header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2012年3月15日木曜日

2012年3月15日木曜日21:07
3月11日に、3.11 食の追悼式&炊き出しグランプリVol1 
~職の被災地支援で生まれたまま心の絆をいつまでも~

八木山ベニーランドで開催されました。ささかまくんが取材してきました。


当日は、朝方小雨が降りましたが、沢山の人たちが集まりました。
入場口前広場に8団体ほど集まり、被災地での炊き出し現場の再現をして、来場者に提供されました。

炊き出しで生まれたネットワークで、何か被災地に関わるチャリティイベントができないかと
模索した結果生まれたイベントです。
《主催/事務局 炊き出しグランプリ実行委員会/一般社団法人エコ食品健究会(管理栄養士)》


炊き出し時の反省点を生かし、さらに切磋琢磨して今後の有事に備えかつ震災の記憶を
風化させないといった役割を担っているとのことです。
2011年10月22日~23日に、全150人体制で仮設住宅等を巡回して、「心に残った会社」を調査、
50社ほどに招待状をだして、今回の8団体が参加となりました。



午前10時、実行委員で一般社団法人エコ食品健究会 代表理事 久保 正英さん
開会宣言で始まりました。





続いて出展の8団体の紹介があり、その後実行委員の奥田政行さん(アル・ケッチァーノ 
オーナーシェフ)篠崎良夫さん(株式会社ローソン 顧問)、蔵治光一郎さん(東京大学 准教授)
など7名の紹介、特別審査委員の経済産業省課長補佐 安倍一真さんのご紹介がありました。


出展の皆さん

また来賓の方、ボランティアを代表して、経済産業省 課長補佐 復興支援メディア隊 
突撃隊員 安倍一真さん、学校法人松山大学、復興屋台村気仙沼横丁 阿部有美さん
などからのご挨拶がありました。



久保代表理事と実行委員の方々

そして「がんばろう、東北」という掛け声とともに、バルーンリリース






そして愛媛FC 寺尾さんから復興屋台村気仙沼横丁への寄書きの贈呈式がありました。







午前10時40分からは、『つきじ喜代村すしざんまい』 による、豪快な「まぐろの解体ショー」が
ありました。でっかいまぐろ、丸ごと一匹持ってきていただきました。

2012年1月、築地マグロ初競り史上最高値の5649万円(1キロ当たり21万円)で落札した
『つきじ喜代村すしざんまい』

 
正午から、いよいよ炊き出しの配膳が開始されました。


甲信食糧株式会社(山梨県) 石巻中心に「山梨ほうとう」の炊き出し、三陸産「復興わかめ」も
販売していただいています。


結いマール(東京都:沖縄県支援) 「沖縄そば」 現地沖縄の材料を使い、石巻などで炊き出しを実施。
黒糖サーターアンダーギなども配ばり、甘いものがとても喜ばれたとのことです。


武蔵村山おやじの会(東京) 去年11月のFoodグランプリで優勝した、「カレー焼きうどん」と狭山茶を提供、
地区の先生や子どもたちも一緒に来ていました。市のPRも兼ねて訪問されました。


リンガーハット(東京・福岡) 長崎ちゃんぽん。移動車を使い、名取などで炊き出し。
栄養バランスが良い食品で、鍋を持参してくる人もあり、鍋一杯に振り分けるようなこともあったとのことです。



湖池屋(東京都) じゃがいも料理、カラムーチョコロッケ。双葉町、陸前高田などで炊き出し。
埼玉にある工場で、双葉町の被災者の受け入れ、就業の支援もされたそうです。


熊本味干ラーメン(熊本ラーメンボランティア)(熊本県) とんこつラーメン。仙台、石巻などで6千食ほど提供。
最南端の熊本から参加されました。


CoCo壱番館(愛媛県) 石巻などで炊き出し実施。震災直後にはレトルトカレーを6万6千食出荷されました。
普段は、東海地方でしか稼動していない移動車で提供。レトルトパックで取り置き可能が人気です。

つきじ喜代村すしざんまい(東京都) 南相馬市などで炊き出し。マグロづけ丼を提供、
今回も大人気であっという間になくなりました。築地から来た代表の木村さんは、
「鮮度が勝負」とおっしゃっていました。



ふくしま福野菜プロジェクト りんご、りんごジュースの即売会。代表の川村さんにお聞きしました。
「他に、なし、もも、野菜はアスパラなどを取り扱っています。おいしいと言ってくださるとうれしいですね」

 
エースコック カップヌードルチャリティ販売を実施。ほかに、成功志縁塾の被災地食材のチャリティ販売など
ありました。



後援の松山大学も東北の復興支援をされていて、道後温泉の湯の元を配ってました。
炊き出し鍋を阪神震災の時の開発した大和重工株式会社も、鍋と炊き出しの写真を展示、
今回の賞品にもなりました。


