header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2012年2月13日月曜日

2012年2月13日月曜日13:00
こんにちは、石巻市鮎川浜よりアオキです。

2011年11月18日「牡鹿復興支援協議会」の働きの下、鮎川浜に、仮設商店街「おしかのれん街」がオープンしました。現在、鮮魚店や飲食店、青果店や理美容店まで16店舗が営業しています。

元々、旧牡鹿公民館の駐車場で「復興市」が週に1回行われていました。
そこへ出店していたお店が、「おしかのれん街」にて、新たにお店を構えることができました。

















「おしかのれん街」には、先の記事でご紹介した、牡鹿復興支援協議会の遠藤太一さんが地元での雇用と地域経済の活性化のために企画してできたお店、「おしか工房」「金華干物」「カフェレストランBeeFor」が入っています。 すでに法人化もされています。
その中で本日は「おしか工房」さんをご紹介したいと思います。


お店はピンク色のかわいい雰囲気。


美味しそうなパンが並びます。

ハンドメイドのオリジナルTシャツやパーカーの販売も行っています!!
















お話を聞かせていただいたのは、平塚絵理さん。
産まれも育ちも、石巻市鮎川浜です。
急な訪問にも関わらず、快くお話を聞かせてくださいました。



おしか工房さんでは、コーヒーや紅茶に、近所の授産施設「サンネットなごみ牡鹿分場」で作られた、無添加で遺伝子組み替え等のない原材料だけで作った安全で体にやさしいパン「手作りパン屋さん・くじらのしっぽ」と、クジラをメインにしたオリジナルデザインのハンドメイドTシャツやパーカーが販売されています。

さすがクジラの街・牡鹿。
おしか工房さんに並ぶ商品のネーミングや、Tシャツのデザインなど、クジラにちなんだラインナップでした。

もちろんイートインも可能です。現在、7時~10時までの時間帯で利用できるボランティアクーポンを発行し、パンとコーヒーのセットを200円で販売しています。


「ボランティアなどで遠くから来てくださる方々もいらっしゃいます。 団体で来店され、みなさん買っていってくれて嬉しいです」と、微笑む平塚さん。


「今後は、Tシャツのデザインをもっと増やしてやっていきたいです。 そして、楽しくやっていきたいです!!」
平塚さんの元気でやさしい雰囲気に、思わずアオキの心もあったかくなりました。

そんなおしか工房さんのおススメのパンは揚げ栗パン♪


揚げ栗パン…アオキ、気になって仕方がありません。

お店に訪問中にも、あれよあれよと売れていくパンたち……!
もちろん、早速アオキも購入させていただきました♪
栗の風味がやさしいクリームに、たっぷり乗ったゴマがベストマッチ!
一緒に購入した、カマンベールチーズのパンも大変美味しくいただきました。
この、カマンベールチーズのパンも女性に人気だとか…
おしかのれん街へ起こしの際は、ぜひ立ち寄ってみてください!

美味しくいただきました!


(平成24年1月26日)