header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2012年1月23日月曜日

2012年1月23日月曜日14:32

松島海岸沿いを通り過ぎ、
東松島に程近い磯島地区にやってまいりました。
こんにちは、ささかまくんです。
海産物などを取り扱う、杉原功商店さんにお伺いいたしました。





利府松島商工会の青年部の部長さんであり、漁業組合でも活動されている、
店主の杉原崇さんにお話をお聞きいたしました。

「連休に合わせて再オープンしました。お店は防波堤のおかげで、浸水はありませんでした。
震災後、50センチメートルほど地盤沈下がありました。
多くの船が流されて、中には名取市閖上で見つかった船もありました。
9月の台風でも、お店に浸水がありました。
商工会で、『前進松島』の文字の揮毫を瑞巌寺の吉田道彦住職に依頼して、ポスターを作成いたしました。
こちらは復興のシンボルとなっています。
他に町の清掃や瓦礫処理、そして9月にワクワクカップリングパーティーを
復興のイベントをかねて開催いたしました。
現在、商工会は、利府町と協力しており、復興市なども行っています」




11月には漁業組合さんなどによる恒例の松島大漁かきまつりin磯島が行われ、いつもよりもたくさんのお客さんで賑わったとのことです。
また、12月より東松島東名地区でも牡蠣の生産が再開されているとのことです。

「知り合いのベガルタ仙台の平瀬選手に話す機会があり、
7月と11月に東松島市の少年たちも呼んで、サッカー教室を開きました。
レディースのサッカー試合が利府、松島で行われました。レディースに松島の出身者もいる
ということもあり、レディースの教室も行う予定があるとのことです。
サッカー教室では、子供たちは楽しそうに、元気に走りまわっていました」
と語る杉原さん。地元松島を愛する気持ちが、伝わってきます。




「アナゴも例年どおり収穫があり、ハゼはいつもより大きなものが獲れました。
牡蠣も大ぶりのものとなっております。
松島に是非いらして、牡蠣やアナゴなどを食べにいらしてください。
みなさん、よろしくお願いいたします」
お店には浜焼きコーナーがあり、松島湾の潮の香りを感じながらその場で
焼きホタテ貝、焼き牡蠣などを食べられます。



被災地みんなで、そして日本中で助け合っていきたいですね。
松島の牡蠣をよろしくお願いいたします。

杉原功商店さんのHPはhttp://sugihara.ftw.jp/です。
よろしくお願いいたします。


(平成24123日)