header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2012年3月23日金曜日

2012年3月23日金曜日9:00
こんにちは、石巻よりアオキです。


第84回選抜高等学校野球大会が3月21日幕を開けました。
21世紀枠として出場決定した宮城県石巻工業高等学校
この石巻から甲子園出場を果たしたのは、64年ぶりのこととなりました。



選手一人一人が地元石巻への思いを抱え、阪神甲子園球場の土を踏みました。


地元石巻では街を挙げて石工野球部へたくさんのエールを送りました。



開会式の、阿部主将の選手宣誓をご紹介させていただきたいと思います。


========================================


宣誓。 


東日本大震災から一年、日本は復興のまっ最中です。 
被災をされた方々の中には、苦しくて心の整理がつかず、今も当時のことや亡くなられた方を忘れられず、悲しみに暮れている方がたくさんいます。 
人は誰でも答えのない悲しみを受け入れることは苦しくて辛いことです。 
しかし日本がひとつになり、この苦難を乗り越えることができれば、その先に必ず大きな幸せが待っていると信じています。 
だからこそ、日本中に届けます。 
感動・勇気・そして笑顔。 
見せましょう、日本の底力、絆を。 
我々高校球児ができること。 
それは全力で戦い抜き、最後まであきらめないことです。 
今、野球ができることに感謝し、全身全霊で正々堂々とプレーすることを誓います。 


平成24年3月21日、選手代表、宮城県石巻工業高等学校野球部主将、阿部翔人


========================================


石工野球部員の皆さんで考えられたという選手宣誓。
一言一言を大切に言葉にし、胸を張り、堂々と前に立つ阿部主将の姿は、全国の皆さんの心を熱くしました。



私たちは、石工野球部の皆さんの姿から、大きな感動、たくさんの勇気をもらいました。


こんなにもたくましく、素敵な石工野球部の皆さんの姿に、励まされ、明日への希望、そして笑顔が生まれました。


地元石巻の皆さんにとっては、忘れることのできない2012年の春の甲子園になりました。



石工野球部員の皆さん……。
ありがとうございました。
皆さんは、私たち石巻人の誇りであり、石巻の宝です。



そして、石工野球部らしい、正々堂々とした笑顔あるプレーを、これからもずっとずっと応援していきたいと思います。


今後の石工野球部の活躍を応援し、もう一度ご紹介したいと思います。
“あきらめない街・石巻!!その力に俺たちはなる!!”






(平成24年3月28日)