市北上町の十三浜にボランティアに入られました。

そこで活動していくうちに、

「皆、いつもパンやおにぎりで食事を済ませている。
自分が作ったピザを食べさせたい」

そんな気持ちが湧いてきたそうです。


「いつかここに石窯を作って、皆にピザを食べてもらいたいな」

ふと言葉に出していたという海藤さん。


気付いたら、周りから

「楽しみだなぁ」
「いつ食べられる?」

という言葉が聞こえるようになっていました。


その後、石窯は十三浜に作られましたが、
そこに至るまでの一筋縄ではいかないさまざまなお話は
また後日あらためて詳しく。
まずはその場所をこの目で見て、それから記事にしたいと思います。


というのも、今日は忙しい海藤さんの予定の合間の時間をいただいて
ファミリーレストランでお話をお聞きしていたからです。

とにかく毎日、北へ南へ、はたまた県外へと飛び回っているご様子で…
そんな海藤さんのお話を聞いているうちに、あっという間に2時間近くも経っていました。
その内容も少しずつご紹介していければ…と思っています。


海藤さんは、一世を風靡したロックバンド、「ハウンド・ドッグ」の初代ベーシストという経歴を持っています。
震災の前から曲を作って、自ら歌っていらっしゃったということもあり
「Re・Birth~生まれ変わる~」をテーマにCD制作の真っ最中でした。
ファミリーレストランでお話を伺った後に、レコーディングスタジオにお邪魔しました。


海藤さんの歌声、渋くてとても素敵です。


目力が大事だから!とこのような真剣な顔になっています(笑)

一緒に写っているのはキーボードの佐藤達哉さん。
宮城県在住で、現在プロのミュージシャンとして活躍していらっしゃいます。
河北新報社から発行されている「ありがとうの詩」では、「おもかげ時間」を作曲、演奏しています。

今回は、そんなお二人から7月1日に行われるイベントのお知らせをいただきました。



まずは海藤節生さんから…

=============================
「水守の郷リバースプロジェクト・復興ハーブ栽培」
会場 七ヶ宿ダム管理所・七ヶ宿町各所
時間 7月1日 10時~

https://sites.google.com/a/nancyham.com/re-birth/home
===========================

十三浜の石窯の隣にハーブ畑があります。
そこに植えるハーブの苗を七ヶ宿で育てるため、
ダム管理所の敷地内に花壇を作り、牛乳パック栽培で芽が出たばかりの苗を移植する計画です。
その他、ダム湖でのカヌー体験や木工体験を同時開催します。
ぜひ皆さん遊びに行ってみてください。
木工体験ではカスタネットを作るそうですよ!
特にお子さん方が楽しめる内容になっています。


こんな感じに発芽した苗を・・・


花壇の枠は爆弾低気圧で倒れた木が材料


カスタネットづくりワークショップ



カヌー体験も





















そして佐藤達哉さんからは…

===========================
「塩竈浦戸 のりフェスティバル」
会場 浦戸桂島桟橋前広場
時間 7月1日 11時30分~
お問い合わせ  浦戸のりフェスティバル実行委員会
TEL.080-5738-5856

http://kankoubussan.shiogama.miyagi.jp/modules/piCal/index.php?action=View&event_id=0000003610

===========================


塩竈市の浦戸諸島では、悠久の昔から島の先人たちから受け継いできた
高い品質ののり作りの歴史があります。

しかし、一昨年のチリ地震津波・去年の東日本大震災の大津波により
とても大きな被害を受けました。

それでも、島の人たちは負けずに新たな一歩を踏み出しています。
ふたつの大きな震災からの復興の思いを込めて、
豊かな島ならではのお祭り、楽しい!美味しい!
歌って踊れるノリノリなのり祭り!「浦戸のりフェスティバル」を開催します!

当日のボランティアスタッフも募集していますので
ご希望の方は実行委員会までご連絡ください。






(取材日 平成24年6月7日)