header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2012年1月9日月曜日

2012年1月9日月曜日9:57
寒い日は、海の青さがきれい。













岩に立つ波しぶきや

波に浮き沈みする岩を見ていると

東山魁夷画伯の日本画の世界観を感じられます。
















この海を見つめて書いたのではないと思いながら・・・

ついつい この海に

奈良県の唐招提寺の障壁画の、佛教観を

自分の心の中に写してみたりします。

海のに立つ波は、

「無」

見えているようで見えない

起こっているけど起こっていない

そんな世界感の中にいると

人間である自分の未熟さや至らなさを思うことができます。

そんな思いもあり

地震や津波、海難事故で亡くなった方の冥福を祈り、

また気仙沼の海の恵み

おいしいものをいただけることをお願いしたいと思い

早馬山山頂から気仙沼唐桑大島の海を眺めてきました。



気仙沼の海の周りは豊かな森に囲まれています。

この森から多くの栄養を含んだ水が海に流れこみ海の水に栄養を与えます。

この水の運んだ栄養で「牡蠣」「ほたて」「あわび」「わかめ」「こんぶ」などの

海のめぐみが育ちます。

ケイ酸塩・リン酸塩・硝酸塩・亜硝酸塩等の栄養塩類が森から海に流れ込み、

植物プランクトンや海藻の栄養となります。


「牡蠣の森」「森は海の恋人」

この言葉の意味をこの風景の中に見て来ました。





(平成24年1月9日)