header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2012年3月18日日曜日

2012年3月18日日曜日20:59
こんにちは、ココです。



被災地の今を見ること知ることが、本当の支援に結びつくと思います。
そんな意味でも、1人でも多くの方に足を運んでもらえたら…というイベントがあります。



ということで、先日告知しました
『女川町商店街復幸祭 -希望の鐘を鳴らそう- 

に行って来ましたよ!
当日はちょっぴり曇り空でしたが、イベントにはまずまずのお天気でした。



駐車場がどこも満車!
お客さんがいっぱいでした。県外から大型バスも来ていましたよ。



とにかく会場は活気に溢れていました。
海の幸に舌鼓でニコニコ顔の人たち、サッカー教室ではしゃぐ子ども達の笑顔と元気な声。
その光景をみていて心の底から嬉しく思いました。



かわいいキャラクターがお出迎えです


貴重な海産物の限定販売!

すくい採りなんていうのも!

女川漁協青年部の方たちも頑張っていました!





ベガルタ仙台コーチ指導によるサッカー教室も開催!


思いっきり楽しんでた子ども達の笑顔が印象的です




被災地のために、被災された方たちのために
少しでも力になりたい、そういう思いを持った多くの方たちで会場は賑わっていました。



とにかくお客さんで賑わっていた会場



新鮮なサンマ丸焼き!行列ができてました



どこのブースも人人人!


おいしそうな海鮮串焼きでした


髙政さんのブース

オリジナル商品を販売されていました


おだづなよ津波Tシャツ

onagawafish × コラボスクールブース




人気の木製キーホルダー



復興、がんばるぞ!という地元商店街の人たち と 頑張ってほしい!少しでも役に立ちたいという人の気持ちが集結した大成功のイベントだったと思います。



============================================



イベントの帰り道。女川風景です。

さら地の奥には瓦礫の山…

この日は多くの方が被災地を見学されていました



震災後、県外から女川町(被災地)に初めて来た方も多かったと思います。
女川町ではとにかく足を運んで欲しい、現状を見て感じて欲しいといわれています。
こういうイベントが、これからどんどん開催されるといいですね。おいしいものを買う、食べる、そういうことがお互いの笑顔の素になっていたり、小さく思えることでもちゃんとした支援に繋がっています。


被災地のいいところも大変なところも、自分の目で見る・感じる・思うこと
私はしつこいですが、何度も言います。
時に自分のそれまでの考え方、価値観さえも変わるようなことってあるんだと思います。

人を想う笑顔の連鎖、広がっていったら嬉しいです。




BYココ

(平成24年3月18日)