header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2012年2月20日月曜日

2012年2月20日月曜日23:00
■「カフェ・デ・モンク」の誕生。

私たちはどのように災害や被災者に向き合ったらいいのか。人間の悲しい現実を、やっぱりあの宇宙的な視線、高いところから見た視点というものを宗教家は持っていないとダメなんだ。そういうものを常に見つめている人たちなんだ、宗教家は

すべては偶然のような必然としてつながり合って、諦應和尚は炊き出しの活動の後にすぐに思いついたという。「移動傾聴喫茶をやろう!」と。やるんだったら徹底的にやろう、ホッとする異次元空間をつくろう、ということで、道具一式を揃え、軽トラックに積み込んで、被災地を巡る旅がはじまった。カフェはオープンテラス式。コーヒー豆はキーコーヒーからの提供。ケーキもつけて、すべて無料。カフェでお坊さんたち(モンク)がみなさんの文句を聴きましょう。テーマ曲として、セロニアス・モンクを流しながら(笑)・・・諦應和尚は童心に還ったようにうれしそうに「カフェ・デ・モンク」誕生の経緯を話してくれました。いやはや、なんとこのちょい悪オヤジたちのセンスのいいことか。遊び心のあることか。そして、懐の深いことか。

秘密基地におけるちょい悪オヤジ?
瓦礫を利用して作った看板には、こう書かれています。

「“Café de Monk”はお坊さんが運営する喫茶店です。
Monkは英語でお坊さんのこと。
もとの平穏な日常に戻るには長い時間がかかると思います。
「文句」のひとつも言いながら、ちょっとひと息つきませんか?
お坊さんもあなたの「文句」を聴きながら、一緒に「悶苦」します。」

ここではつらいことも忘れて、笑顔がこぼれる。
こうしてはじまった傾聴活動は南は南相馬から北は岩手の山田町まで670回に及ぶという。比較的落ちついた避難所から、全体の微妙な空気を読み取りながらのデリケートな活動なのです。

「笑顔でおいしそうにケーキを食べていたおばあちゃんに呼ばれてね。“和尚さん、お経を上げてくれねぇべか”って。さっそくおばあちゃんの家に行ったら家のカタチがかろうじて残っていた。泥で汚れた仏壇に白い骨壺と白い遺灰。津波に飲み込まれて息子が死んだと。お経を上げてあげた。傍らに孫娘の手紙があってね。お父さんの誕生日が、彼女の小学校の卒業式だったんだって。『310日におはようってあいさつしたのが最期だったね。お父さんにありがとうって言いたかったよ。おとうさんいまどこにいるの?いたらなんか合図して・・・』振り返るとおばあちゃんがハンカチで目頭を押さえてね。泣かれて泣かれて・・・一緒に泣くしかなかった」

沿岸部での傾聴活動を終えて築館に帰る時に、毎回、方角的に夕陽に向かって車を走らせていると、しぜんに涙が流れるという。帰宅すると、どっと疲れが出るという。
「慈悲」という字には、「慈しみ」と共に「悲しみ」が含まれているが、諦應和尚の活動はそれを体現しているからなのでしょう。

