header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2012年1月1日日曜日

2012年1月1日日曜日0:01
新年を迎え、
貴重な時間を削って取材にお付き合いいただいた皆さまに御礼申し上げます。
new-Tです。

聞かれたくないこともあったでしょうし、もっと喋りたかったのに切られてしまったという方もいることでしょう。

すいません、こちらも手探りで進めた取材です。
今年はもう少し取材される方の身になってやっていきたいと思っています。

皆さん饒舌でした。
わたしも震災後のある時期、人と話すと、とめどもなく言葉が出てきたことを思い出します。
あの日のこと、それからのことを話すことによって心が幾分軽くなるのなら、この取材でお話を聞くというのも捨てたものじゃないかもしれません。

心の奥底の傷はなかなか癒えないかもしれませんが、東北に宮城に住む全ての人は同じ傷を負ったのではないでしょうか。
同じ傷を負った者が繋がれば快復する時間が短くなるかもしれない。
同じ傷を負った者が手を繋げば、復興への大きな力になるはずだ。

自動車や電気製品や家などの文明の財産はすぐ戻ります。
しかし、心、文化、コミュニティが戻るには時間がかかります。
二度と戻らないこともあるでしょう。

それは人間の死と同じです。
でも、わたしたちは今後も生きるし、生かされる。
生きるということは心があるということです。

心ある人間が存在すれば、自ずと文化は蘇り、新たなコミュニティも生まれる。
楽観でしょうか?
いいえ、必ずそうなるはずです。

わたしは『ココロプレス』で、心の復興を遂げようと一所懸命な方々を今年も紹介していきます。
今年もよろしくお願いします。

飼い猫のゴビからもよろしくです。ゴビをその目で見たお客さんは一人、二人しかいません。天然記念物級の人見知り猫です