header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2012年3月11日日曜日

2012年3月11日日曜日19:32
2011年3月11日(金)
本来なら何気ない日になるはずだった。
毎日の延長に過ぎない。
その時までは、そうだった。

2011年3月11日(金)-午後2時46分-
初めは、揺れが少し大きいと感じただけでしたが、1分後、「これは、やばいやばい。こんなに揺れるのかよ」と思った。建物が、土台ごとえぐり取られる感覚が今でも残っています。

こんにちは、ホイ・コーロー先生です。
今日は、被災された県内各地で追悼式や復興イベントが行われている模様です。私たち取材班も、各地の復興イベントを取材しているところで、私は塩竈市のJR仙石線本塩釜駅前のロータリーで行われる「復興花時計」の会場に来ています。

3月中旬なのにまだ寒いのが、あの時と重なり蘇ってきます。

このイベントを取りまとめている塩竈市観光物産協会(復興花時計実行委員会)の吉岡一浩さんに伺いたいと思います。


「昨日は、弥生灯火会(やよいとうかえ)。今日は、復興花時計を行います」

弥生灯火会は、「鎮魂・復興」を願う灯篭流しの追悼式です。
復興花時計は、「被災した多くの方が震災からちょうど1年を経過するこの日から、未来への決意を込め新たな時を刻む、スタートを切るためのモノ」といった考えの元に設置されます。



式典が開始される10分前になり、周辺も混み始めてきました。
一般のお客さんや、マスコミ関係の方も若干見られます。


(混み始めてきたJR本塩釜駅前)


(寒い中、復興花時計のお披露目を待つ)

来賓席も徐々に埋まってきました。
その席の中で、ひと際目立つ黄色い服を着た子供たちが7人ほど、ソワソワしながらも、ワクワクした様子で待っています。


(席も埋まってきました)



(楽しげなみどりの少年団)

「復興花時計の周りに花を植えてあるんですけど、こちらは年に3回ほど植え替えを予定してます。こちらの作業を黄色い服を着ている子たちが、みどりの少年団なんですが、そちらにお願いしようと思ってるんです」

みどりの少年団は、市内に花を植える活動を行っている小学生たち。復興を担う子供たちに、そういった作業を任せるのは、復興の光となるのではないでしょうか。

時計の長針と短針には、LEDが埋め込まれ夜でも時間が分かります。
復興花時計の後ろにそびえ立つのがソーラー街灯であり、太陽エネルギーデザイン研究所からの寄贈です。

さあ、いよいよお披露目の時です。


(全員で白い布を取る瞬間)

「オーッ!!」
周りから拍手やカメラのシャッター音が聞こえてきます。







時計のデザインイメージは、「海のきらめく水面と藻塩の結晶をイメージしたデザイン」。さらに、「2011.3.11東日本大震災で傷ついた方々の心を癒し、未来へ向けた新たな時を刻むことを願う」。


(復興のシンボルが、ここに誕生)

深い意味の込められた「復興花時計」です。

今後の展望も、お忙しい中、少しだけ伺うことができました。
「今後、食中心にイベントを行っていきたいと。意外と塩竈市はラーメンとか蕎麦屋が多いんで、それらを活かした観光を進めていきたいですね。それから、藻塩を使ったスウィーツなど。そういったことを行い、観光を盛り上げていきたい」

お寿司の街のイメージがある塩竈なのに、実は麺を扱うお店が多いというのも意外でした。
これを機に、さらに復興への足が掛かりとなれるように、私も食べに来たいと思います。


(お忙しい中、丁寧に取材に応じてくれた吉岡さん)

『復興花時計』
JR仙石線本塩釜駅前(神社参道口)ロータリー

※詳しいことは、下記にお問い合わせください。

塩竈市観光物産協会-復興花時計実行委員会-
宮城県塩竈市旭町1-1
TEL 022-364-1165
FAX 022-364-1169

(平成24年3月11日)