header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2012年3月23日金曜日

2012年3月23日金曜日15:00
こんにちは、アオキです。
東日本大震災より、一年が経ちました。
今の石巻の姿を、ご紹介したいと思います。

========================================
石巻市南浜町、門脇町の景色です。

『がんばろう!石巻』看板

“東日本大震災から一年 亡くなられた方への追悼の思い 
生き残った私たちの“がんばろう”とする思い 心に残したく燈しました”




2011年の、この場所の季節ごとの姿がうかがえました。

『頭を上げよ胸を張れ』












石巻市立門脇小学校


========================================
以前ご紹介させていただきました、石巻市立大川小学校です。

石巻市立大川小学校


『子まもりの像』です。マフラーや手袋などで包まれていました。
胸にはしっかりと子どもを抱いています。


========================================
石巻市雄勝の景色です。



ほぼ、手付かずの様子が伺える箇所もまだまだ見受けられました。


========================================
牡鹿郡女川町の景色です。


女川町立病院からの眺めです。



大きな瓦礫の山が現れました。

荒れた道路や、曲がったガードレールも、まだまだ見受けられます。


========================================
石巻市渡波の景色です。





長浜海岸沿いです。


高台からの、長浜海岸の景色です。

========================================
石巻市湊の景色です。

周りの景色と比べると缶の大きさは歴然。
津波に乗り、約400メートルも流され、道路の真ん中へ運ばれてきました。



このように、いたるところで道路がえぐられています。


========================================
石巻市中央の景色です。



以前は、たくさんの建物が並んでいました。
今では、遠くの通りの様子が伺えてしまうほど、更地が増えてしまいました。

今でも、街のいたるところでこのような場所があります。


北上川沿いの建物の様子です。








こちらの道路もひどくえぐられています。



内海橋にも痛々しく津波の跡がうかがえます。

中瀬公園の『自由の女神像』です。
日和大橋と、その先の太平洋をまっすぐ見つめているように見えました。



========================================
最後に、日和山からの景色をお届けします。


日和大橋と太平洋の景色です。

北上川と中瀬公園、内海橋の景色です。


『全国のみなさん救援ありがとう!』


=======================================
石巻が歩んだ歴史と文化、何気ない生活、共に在れた日々、心からの笑顔……
他に代われるのものが無い、この世にたった一つの、かけがえのないもの。
一年前のあの日、奪われてしまいました。

石巻の街が活気を取り戻し、石巻に住む人みんなの心が元気を取り戻すのには、まだまだ時間がかかりそうです。

しかし、これまでご紹介させていただきましたように、石巻は新たに歩み始めています。

何気ない生活の一瞬、それはまさに奇跡の一瞬だったのだと気付いたあの日から。

たった一歩のことでも、365日を、その一瞬を私たちは大切に生きなければならないと思うのです。

それを教えてくれた愛すべき石巻、愛すべき家族、そしてこれからの自分自身のためにも。

被災地で生活する地元の方々、復興に励む方々、ボランティアでわざわざ足を運んでくださる方々、遠くから応援してくださる全ての方々、世界中のみなさんが、一日一日を大切に、奇跡の一瞬を噛み締めて、そしていつかきっと素敵な未来を迎えることができますように。

(平成24年3月23日)