header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2012年2月4日土曜日

2012年2月4日土曜日10:56
先日の記事でもお伝えしました【smile for birthday】プロジェクト。
※「僕たちは、笑顔を諦めない。【smile for birthday】vol.1」参照




第2段となる今回は、ケーキ配達。
予告どおり、私マイクがケーキのお届けをさせていただきました!




【smile for birthday】で被災地へ届けられるケーキは、このプロジェクトに参加する県内5店舗のパティスリーで作られています。
今回は、おなじみ「九二四四」の橋浦さんがケーキを用意してくれました。


青葉区二日町パティスリー「九二四四」


本日のお届けは2台!
袋にケーキを入れてもらい、「九二四四」を出発です。


大事にお届けします!byマイク


向かう届け先は、気仙沼市松崎高谷地区。
海から少し離れた高台にあります。
仙台からは三陸自動車道に乗り、お店を出発してから約2時間半での到着となりました。


玄関を空けると迎えてくれたのは、なんと賑やかな子どもたち!
ちょうど保育園がお休みとのことで、近くに住む従兄弟同士が集っていたようです。


みんな本当に賑やか!元気に挨拶をしてくれました


【smile for birthday】へケーキを依頼したのは、こちらに住む清水静佳さん。
2台のケーキは、ちょうどこの日が誕生日だった旦那様と、4月に1歳を迎える愛娘・葵ちゃんへのものでした。


実は昨年、静佳さんの元へも【smile for birthday】からケーキが届いたのだそう。
このプロジェクトに、驚きや嬉しい気持ちで心が温かくなったと話します。


静佳さんはあの日、多くの人がそうだったように、家族が離れ離れの状態で被災しました。
周りの状況がつかめずに、大きな暗闇の中で家族の安否を確認していく毎日。

小さな子どもたちと、その後に産まれた新しい命をどう守っていくか―
春になってからも、迷いや不安はたくさんあったといいます。



震災後の4月に生まれた葵ちゃん。
誰にも負けないくらい、元気に育っていってほしい
静佳さんは、1台のケーキに願いを込めます。

この悲しい出来事も、いずれ伝えていきたいと話します。


仮面ライダーが大好きな4歳のお兄ちゃんは、大きくなったら自衛隊に入りたいそうです。
地域でたくさんの人のために活躍した様子を見て、そう話すようになりました。


もうすぐ1歳!葵ちゃんとケーキ依頼者・静佳さん


子どもたちが安心して暮らせる未来をつくっていきたい
母である静佳さんの、子どもたちへの想いです。


【smile for birthday】特製バースデーケーキ


―ハート型のクッキーには、「おたんじょうびおめでとう」の文字。
たくさんの人の気持ちが、このケーキには込められています。

1人でも多くの人が、誕生日という素晴らしい一日を幸せな気持ちで迎えることができますように―
このプロジェクトがあたたかな輪となって広がっていくことを祈ります。



【smile for birthday】
http://lovers-project.com/h2h/
http://ameblo.jp/sweets9244/
※【Smile for birthday】では、ケーキ配達をしてくれる有志を現在も募集中です。
このプロジェクトに関するお問合せ等は(03-3881-3108)まで。


(平成24年2月4日)

マイク