header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2012年2月9日木曜日

2012年2月9日木曜日17:30
「マンボー」の名物「毛がにチャーハン」が復活したと聞きつけて、
楽しみにして紫市場出掛けたkaiiと末吉です。

平成24年2月9日に、マンボー名物「毛がにチャーハン」が復活!
期間限定のおすすめメニューは3月いっぱい食べることができます。
1年の間の、約50日くらいの限定メニューの復活で、
お店の中は大賑わい!
















炊き上げていたご飯が11時30分にはなくなる程の大盛況~
開店時間が午前11時ですから
このチャーハンを待っていた方々がいかに多かったかがよく分かります。



















「ご飯炊き上がるのを待っていてもらえますか?」
「もう1食くらいは大丈夫かな?」
そんな会話が厨房とお店を行き来します。

朝仕入れたばかりの生の毛がにを茹で、
その身をむき身にして使うこだわりの逸品~!

「忙しいですね~」奥さんに声を掛けると
「そうなの~今日はお土産も多いので大変」と苦笑い。
うれしい悲鳴も、今日はいつにも増して大きいのかな? と思いました。

「今日は新記録更新かな?」
厨房から聞こえる会話も、
リズミカルで・・・ダンシングで楽しそうです。

人気の「キムチ」を買い求めるお客さんにも、
今日の奥さんは「ごめんなさい、売り切れです」と平謝り。















お店を出る時に、
お昼ご飯に間に合うかな? と心配したりしながら、ごちそうさまをしてきました。

毛がにの風味がとても生きているおいしいチャーハンには、
スープと自家製の漬物が付いています。

素朴な盛り付けですが、
この飾らなさがとてもいい感じです。

帰り際に、奥さんがこっそり教えてくれました。
Kaiiの大好きな、マンボーの「いちごババロア」が、今年は無理メニューになりそうだと。

山盛りの苺の乗った「マンボーのいちごババロア食べたいな~」
気仙沼では、こんな無理を言うことを「むちゃかだり」と言います・・・
が、おいしいから食べたいし、多くの方にも食べていただきたいと思うのでした。

(平成24年2月9日)