header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2012年6月1日金曜日

2012年6月1日金曜日20:40
new-Tです。

6月1日、衣替えですね。
心機一転にはいい日かもしれません。
身も軽くなれば心も軽くなるかな?

そんな日に仙台中央郵便局(青葉区北目町)に取材で伺いました。

宮城県と郵便局株式会社東北支社が共同で、被災された方々への支援と被災地域の復興応援のための新たなプロジェクトを立ち上げたのです。

具体的には被災3県(岩手県、宮城県、福島県)が発信する震災復興関連情報を、郵便局のお客様ロビーで提供するというサービスです。
衣替えのこの日、このオープニングセレモニーが行われました。



和田浩司郵便局株式会社東北支店長からのご挨拶












三浦秀一宮城県副知事のご挨拶。




宮城県マスコット・むすび丸係長も交えたテープカット。









東二番丁幼稚園児の子すずめ踊り。

みんなそろって記念撮影。
郵便局は市役所や町役場などと同じく、地域と住民を結ぶ太いパイプを持っています。
その郵便局で、被災各県の現在の情報をいち早く手に取れるというのは便利です。

被災した方々が転居届けを提出していれば避難先まで追い駆けて郵便物を転送してくれるほど、利用者思いのサービスを行っている郵便局です。
きっと大きな成果を上げるのではないでしょうか。

私たち宮城県からは、わが「ココロプレス」の出版物総集編「みやぎ・復興の歩み」をはじめ5誌・紙。


ちょっと画像が小さいですが、この冊子が『ココロプレス』冊子です。



「ココロプレス」の冊子版をご覧になりたい方は是非郵便局へお出かけください。
ただ、全ての郵便局で扱っているわけではありません。県内では20カ所、各地域の大きな郵便局にはあるようです。

また郵便局では、既に平成23年10月から「復興応援(支援)コーナー」という企画を継続中です。
これは、被災した地域の産業復興を応援するための「被災地域特産品のゆうパック」お届けサービスなんです。
このコーナーには震災復興関連の情報が置いてあるので、特産品と情報が有機的につながっているわけです。




郵便局という地道なサービス業が震災からの復興に着実に有効に役立っているように感じました。

(取材日 平成24年6月1日)