また、当日はお酒のファイン 国分町店の送り火(お酒の振る舞い)もありました。
防災用レトルトカレーとらっきょうの配布もありました。(ハウス食品・岩下食品提供)
ありがたいですね!
被災された飲食店や食関連企業への応援メッセージの寄書きのコーナーもありました。


寄書きをお持ちいただいた、愛媛FCの法人営業グループの寺尾さんに
お話をお聞きいたしました。

「何か復興に役に立つようなことをしようと、スタジアムで4月から11月まで、14回ほど野菜、
果物のチャリティ販売をしました。そして、皆に沢山のメッセージを書いてもらい持参しました」

愛媛の皆さん、大変ありがとうございます。

                         
                           ◇



お笑いコンビのステージがあり、皆が笑うと天に届いたのか、晴れてきました。

そして、二人のアーティストに歌っていただきました。
石垣喜幸さん
友近890(やっくん)さん


歌いながら書を彩るアーティスト、友近890(やっくん)にコメントをいただきました。
「去年6月に気仙沼で、ライブを行いました。全国各地に笑顔を届けたいです」
震災の次の日に東日本大震災復興応援ソング『一人じゃないんだ』 を完成。
現在、全国でライブ活動中です。




東京から、めざましTV「ココ調(ここしら)」の取材で軽部アナウンサーがいらしてました。
こちらもコメントを頂きました。
「これまで以上に被災地に足を運びたい、復興の過程を見守りたいです。3月17日、18日に
利府セキスイハイムスーパーアリーナで行われる、『みちのく合衆国』のイベントでまた来ます」
ライブなどの他、B級グルメグランプリなどがあります。


八木社長
ベニーランドを運営している 株式会社 エイトリーの八木社長にお話をお聞きしました。
「3.11から一年の目の区切りとなる大事な日に、みなさんの思いをどんなイベントで形にしたらよいかずいぶん迷いましたが、炊き出しグランプリのお話がありましたので、その場所を提供することで協力させていただきました」
当日は、入園料無料となっていました。
八木さん、大変ありがとうございます。これからも、子どもたちに夢を与え続けてください。

 
今回事務局になっている社団法人エコ食品健究会は、全国の中小企業を中心とした
食関連企業252社(2011年11月末時点)に支えられ活動している団体です。
食関連企業のエコ活動(環境や健康配慮)の導入や導入後の定着化の支援を実施しています。
2011年の収益は全額、被災された食関連企業や個人の飲食事業の自立支援に
役立てられています。


代表理事 久保 正英さんにお話をお聞きいたしました。
「エコ食品健究会としても、3月12から炊き出しに被災地に入り、9月頃まで若林区などで
炊き出しを実施。その後は、『お茶会』を実施、お菓子なども配りました。
炊き出しでは当然喜んでいただける一方で、配膳が遅れやコミュニケーション不足による問題が
発生することもありました。そういった面でのトレーニングの意味もあり、グランプリを
実施いたしました。
有事の際、炊き出しはとても重要です。現在、炊き出しを通じ8000団体とネットウークが
できました。炊き出しのしっかりとした体制作りをしたいですね。
そのためにも炊き出しできる団体を一社でも増やしたいです」

久保代表理事


今回の御寄付は、復興屋台村気仙沼横丁など被災地沿岸部の飲食店の方々の自立支援に
役立てられます。


午後2時30分から追悼式行われました。
久保さん他、実行委員から追悼のメッセージが捧げられ
2時46分には1分間、追悼の黙祷を行いました。
そして、追悼のバルーンリリース。


天国まで届け!


午後3時40分からは、 グランプリ 表彰式が行われました。 


最優秀グランプリ つきじ喜代村すしざんまい(マグロづけ丼)
優秀グランプリ 甲信食糧株式会社(山梨ほうとう)
優秀グランプリ ゆいまーる(沖縄そば)


みなさん、おめでとうございます!!



グランプリの方たちとアル・ケッチァーノの奥田シェフ


最後に、久保さんの閉会の言葉で終幕となりました。


ボランティアの皆さん


みなさん、お寒い中本当にご苦労様でした。
心が暖たまる炊き出し。
皆さんのやさしさ、思いがひしひしと伝わり、確かな心な絆を感じました。

そして被災地にとって、とっても心強い味方を得たような、そんな素敵なイベントでした。


小雨がぱらつく中、出店者を1店、1店一緒に回って紹介してくださった久保さん
出店者、ボランティアの方々、そして集まってくださった皆様、

沢山のご支援、ご協力、大変ありがとうございました



 
(平成24年3月11日)



炊き出しグランプリ HP http://www.takidashigp.jp/
一般社団法人エコ食品健究会 HP  http://ecoken-consulting.org/