header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2012年6月19日火曜日

2012年6月19日火曜日10:00
nabeです。


「当日はもう店内はめちゃくちゃで…」
と、昨年の3月11日のことを話し始めてくださったのは
地下鉄泉中央駅前にある八文字屋書店SELVA店の課長、大場宏一さんです。

かなりの揺れで、本はほとんど棚から落ち散乱状態になりました。
ところどころ天井も落ち、電気も消えた暗い中を
お客さまを誘導しながら外の駐車場に出ました。
大変な状況にもかかわらず、従業員はもちろんお客さまも冷静でした。
普段から避難訓練をしていた成果もあって、
特に大きな混乱も無く、落ち着いて避難することができたそうです。


大場さんは山形から仙台市泉区に通勤しています。
その日は山形の自宅へ帰ることができず、
同じ泉区内の別の支店に停めてあった車の中で一夜を過ごしました。
ラジオから聞こえてくるさまざまな情報に恐怖を感じて
途中でラジオは消してしまったそうです。


翌日、山形から応援部隊が駆けつけたものの
安全確認が済むまでは、SELVAの建物の中には入ることができませんでした。
そこで当面の間は従業員は自宅待機し、大場さんは山形の店舗に出勤しました。


3月の末になるとようやく建物に入れることになり、4月9日のオープンを目標に準備が進められました。
ところが、ずれた書棚や本などを元に戻して、「さあオープンだ!」と意気込んでいたちょうどその時。
4月7日の最大余震が発生したのでした。

この時もかなりの数の本が書棚から落ちました。
そればかりか、スプリンクラーが故障したために
たくさんのCDやコミックが水浸しになってしまいました。


それにもめげずに突貫工事で準備をやり直し、4月13日にオープンにこぎつけましたが、
大場さんには不安がありました。


「本や雑誌は、言ってみれば嗜好品のようなもの。生きるために必ずしも必要なものなのか?
 そんな生活必需品とはいえない“本が、こんな非常時に果たして売れるのだろうか?」


しかし、いざオープンしてみると・・・・・・
お店にはたくさんのお客さまが詰めかけ、書棚に向かいました。

「レジには、今まで見たこともないくらいの長蛇の列が出来ました」
と大場さんは振り返ります。
「こんな大変な時にも本は人にとって必要なものなんだ」


まず目立って売れたのは、子ども向けの本だったそうです。

小さい子ども向けの雑誌やコミック、学習参考書、そして絵本です。
大人たちは自分のものを我慢してでも子どものものは・・・・・・と買い求めたのでしょう。


そして、震災関連の本。
こちらはかなり早い時期からコーナーを設けました。


以前ほどの広さではありませんが、
震災関連本コーナーは今でもお店の一角を占めています。


初期の頃は写真集が主でした。
見るだけでも辛い写真集を取り扱うことに抵抗が無かったわけではありません。
しかし、実際に店頭に置いてみるとかなりの売れ行きだったそうです。
山形などの近県よりも宮城県内の方が売れたという点を見ると
みんな自分の住む場所、知ってる場所がどのようになっているのか知りたかったのかもしれません。

地元で出版された震災関連本がよく出たのも特徴的だったようです。

震災があったことを後世に伝えるという事だけでなく
今後の防災に役立てていくという意味でも必要なのではないでしょうか?



本は心の必需品です。
人と人のつながりにとっても! と大場さん。

大場さんが最後に話してくださったのは
本を読むことの楽しさ、書籍と関わって行くことはすばらしいと実感できる書店にしたいということ。

「震災を経て、本は人生に必要なものだとあらためて気付かされました。
それを多くの人に感じてもらえるような書店を目指したい」

本当に心から本が好きで、その良さを多くの人に伝えたいという気持ちが
大場さんからひしひしと伝わってくる時間でした。


++++++++++

ところで、
大場さんが掲げるメッセージボードの右に、絵本が写っているのが見えますか?

「しんちゃんのランドセル」

この絵本は、新潟の会社が日本赤十字社新潟支部と協力して出版したもので
度重なる災害で全国から支援を受けた恩返しをしたいという新潟の皆さんのお気持ちが詰まっています。

この絵本がこのお店に並べられるまでのお話は・・・・・・・

あらためて詳しくお伝えいたしましょう。



八文字屋書店 SELVA店
http://www.hachimonjiya.co.jp/Pages/info-selva.html



(取材日 平成24年6月18日)