header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2012年3月11日日曜日

2012年3月11日日曜日11:00
2012年3月11日石巻市渡波・洞源院
東日本大震災殉難者一周忌合同供養が行われました。

洞源院本堂

県内からは5名、また、北海道・青森・秋田・山形・新潟・さいたまからも和尚様方がお越しになりました。
総勢18名の和尚様方が、洞源院小野崎秀通ご住職と共に、“縁が深く結ばれること”を念じ、亡くなられた方々のご供養をしてくださいました。





“亡者は苦を離れて安養に生じ 存者は福楽にして寿窮まり無し”
小野崎ご住職が教えてくださったお言葉です。

 ~亡くなられたご先祖様が苦しまれることなく、安らぎの浄土の世界におられますように
この世に生きる方々には、幸せが訪れますように~




















石巻市渡波の洞源院は高台にあります。
一年前、震災から3日後には、400名を超える方々が避難されました。
救いを求めて来た地域住民の生命の確保を優先しようと、人々の受け入れ態勢づくりに奔走し、「洞源院避難所」を開設しました。

陸の孤島と化し、支援物資が届かない中、わずかな食料で飢えと寒さを凌ぎました。
不安な生活を過ごす避難者、お寺に集まった皆で支えあえるように、8カ条の約束事を決め、朝食後にミーティングを開き、毎日話し合うことで協力の輪を深められました。
8月7日の解散式を迎えるまでの5カ月間事故もなく、避難者の方々を仮設等に送ることができました。
お互いに力を合わせ、知恵と努力が功を奏したことにほかなりません。

「お寺での避難生活は、共に朝の勤行に参加し、仏の慈悲光明をいただき、安らぎのひと時を持てたことで、癒され穏やかな生活ができたと思われる」
と、小野崎ご住職。

今後もお寺の在り方としては変わらず、皆様に寄り添えるお寺として努めていきたい、そう思われていらっしゃいます。

洞源院から


(平成24年3月11日)