■幽霊が出た。どうか成仏しますように・・・

「カフェ・デ・モンク」では法話などは一切行わなかったが、9月ぐらいから幽霊が出るので何か話してほしいと懇願されたという。

「幽霊が出るのは当たり前だと思うよ。これだけの人がなにがなんだかわからないうちに死んでいる。すごい想いを残していると思うよ。おそらくこの23年は出るでしょう。そこには2つの要素がある。1つは、亡くなった人がこの世にすごく未練を残している。お別れの余裕もなかった。自分たちが死んでいることもわからない。それはしょうがない。もう1つは、残された人たちもお別れができなかった。相思相愛さ。
出たとしても、怖いものではない。突然出たらビックリするけど、よくよく考えてみてください。その出ている人たちは、普段みなさんが道ですれ違ったり、レジでお勘定をしてくれたり、ガソリンを入れてくれるお兄ちゃんだったり、そのような人なんですよ。
ひと息ついて、その人たちに話しかけてください。“あなたたちは未練を残すのは当然だ。この世界は私たちがキチッとやりますから、どうぞあちらの世界に逝ってください”そう思えるようになったときに、おそらく出てこなくなる。そういう語りかけをどんどんしてください、と。和尚さんがお経を唱えている間に、手を合わせてそう祈ってください。そういったときに、おそらくすうーっといなくなるんだろうな、と。それには長い時間がかかると思う。焦らないで。それでも出てくるようなら、お坊さんの出番だから、20人でも30人でも引き連れて来て、お経を読みまくるよ、と。やることは1つ。あなたたちの中に前を向いて進める勇気と決意が生まれること

お話をお聞きしながら、沿岸部に起きている幾層もの次元に驚くと共に、亡くなられた人たちの魂が1人残らず成仏するように祈るばかりでした。
諦應和尚がおっしゃるには、言葉による法話と、体全体から語りかける法話があるという。後者の方が強い。たとえば、支援金を活用したお数珠を渡すときにも、ただ渡すのではなく、相手の望みを叶えるように語りかけ、手を握りしめて渡してゆく。2000個ぐらい渡したという。それがなくなったので、次はどうしようか?ということで、手のひら地蔵を陶器でつくるプロジェクトが進行中。
みんなが心が安らぐことならなんでもしてきたという。クリスマスパーティーも結婚式場を借り切って開催して、お坊さんたちがサンタになった(笑)「動く宗教のコンビニ」と自称している(笑)臨床宗教家としては相手の価値観に立たないとダメだという。昨年は宮城と福島、岩手のFMでラジオ番組「Cafe de Monk」も毎週放送。各界の著名人がゲストとして登場して、共生のメッセージをお届けしました。

さらに話題は、原発や人間の意識などに及び、「私とあなたではなく、私=あなただ。We are always you.」と言うので、「おー、ボブ・マーリーだね」と返すと、おもむろにギターを取り出し、演奏しはじめた。ヘアー付き帽子をかぶって(笑)う、うまいではないの!!ブルース調のカッコイイ演奏が部屋中に響き渡った。プロ級の腕前!うーむ、さすが高校の二年先輩。気がついたら、深夜11時をまわっていた。

素晴らしい独奏!ジョン・レノン降臨?

諦應和尚の胸にいまでも響いている言葉・・・

「和尚さんだぢ、また来てけんでがっぺ・・・おら寂しいっちゃ」

「和尚さんのおがげで、おら救われだ」

そっと寄り添う「カフェ・デ・モンク」の旅はまだまだ続きます。

お坊さんやお医者さん、スタッフの仲間たちと。

奥様、何度もお茶を入れていただいて、ありがとうございました。

帰りの車中、ひるがえって自らをかんがみるに、震災におけるクリエイターのポジションとはなんぞや?メディアなどを使って何かをつくり、表現し、コミュニケートする者にとっての立ち位置とは?・・・あ、すでにこのワークがそうじゃん。ホッと胸をなで下ろした龍庵でありました。
大いなる宇宙、グレートサムシングにリスペクトして、お任せすることを、仏教では「南無阿弥陀仏」と言い、神道では「かんながら」と言う。
雪が舞ういまここに、しみじみとコーヒーを飲みながら、ジャズを聴きながら・・・

     合掌
龍庵拝
曹洞宗 通大寺
〒987-2252 宮城県栗原市築館薬師3-6-8
TEL  0228-22-2656   FAX  0226-22-6855

「東日本大震災 追悼と復興への集い」~灯に祈りと願いを込めて~
・やなせなな(ヴォーカリスト)コンサート
・萬燈会(追悼法要)
場所: 通大寺
日時: 平成24年3月4日(日)13:30~受付  14:30開会
入場無料