header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2012年6月11日月曜日

2012年6月11日月曜日8:52
霧と雨の土曜日。
先日ご紹介したNPO法人「人間の安全保障フォーラム」が企画した南三陸町でのイベント、


「~心に響く「曲芸」と「動物ものまね」の饗宴」 



に出掛けたkaiiと末吉です。





初めて観る「太神楽」がどんなものかを楽しみに
開演時間を待ちました。

江戸家小猫さんの「動物ものまね」で開演しました。

100年以上も続く江戸家の「動物ものまね」。
聞き覚えのある「ウグイス」の鳴きまねで始まりました。

ウグイス・ホトトギス。



「鳴かぬなら自分で鳴こうホトトギス」
江戸家のホトトギス芸は自分で鳴くのだそうです。
飛びながら鳴くホトトギス。
ゆっくり飛んでいる時の鳴き声が「ホトトギス」と聞こえることなどを話しながら、
いろいろな動物の物まねを聞かせてくれた小猫さん。

ものまねとは思えない声でした。

子猫さんが指笛の鳴らし方を教えてくれました。


                                          

1.小指をカタカナの「コ」の字の形に曲げる
2.曲げた指側の口の中央より指側の方向に曲げた指を加える。
3.曲げた小指の間から吹き出して音を出す~鳥の声~
*吸うと虫の声になる。

                                           


小猫さんの動物ものまねセットリスト

1.ウグイスの声
2.ホトトギスの声
3.秋の虫
4.蛙
5.サイ
6.クマ
7.シマウマ
8.イヌ
9.ネコ
10.サル 

                                              


初代猫八さんのカエル芸は、
「田んぼにしゃがんで猫八が鳴くと、カエルが振り返る」と言われたほど巧みだったそうです。



100人ほど集まったお客さんは1つの芸が終わるたびに
感動を拍手で伝えていました。

                                                

次に「太神楽」鏡味味千代さんの登場です。
とてもきれいな女性の曲芸には優雅さが漂いました。

太神楽とは・・・・・・・海老一染之助・染太郎さんの芸で見たことがある!
傘の上で枡(ます)や毬(まり)金輪などを回す
テレビでおなじみのあの芸でした。
お正月にテレビによく流れていた「回っています~」でした。





ローマは1日にしてならず

努力のあとが2人の手に刻まれていました。

努力なしに人の前に立つことはできない。
自分の努力をもって
「芸」という表現をされている
小猫さんと味千代さんに
「自分をあきらめないことの大切さ」
「日本のすばらしい伝統を継承することの意味」を
考えさせていただきました。

梅雨入りが発表された日の午後に
これからの人生とふるさとの復興を考えたひと時でした。


(取材日 平成24年6月9日)